【新刊】ブログ運営やSNSに役立つ 今すぐ自分を売り出す1行つくれ

・ブログに役立つブログ運営本

f:id:acutehappp:20190420162730j:plain

 

今年から新規で開始したカテゴリー。

「ブログ運営本」になります。

このブログ運営本についてです。

私が独断で選んでいるだけです。

だから実際はブログについてじゃない場合があります。

私があくまでブログに役立つと実感した本をチョイスしています。

 

本書はブログ運営本にしました。

しかしながら、「セルフブランディング」です。

あなたは何者ですか?

あなたはどんな人ですか?

そう聞かれたときに1行で説明できるか。

自分を売り出す1行の重要性がわかる書籍です。

 

SNSならプロフィール。

ビジネスなら名刺などに書けるキャッチコピーです。

私に関しては1行ならこれが鉄板だと思います。

まだ達成はしてませんけど、達成したらわかりやすいということです。

 

※ブログ継続日数2000日達成のAMUMAです※

 

自分を売り出すにはわかりやすいと思います。

現に今年になってからです。

ブログ継続日数1900日超えた辺りからの反応はすごい。

私に対してのお言葉いただく機会が増えました。

ただし、本書を読んでみて考えが少し変わりました。

 

自分を売り出す1行ってもっと考えることができる。

相手目線に立って伝えられることがある。

本書は簡単な「ワーク」もついています。

本書を読みながら取り組めば自分を売り出す1行。

あなたのSNSやブログのプロフィールにさらに磨きが掛かるかと思います。

 

今すぐ自分を売り出す1行を作れ

 

書名:今すぐ自分を売り出す1行を作れ

著者:さわらぎ寛子

出版社:大和書房

出版年:2019年2月21日

ページ数:208ページ

 

SNSをやっている人。

ブログ運営している人。

ほとんどの人が見るだけじゃなく自分もやっていると思います。

少しでも有名になりたい人。

少しでも目立ちたい人も多いと思います。

 

その時に「自分を売り出す1行」があると武器になると思います。

「私にそんな売り出す言葉があるのかな?」

そのように疑問を持つ人もいるかもしれません。

ここは安心していただいて大丈夫です。

 

なぜなら、何もない状態からのレクチャーも書かれています。

むしろ、今から有名になりたい人は読んだ方が良いと思います。

その売り出す1行はあなたの向かう道筋になっていくからです。

それではここからはリアルに限らずSNSやブログに役立つ新刊を紹介します。

 

・すぐ「自分を売り出す1行」を作れる実践的な本

 

(P.3) この本は、特別な才能やスキルなんてなくても、誰もが「自分の名前」で生きていくために、「自分を売り出す1行」を作ろうという実践的な本です。今ある会社や仕事が5年後、10年後もあるとは限らない時代に、「このまま今の会社にいていいのだろうか」「やりたいことを仕事にしたいけど、どうすればいいんだろう」「本当は何をやりたいのかわからない」と多くの人が不安を抱えて生きているように見えます。この大きな変化の中で求められるのは、「自分が何者か。誰にどんな価値を提供できるのか」を「自分の言葉で」伝える力です。「自分を売り出す1行」は、自分のキャッチコピーのようなものです。たとえば、あなたは初めて会った人に、どんな風に自分のことを話しますか?

 

【目次】
はじめに
Prologue:「自分を売り出す1行」を作る前に
Step1:「誰かの役に立ったこと」を棚卸しする
Step2:「どんな人の役に立ちたいか」を決める
Step3:「自分の資源の一覧表」を作る
Step4:「相手にとってどういいか」に変換する
Step5:「自分のコンセプト」を決める
Step6:思考を広げるための「5つの質問」をする
Step7:「自分を売り出すキャッチコピー」を作ろう
Epilogue:「自分を創り出す1行」が完成したら
おわりに
巻末付録:「自分を売り出す1行」ワークシート

