考え方・自己啓発・着眼点

【座右の書】シンクロ体質! 読むだけで見えない世界とつながる本

・私のシンクロ体質に磨きがかかった良書 オカルトやスピリチュアル。 好みがわかれるんじゃないでしょうか。 好きな人は大好き。 嫌いな人は大嫌い。 その手のジャンルはどうしてもありますよね。 私に関しては好きな方です。 といっても、バランスになりま…

【書評】齋藤孝さんの読書術 読書する人だけがたどり着ける場所

・齋藤孝さんの著書は意外にも初の書評 齋藤孝さん。 超有名だと思います。 累計で著作が1000万部超えている。 10万部超えのベストセラーも著書に多くあります。 私も読書を開始した時期。 著作が多いので齋藤孝さんが気になりました。 そこから何冊か読ませ…

【新刊】物事を楽観的に見るコツ 佐々木常夫の人生は理不尽

・理不尽との向き合い方がわかる書籍 私がよく言われること。 普通だったら心が折れる。 それは立ち直れないと思う。 そんなことを言われることがあります。 そういう意味でいうと理不尽に関して。 元からある程度の耐性がある方だと思います。 と言っても私…

【新刊】情報収集力は必読 須田仁之の捨てる、手を抜く、考えない

・5章の情報収集力を高めるスキマ時間活用法が特に大好き 孫社長に怒られて学んだ。 ラクして速い仕事術53。 私はIT系の人に関して。 名前は存じている人は多いです。 ただ、著者の須田仁之さん。 私は本書で初めて知った印象です。 といっても、こちらのお…

【新刊】ひろゆき流すぐ試せるメンタル術 自分は自分、バカはバカ

・元2ちゃんねる管理人で有名なひろゆきさん出版ラッシュだけどどうしたの!? ひろゆき(西村博之)さん。 ここ最近は新刊ラッシュで驚きます。 あんまり著書は出版されない人。 それがここ1年でかなりの数の著作を出しています。 この部分はどういうことなん…

【書評】様々なメソッド お金と時間の悩みが消える最高の時短

・本書が人気なのも頷ける内容 私はAmazonのカスタマーレビュー。 満点が☆5のアレです。 基本的には参考にしていません。 基本的にと書いているのには理由があります。 前にも書いたんですけど、スマホの電池パック購入しようとしました。 私の電池パックが☆…

【新刊】お金、人脈、学歴なしでも 堀江貴文の情報だけ武器にしろ

・今の時代は「情報」は平等に与えられている 今回の堀江貴文さんの新刊。 私にとっては「復習」の意味合いが強かったです。 堀江貴文さんも本書で書いています。 情報収集に関しては昔から言っている。 まさしくその通りで「これってあの本に書いてあった」…

【書評】体験談だからこそ説得力ある 「7つの習慣」と「一風堂」

・一風堂の創業者である河原成美さんの書籍 一風堂ご存知でしょうか? これだけだとです。 どの「一風堂?」と思う人もいるかもしれません。 「ラーメン」の一風堂です。 私が一風堂を知ったのはラーメンではございません。 「もやしナムル」です。 一風堂の…

こんな生き方もあったんだ! 青木真也の空気を読んではいけない

・青木真也さんの考え方を注入 幻冬舎の書籍。 箕輪厚介さんが編集。 約2年半前に出版された本。 だいぶ前に発売されたのなんて関係ない。 そんなのお構いなしに読ませていただきました。 新刊ではないですけど、熱い気持ちと凄まじい熱量。 それに青木真也…

【新刊】制御できるところは制御できる 勝間式超コントロール思考

・勝間和代さんの新刊を書評 私が勝間和代さんを初めて知ったとき。 恐らくはてなブックマーク。 はてブユーザーだった頃です。 当時いつも人気エントリーに入ってきてたんですよ。 当時と言いますか今も人気だとは思います。 そこで勝間和代さんという人が…

【新刊】ひろゆきさん節 これからを生きるための無敵――お金の話

・つまりベーシックインカム導入しよう 本書を読んだ結論。 ひろゆきさんがベーシックインカム導入。 読んだ人にごり押し感を与えるくらい説得する内容です。 ベーシックインカムを導入したら○○で良くなりますよ。 ベーシックインカムを導入すればそれも解決…

【新刊】新たな視点を学ぶ 堀宏史のアイデアは捨てるとうまくいく

・閃きの視点を学べる新刊 閃き方。 アイデアの出し方。 人それぞれの方法。 出し方があると思います。 コツがあったとしてもコツもそれぞれかもしれません。 私の場合は絞り出す。 かなり前に紹介した「ブレインダンプ」的な方法。 とにかく紙に書きなぐり…

【新刊】できる人の読書術 私が1年間に279冊を書評した秘密

・人それぞれの読書術を知るの大好き 本の読み方。 人それぞれ個性がある。 視点や着眼点がある。 そのことを知るの大好きです。 これは私自身もそうだと思います。 私は私なりに読んで書評しています。 あなたはあなたなりの書評しています。 正解とか不正…

【新刊】思考を鍛える視点 1日3時間だけ働いて暮らすための思考法

・思考力不足を補える新刊 アウトプットが大切とよく言われます。 私も実際に最近はTwitterで発信します。 そうすると頭をフル回転させます。 自分の頭で考える習慣がつくんですよね。 本を読んだら「知識」としては身につきます。 その知識を「思考」するこ…

【新刊】PDCAはCから始める 結果を出す人は「修正力」がすごい

・現実的でコストパフォーマンスの高い方法 PDCAはCから始める。 Cはチェックです。 Check(評価・検証)になります。 本書を読んで肝に銘じました。 私はCについてがまだまだということ。 過去には振り返りの本を紹介しています。 それに振り返ることの重要性…