 

本書の目次と概要です。

終身雇用も終わりを迎えつつある時代。

会社の肩書ではなく自分自身のキャッチコピー。

自分を売り出す1行がある人は強いと思います。

本書のワークはわかりやすくとても使いやすい。

 

むしろ、自己紹介にそのまま使える。

本書のワークでQ&Aしてあなたの自己紹介ができると思います。

自分を知っているのは強みになります。

それに向かう方向も軸足が整うと思います。

自分を売り出す1行というのは見てくださる人に向けてだけではありません。

自分自身にも響いてくる言葉になると本書を読んでみて思いました。

 

(P.32) 「自分を売り出す1行」は、自分を引っぱる原動力にもなります。多くの人は、自分について突き詰めて考えることなしに、何かをプラスすることに走りがちです。それでは上手くいきません。大丈夫。今、自分には何もないと思っている人も、やりたいことが多すぎてまとまらないという人も、同業者と比べて自分に自信がない人も、年齢や環境がネックで踏み出せない人も、あなたを売り出す1行を作るワークをしていく中で、他の誰でもない「自分としての生き方」を肯定できるようになります。「自分を売り出す1行」が、あなたの人生を大きく変えることだってあるのです。

 

ブログ運営本カテゴリー。

私のブログ運営論。ブログへの接し方や考え方という部分。

それプラスで『みんな一緒に学びましょう』という気持ちが強いです。

ゼロからブログを学んでいこうという意識。

2019年はその意識を持っているので新規カテゴリーとして作りました。

 

多くの人は自分について突き詰めて考えていない。

何かをプラスすることに走りがちという部分。

私は著者のさわらぎ寛子さんが仰ること。

ごもっともだと思います。私自身もやりがちです。

しかしながら本書を読んでみると大丈夫。

実践的な本という通りでワークがとても取り組みやすいです。

 

(P.37) どんなにクオリティが高くても、喜んでくれる人がいなければ意味がない。「自分はコレができる!」「こんなことが得意だ!」と叫んだところで、相手が喜ぶことでなければそこに価値は生まれないのです。「価値を見つける」というと、自分の中を探しがちですが、自分で把握できている個性や強みから発想するのではなく、他者との関係性の中で捉える必要がある。だから、自分の強みがわからないという人はもちろん、「これが強みだ」と思っている人も、このワークは意味があるのです。

 

喜んでくれる人がいなければ意味がない。

逆に言えば喜んでくれる人は誰にでもいると思います。

よく言われるのが「完璧主義は捨てろ」です。

ブログなら完璧じゃなくてもあなただから読みたいという言う人もいるわけです。

たとえば、私が書評をやっているので書評を例にします。

 

論文みたいなしっかりした書評を読みたい。

文章内容も新聞にあるようなやつを読みたい。

そういう人にとっては私の書評は向いていません。

でも普段は本なんか読まない人。

堅苦しい言葉が並ぶと眠くなっちゃうという人。

そのような人には私の書評は需要があるわけです。

 

私はとにかく書くことが自分の強みだと思っています。

それはブログ継続日数だったり証明できる部分です。

書評数も去年1年間で279冊にもなりました。

そこで書くだけでなく反応を見つつ試行錯誤しています。

 

それが「喜んでくれる人がいなければ意味がない」です。

今年からブログ運営本を紹介するようになった理由。

1つは私のアウトプットと言う意味合いもあります。

もう1つが「喜んでくれる人はいるかな?」視点です。

仮にも5年以上ブログ運営してますしその視点も忘れないようにしています。

 

(P.59-60) まだ自分が何をやりたいか決まっていないのに「ターゲットなんて決められない」という人がいますが、逆です。まず決めるべきことは、「自分はどんな人の役に立ちたいか」「自分はどんな人を救いたいか」です。「救う」というのが大げさなら、「どんな人を助けたいか」と考えてください。「これからの人生で、誰の役に立ちたいか」を決めることがまず先です。どんな仕事をするか、どんな商品・サービスを売るか、何をテーマに起業するかなどは、「誰の役に立ちたいか」を決めた後で見えてくるのです。

 

初心者ブロガーさん。

SNS初心者さんなどなど。

この視点は素晴らしいと思いました。

私が冒頭に書いたことになります。

『ブログ継続日数2000日』という部分です。

誰の役に立ちたいかを決めるという箇所。

 

〆自分はどんな人の役に立ちたいか?

〆自分はどんな人を救いたいか?(どんな人を助けたいか?)

〆これからの人生で誰の役に立ちたいか?

 

ついつい、自分を売り込むキャッチコピー。

『ブログ継続日数2000日』は自分目線ですよね。

いろいろやっているとそちらに走りがちになります。

それが先ほど紹介した「何かをプラスすることに走りがち」です。

 

本書で言うと「自分を売り出す」1行。

これだったら今の実績がどうなのかは関係ありませんよね。

自分の指針が決まりますし方向性も定まります。

私も本書を読んでみて今一度立ち止まって考えてみます。

 

(P.83) 実際にやり遂げた成果や業績を数字で表していきましょう。売り上げやお客様の数、達成率や業界や社内でのシェア、前年度比での成長率、社内ランキングなど、自分がやったことを数字に落とし込んでいきます。数字にすると、説得力が増します。「たくさんのお客様を獲得して売上を上げた」ではなく、「年間何人なのか、トータルで何人なのか」というように数字にします。過去の自分の棚卸しなので、調べてみればわかることは、全て調べて書き入れてください。

 

実際にやり遂げた成果や業績を数字で表す。

今までは少し初心者さんに向けての記述が多かったです。

既に何かしらの成果がブログやSNSである人もいると思います。

もちろん、リアルビジネスに関してもそうです。

その時にしっかりやり遂げた成果や業績を数字で表す。

 

この事は私も大切だと思います。

だって書いておかないと気づかないです。

「自分が調べてみればわかることは全て調べて書き入れる」

ひと手間は掛かりますけど実践した方がいいかと思います。

私は総集編(まとめ)記事を書くときには必ず数えてます。

 

先ほど「去年(2018年)の1年間で279冊の書評」と書きました。

この279冊はブログ管理画面から私が数えて数字を出しました。

まさしく過去の自分の棚卸し作業です。

これを「めっちゃ沢山の中から1年間の書評まとめ」にしました。

 

めっちゃ沢山って人それぞれ様々。

30冊くらいかな?と思われてしまう可能性もあるわけです。

279冊以上と答える人の方が少ないかもしれません。

だからこそひと手間かけてでも数字は出した方が良い。

私のブログ運営は数字で出しておくというのを大切にしています。

 

(P.117) 今できることを書くのではなく「こうなりたい」という宣言で構いません。「自分を表す1行」は、相手に自分を知ってもらうという意味もありますが、もう一つは、「自分が進んでいく指針になる」という大きな意味もあるのです。「こうなりたい」という願望というよりも、「自分はこうなっていく」という宣言ですね。それを言葉にすることで、自分自身にぶれない軸が生まれますし、思考も行動も変わっていくはずです。漠然と「こんな風になりたいな~」と思っているだけでは、願いは叶いません。きちんと言語化し、それを人に宣言することで自分を変えていくしかないのです。

 

今できることを書くのではない。

こうなりたいという宣言で構わない。

ネットを見てると賛否両論の記述があると思います。

「ユーチューバー」や「インフルエンサー」という言葉。

特に定義があるわけでは無いので人それぞれ違うと思います。

 

この人ユーチューバーって言ってるけど再生数的にどうなの?

この人インフルエンサーって言ってるけど普通の人じゃない?