【新刊】相手も自分も両方大切 誰からも好かれるさりげない気遣い

・「さりげない」視点がとても参考になる 人生の中で「ありがた迷惑」を感じたことがある人。 それに自分がやってしまったと後悔してしまった人。 どちらの立場も経験している人は多いと思います。 それくらい「気遣い」は難しいと思います。 気遣いと思うこ…

【新刊】みんなが個人事業主の時代 三條慶八の社長のお金の基本

・人類みな総クリエイター時代 みんなが個人事業主の時代。 この事は本書に書いてありません。 私の『視点』として書かせていただきました。 そしてもう1つの視点。 人類みな総クリエイター時代。 こちらは誰かが言っていました。 ニュアンスの違いは多少あ…

【新刊】物事は本人の考え方次第 千田琢哉の「無敵」のメンタル

・どう捉えるかは自分次第という話 捉え方は人次第。 逆の言い方をするとです。 『私はそんな風に言ったつもりは無い…』 SNSやブログなどなどを利用している人。 1度は経験したことあるかもしれません。 だからこそです。 無敵のメンタルって必要だと思いま…

【新刊】同感と共感は違う 1分で信頼を引き寄せる魔法の聞き方

・聞き方の本でありながら他人に対しての多様性を学べる良書 「聞く」という行為は簡単ではございません。 えっ、相手の話を聞けばいいんでしょ? 私にだってそんなのできるという人。 いやいや、考え直してみてください。 聞き方1つで相手の反応はまったく…

【新刊】ブログ書け! パムグラウトのこうして夢は現実になる

・文章や動画などネットでクリエイティブな活動してる人は特に勇気もらえます 今日の書評はパム・グラウトの新刊です 皆様は「パム・グラウト」をご存知ですか。 サンマーク出版から出版されている書籍。 「こうして、思考は現実になる」が有名。 こちらは1…

【新刊】書評すると深まる 堀江貴文の僕たちはもう働かなくていい

・私の書評は『私なりの書評』です 人間というのは知っている世界しか見ていません。 知らなければ知らないまま世界が進んでいきます。 「知っていることだけしか知らない」 「何でもは知らない。知っていることだけ」 つまり、知識を詰め込むことが大事です…

【新刊】恩返しではなく恩送り 半径3メートル以内を幸せにする

・感謝の気持ちが込み上げる素敵な書籍 今が不幸だから不幸な話ばかりしてしまう。 私はそうではないと感じています。 自分の視点が不幸にロックオンしている。 私から見たら幸せと思える人も不幸と思っている。 自分が不幸すぎるなんて思っていそうな気がし…

【新刊】性格ってなんだろう? 苫米地英人の「性格」のカラクリ

・久しぶりの苫米地英人さんの書籍 今日の書評は苫米地英人さんの新刊。 私は一時期かなりの数の書籍。 苫米地英人さんに関しては読んでいました。 それこそ10冊どころでは全然足りないくらい。 下手したら30冊以上は読んでいるんじゃないでしょうか。 これ…

時すでにお寿司になる前に 佐藤正幸の奇跡は自分で起こせ!

・新潟の山の麓の高級寿司店にお客が殺到する理由とは 時すでに遅しという言葉があります。 それをネタ的に言った「時すでにお寿司」が大好きです。 これは定番コピペネタとしてネットにあるネタ。 スーパーで購入した寿司が賞味期限切れだった。 「時すでに…

一流店長の視点は参考になる 岡本文宏の店長の一流、二流、三流

・お客様の立場でも参考になる 私の最近の書評。 自己啓発系はお腹いっぱい。 「視点」や「着眼点」を重視した書評を多くしています。 新刊などはその限りではございません。 ただ、いろんな視点を入れることで多様性。 考え方の幅が出るので良いと思うんで…

魔法かける側の視点 落合陽一のこれからの世界をつくる仲間たちへ

・中高生、大学生(とその親世代)向けだけど 先日、落合陽一さんの新刊。 0才から100才まで学び続けなくてはならない時代を生きる 学ぶ人と育てる人のための教科書 こちらの書籍を書評しました。 そのときにいつもの落合陽一さんの書籍より「平易な文章」と書…

10年後に読み返したい 岡田斗司夫のユーチューバーが消滅する未来

・10年後と言わず5年後でも読み返したい本 今回の書籍は少し未来予測が入っています。 私もそうなるんだろうなと思った視点。 この視点は無かったと思える視点。 岡田斗司夫さんの視点はとてもタメになりました。 ブログ記事タイトル名は「ユーチューバーが…

【新刊】私はまだまだ迷い中 仕事ができる人のしないことリスト

・することしないことのボーダーライン これは私の失敗談。 ある意味では失敗談と言って良いと思います。 「しないことリスト」の有用性。 しないことを決めておくのは大切です。 大切なのは理解しているんですよ。 だからこそ迷うんですよね。 何を迷うかと…

【新刊】段取り力UP!! 仕事の速い人が絶対やらない段取りの仕方

・作業前の段取り大切 考える前に動き出せ。 アウトプットが大切。 昨今よく言われる二大フレーズ。 そのように言って良いと思います。 私もその通りだと思いますし否定では無いです。 実際、考えるよりも感じろ。 考えるよりもさっさと動いた方が良い場合は…

【新刊】個人で始める働き方改革 越川慎司の働きアリからの脱出

・色んな考え方を聞き入れる 会社勤めをしている人は会社の今後。 それに将来的な年金問題。 数十年後を考えたらそのままで良い。 そんなことは無いと思います。 年功序列制度も崩壊しています。 企業寿命も短くなっている昨今です。 本書の「働きアリ」とい…