 

言葉の定義が曖昧だとどう感じられるかは人それぞれ違います。

人から見られたときに否定的に見られてしまうかもしれません。

でもよく考えてくださいよ。

それを名乗ることに資格がいることではありません。

つまり、目指している人なら先に名乗っちゃうのもアリってことです。

それが、「こうなりたいという宣言」じゃないでしょうか。

その視点で見ると名乗っている人を否定的に見れなくなりますよね。

この人は自分が進む指針に向かっているんだと見える。

宣言してる人を違う見方もできるんじゃないでしょうか。

 

【今すぐ自分を売り出す1行を作れ】

今すぐ自分を売り出す1行を作れ

今すぐ自分を売り出す1行を作れ

 

 

・まとめ

【新刊】ブログ運営やSNSに役立つ 今すぐ自分を売り出す1行つくれでした。

自分をアピールする。

ついつい自分の長所や実績をアピールしがちです。

その時に別角度からの視点を学べるのが本書です。

私も自分を売り出す1行を考える際にこの視点は大切にしたいと思いました。

【新刊】同感と共感は違う 1分で信頼を引き寄せる魔法の聞き方

・聞き方の本でありながら他人に対しての多様性を学べる良書

f:id:acutehappp:20190419165421j:plain

 

「聞く」という行為は簡単ではございません。

えっ、相手の話を聞けばいいんでしょ?

私にだってそんなのできるという人。

いやいや、考え直してみてください。

聞き方1つで相手の反応はまったく変わってしまいます。

 

これは自分が話す方になるとわかりやすいと思います。

この人は話しやすいという人。

この人と話すのは気が進まないという人。

人それぞれだからいるんじゃないでしょうか。

自分が話しやすい人は聞き上手でもある。

共通点の1つとして聞き上手が私はあると思います。

 

私はその昔チャットマスターでした。

深夜にチャット部屋を開いて話を聞いていました。

これは特に深い意味もなくいろんな人と話せるの楽しい。

暇つぶしと思っていただいて構いません。

その時によく言われたんですよ。

 

「話してると心が軽くなる」

「めちゃくちゃ話しやすいしモテるでしょ?」

「何でも食いついてくれるから話しやすい」

「レスポンス早すぎwww」

 

などなど。

私はここ1ヵ月でTwitterを見直しました。

Twitterをチャットみたいに使おうと意識改革中です。

せっかくチャットでそのような評価をもらっていたわけです?

だったら『チャット感覚で良いのでは?』と思っているのが最近なんですよね。

チャットでは好印象でしたけど、実態は非リア充の人間でありますw

 

この話は自慢とかじゃないですしここからが書評です。

私は当時まだ本を読んでいませんでした。

無意識にしていたことでもあります。

後から本を読んでみて「なるほど」と思えました。

つまり、私がやっていたことって誰にでも後からできることです。

後から身につけられる後天的なことであります。

少し聞き方を変えるだけで印象がガラッと変わるかもしれませんよ。

 

1分で信頼を引き寄せる「魔法の聞き方」

 

書名:1分で信頼を引き寄せる「魔法の聞き方」

著者:渡辺直樹

出版社:朝日新聞出版

出版年:2019年2月20日

ページ数:208ページ

 

人の話が聞ければ人生の80%はうまくいく。

聞き方の書籍や傾聴についての書籍。

山ほど出版されています。

私が本書を読んでいて良いと思った部分。

もちろん、聞き方についての技術も素晴らしい書籍。

それと同時に「他人に対しての価値観」を意識できる本です。

 

人それぞれの価値観だったり多様性の時代です。

人の価値観について「あーだこーだ」言いたくなるかもしれません。

そのときに本書の人それぞれの価値観の部分。

人を見るときの視点や着眼点としてもとても助けになります。

『自分自身の受けとめ方』が変わるんじゃないでしょうか。

どう受けとめるかは本人次第です。

受けとめ方の幅が広がる新刊になります。

 

このような書籍は「実生活」を意識して書かれていると思います。

実生活で対面で会って聞くが大前提。

しかしながら、今はネット社会です。

SNSを利用していない人を探すほうが難しいかもしれません。

リアルが忙しい人はリアルで普通に使える魔法の聞き方です。

でも、リアルじゃなくてSNSでも応用できるのが魔法の聞き方です。

それでは人間関係が良好になるであろう聞き方の良書を紹介します。

 

・読んだ次の日から実行できるスキルやテクニック満載

 

(P.17) 本書には、読んだ次の日からすぐに実行できるようなスキルやテクニックがたくさん紹介されていますが、ある程度の訓練を必要とする、かなり深い話も含まれています。本書を読み終えて、もし「それでも聞くことができない」となったとしても、気にすることはありません。本書でお伝えしたことを知ったうえで人の話を聞くのと、知らないで聞くのとでは、今後の人生においてきっと大きな違いにつながるはずです。

 

【目次】
序章:魔法の聞き方
第1章:相手の気持ちを受けとめる技術――「共感」ベースの聞き方
第2章:相手に「聞いている」と伝える技術――うなずき・相づち・繰り返し
第3章:ストレスフリーに聞く技術
第4章:「聞くことですべてうまくいく」魔法

 

本書の目次と概要です。

本書を読み終えた後の話。

スキルやテクニックがすぐ身につくかは人それぞれ。

ただし、人の話を聞くときの視点は変わります。

それが最初に多様性を学べると書いたことです。

聞き方の本ですけど、人それぞれの人それぞれの部分。

自分自身の受けとめ方が本当に変わると思いますよ。

私も参考になる視点が多くてとても学ぶことができました。

 

(P.37) 話し手と聞き手がともに楽になって、理解し合えるような聞き方です。聞き手は話し手に寄り添い、相手の感情や欲求、葛藤などを理解しようとし、「いま、ここ」で相手がどう感じているか、まわりの世界をどのように見ているかを、相手の見方で理解しようと努めます。そのために話し手の言葉、表情、言い方などにも注意を払い、相手が伝えようとしている「気持ち」を受けとめる聞き方なのです。話し手に何かを気づかせてやろう、わからせてやろう、喜ばせよう、いい気分にしてやろう、ある方へ誘導してやろうということではありません。ただひたすら相手を支え、気持ち的に寄り添い、相手をそのまま受けとめ、よき理解者になろうとすることです。その結果として、相手が何かに気づいたり、理解し合えることで喜びを感じ、よい気分になることはあるかもしれません。

 

友達同士だと意識的に聞くという行為。

少し蔑ろになる部分があって当然です。

友達に限らず家族や恋人だってそうかもしれません。

どうしても聞いたり話したりの緊張感って抜けますよね。

だからこそ聞くや話すを相手のことを意識的になって聞いてみる。

本書の魔法の聞き方を実践すると一目置かれるかもしれません。

 

(P.38) ストレスの多い現代社会では、誰といても心が満たされないと感じる人が大勢います。そんな人は事情をよく知らない相手からアドバイスされたり、意見を言われたり、間違いを指摘されるより、ただ誰かに一緒にいてもらいたい、話を聞いてもらうだけでいいと思うものです。心がいっぱいになっていて、もう何も受けつらけれない、涙であふれているようなときに、行動を変えなさいとか、考え方を変えなさいと言われても、そんなアドバイスを受け入れる余裕などありません。相手がこの共感ベースの聞き方ができる人だと、話し手は孤独が癒やされて安心できます。すぐそばにいてくれるような聞き方ができる相手なら、想いを吐き出してほっとしたり、自身への理解を深められたり、安心感が得られたりします。そんな関係になれてはじめて、お互いに信頼関係が築きやすくなるのです。

 

私がチャットで心が軽くなると言われた部分。

このような部分があったのかもしれません。

私はブログやTwitterに書いてある通り。

好奇心旺盛のタイプです。

つまり、知らないことを知るのが大好きな人間。

自分のことを話すよりも「それでそれで!」と前のめりになるタイプです。

 

当ブログはブログです。

ブログだから私の考え方を発信します。

Twitterもチャットのような使い方をしつつです。

ブログのショートバージョンで考え方をアウトプットしています。

それ以外に人と絡む機会って絶対にあると思うんですよ。

その時に聞き方をマスターしておくと居心地が良い人。

好印象を持たれるかもしれませんよ。

 

(P.42-43) 「同感」と「共感」がまったく別ものである以上、この2つは心の中で同居することができます。つまり、「同感しているが共感しない」という聞き方も、「同感しながら共感もする」聞き方も、「同感はしないけれど共感する」聞き方も、自由に選択できるのです。同感は自分本位の聞き方、共感は相手本位の聞き方です。同感して傾聴しないか、共感して傾聴するかは、どちらにしなければならないということはなく、そのときあなたが自由に決めてよいのです。これが、自分の感情を否定することなく、相手の話を聞く聞き方、つまり自分も相手も楽になる聞き方の基礎になる重要な部分です。

 

「同感」と「共感」はまったく別もの。

言葉としては似ているけど違うものです。

私は本書を読んでみて腑に落ちることでした。

皆様の頭の中の同感や共感はどうでしょうか?

 

同感は自分本位の聞き方。

共感は相手本位の聞き方。

共感は同感していなくても大丈夫ですよね。

逆に言うと同感してないときに「私は○○だと思う」と言いがち。

これだと共感はできていない聞き方になってしまいます。

聞き方の視点としてもいろいろあると感銘を受けました。

 

(P.46) 話の内容は、聞き手の意見とは関係なく、単に相手がそう思っているというだけのことなのです。相手が思っていることを否定する権利はこちらにはありませんし、その必要もない。こうした態度で相手の話を聞くのが「共感」で聞くということです。カウンセラーをしていると、相談者から避難されるような言葉をあびせられることが幾度となくあります。そのたびに、「自分はともかく、他人はそう思っている、そう見ている」と考えて、「そうですね」と相づちを打ち続けていると、あるときふっと、感情的になっていた相手の態度がやわらかくなる瞬間が訪れます。こちらの聞き方によって、相手が「聞いてもらえている、わかってもらえている」と気づくのです。こうしたことができるようになるのは、ここまでお話ししてきたように、相手と自分を完全に切り離して考えているからです。

 

話の内容は単に相手がそう思っているというだけ。

これはブログだってTwitterだって何でもそうです。

人それぞれの世界があるんだから当然ですよね。

頭ではわかっていてもそのときに行動として示せるかは別。

だからこそ予め引用のような視点を持ち続けるの大切じゃないでしょうか。

ついつい、反論したり言い負かそうとする人もいるかもしれません。

自分の考え方を否定されたらムカっとしてしまいますよね…。

そのときに「そうですね!」と相づちを打てる人は一歩上です。

 

(P.48) 常識は、ある年齢になるまでに身につけたいくつもの偏見の集大成であり、私たちはいつもそれが正しいことだと信じています。だからこそ、常識が違う相手の話や意見に違和感をおぼえ、反発をおぼえます。このとき、人は相手の話を聞けず、ケンカになるのです。「聞き方」を学ぶと、早い人ならその日のうちに、いつも口論になる相手とケンカにならずに、相手の話も冷静に聞けるようになることが知られています。パートナーシップの世界的権威として知られる心理学者ジョン・グレイ博士から、相手の女性が怒っていたり、グチを言ってきたときに男性が女性にかけるべき適切な言葉というものを教えてもらいました。それは、「その話、もっと聞かせて」、という言葉です。以来、私はずっとそれを実践し続けてきて、そのおかげなのか女性とケンカになることはほとんどありませんでした。

 

私が本書を読んでいて1番好きな言葉。

「 常識はある年齢になるまでに身につけたいくつもの偏見の集大成である」

短い言葉の中にとても納得できる視点です。

相手をみるときの視点として大切な部分。

それに自分自身を戒めるときにも良いかもしれません。

 

それに後半部分の口論になる相手とケンカにならない方法です。

「その話、もっと聞かせて」っていいですよね。

なかなか知らなければ言える言葉じゃないと思います。

こちらは知っていたらすぐに使えるテクニックじゃないでしょうか。

私も沸点上昇しちゃった時が来たら使ってみたいと思いました。

 

【1分で信頼を引き寄せる「魔法の聞き方」】

1分で信頼を引き寄せる「魔法の聞き方」

1分で信頼を引き寄せる「魔法の聞き方」

 

 

・まとめ

【新刊】同感と共感は違う 1分で信頼を引き寄せる魔法の聞き方でした。

実生活で使えるテクニックが満載。

SNSでも有効活用できる話も書きました。

よく考えたら「LIVE配信」している人もいるかもしれません。

 

今はYouTubeライブやニコニコ生放送やSHOWROOMなどなど。

LIVE配信サービスも多い時代です。

LIVE配信だとコメントを読んだり拾う機会もあると思います。

そのときに魔法の聞き方を使いこなせたら差をつける事できるかもしれません。

本書の視点は「人それぞれの価値観」という部分を学ぶにも最高。

聞き方だけでなく広い心で相手を受けとめられる視点を学ぶこともできますよ。

【新刊】ブログ書け! パムグラウトのこうして夢は現実になる

・文章や動画などネットでクリエイティブな活動してる人は特に勇気もらえます

f:id:acutehappp:20190418144215j:plain

 

今日の書評はパム・グラウトの新刊です

皆様は「パム・グラウト」をご存知ですか。

サンマーク出版から出版されている書籍。

「こうして、思考は現実になる」が有名。

こちらは1巻と2巻とあります。

 

当ブログの書評。

『人生を思うように変える呼吸法』

こちらの書籍のみ書評しています。

「こうして、思考は現実になる」は何度も読んでます。

それなのに書評していないという事実があるんですよね…。

 

ちなみに面白いのです。

パム・グラウトの書籍は大体はサンマーク出版。

それに桜田直美さんが翻訳しています。

「感謝」で思考は現実になるという書籍も私は読んでいます。

実は当ブログで書評した1冊だけ少し違うんですよ。

 

書名:人生を思うように変える呼吸法

著者:パム・グラウト

訳者:小林玲子

出版社:宝島社

 

出版社が宝島社。

それに翻訳者が小林玲子さんです。

それが悪いってことじゃないですよ?

こちらの書籍もとても素晴らしい書籍。

当ブログの書評でも人気でした。

 

私が言いたいのはようやく鉄板の組み合わせ。

「桜田直美×サンマーク出版」の書籍。

パム・グラウトの本を書評できたということです。

本書はパム・グラウトさんの本ってことで読みたかった。

ほんと素敵な考え方を提示してくださる方ですし参考になりますよ。

 

こうして、夢は現実になる

 

書名:こうして、夢は現実になる

著者:パム・グラウト

訳者:桜田直美

出版社:サンマーク出版

出版年:2019年2月26日

ページ数:383ページ

 

本書は願望実現系の書籍。

こうすると夢が叶うよ系だと思いました。

しかしながら、少し毛色が違いました。

「帯の部分に書かれていること」が強いです。

 

〆小説を書きたい

〆絵を書きたい

〆映画を撮りたい

〆脚本を書きたい

 

クリエイティブ性の刺激をくれる書籍。

今の時代は国民全体がクリエイティブ。

大小問わず何かしらやっている人は多いと思います。

大小問わずというのは趣味でブログを書いている人。

これだって私はクリエイティブ活動に入れるという話です。

 

Twitterで有名なタグ。

ブログ書け的なタグがあります。

本書はまさしく作品を世に出そう。

先延ばしはやめて公開しましょうねという書籍です。

あなたの事を後押ししてくれる書籍になると思います。

それでは私の実体験も含めた私なりの書評です。

 

・創造性についての疑問や葛藤から生まれた本

 

(冒頭) これは、「創造性」についての疑問や葛藤から生まれた本だ。この本を書いたのは、創造性を高めてくれるような「大きな存在」とつながりたいという強い願いがきっかけだった。この「大きな存在」は、私にライターという仕事を授け、ライターの仕事に必要なスキルを与えてくれた。私はこの本に、時間を超えたメッセージがあると信じている。そして、あなたも同じことを思ってくれることを願っている。

 

【目次】
はじめに
この本の使い方

第1章:まずは、「できないかもしれない」の思い込みをふちこわす
第2章:次に、「大きな力」に助けてもらう
第3章:そろそろ、まわりからの「やめたほうがいい」を投げ捨てる
第4章:いよいよ、あなたの中の才能を引き出そう

おわりに:「創造する生き方」

 

本書の目次と概要です。

本書では「ミューズ」という言葉がよく出ます。

これは「薬用石鹸」では無いですよ。

それにラブライブ!の「μ's」でもございません。

芸術の女神ミューズのことを書かれています。

簡単に言うとクリエイティブな活動をしている人。

女神ミューズに愛されようって話。

その秘訣をパム・グラウトさんが書いているのが本書。

本書を読んで才能が開花する人もいそうと思えるくらい素敵な書籍です。

 

(P.31) 「そうは言っても、アイデアなんてすべて出尽くしてしまっている。今さら新しく創造するものなんてないんじゃないの?」 そんなことはない。だって、まだあなたの目から見た世界の姿を、教えてもらっていないのだから。たとえ同じ夕陽でも、見え方は人それぞれだ。まったく同じものを見ている人は誰もいない。私たちの誰もが、豊かな経験にあふれた人生を望んでいる。人生に積極的に参加したいと思っている。自分を囲む壁を壊し、贈り物を与え、そして受け取りたいと思っている。

 

私が運営当初から書いている視点。

それにTwitterなどでも何度も書いています。

引用の通りで私もそのように思うんですよ。

それくらいココは意識するといいです。

『あなたはあなたなりの視点』があります。

 

「○○さんとネタ被ったから書くのやめた」

「○○さんが先にブログ書いてたー(泣)」

 

このようなつぶやきを見掛ける機会があります。

それはそれで勿体ないんですよ。

その人はその人であなたはあなたです。

だから全くのネタ被りはございません。

それにあなたなりの視点があるから読んでみたい。

そのような読者さんもいると思います。

 

自分から見た世界と他人から見た世界は違います。

人それぞれの視点があるの当たり前だから億劫にならない。

書く気力が出たらまずは気にせず文字として打って公開しましょう。

書かなければどうなるかなんて誰にもわかりません。

ブログ書けというのはアレコレ考えずに書けと言えるかもしれません。

せっかくの自分のクリエイティビティを抑え込む必要ないですよ。

 

(P.49) たとえば私の場合、ある日の午前三時に、いきなり子供の本のアイデアが浮かんできた。子供の本なんて、自分では書こうと思ったこともないジャンルだ。メンバーのダニエルは、鮮やかな色彩の個性的な自画像を描き、絵の仕事がもらえるようになった。またボニーは、詩を書くことでつらい離婚を乗り越えた。ベスはドローイングを数年ぶりに再開した。だからあなたも、創造のプロジェクトをきちんと実行しなければならない。夢を見るのはかまわない。絵を描く自分、小説を書く自分、舞台を演出する自分を想像するのはすてきなことだ。それでも、実際にやると決めて実行しなければ、夢は夢のままで終わってしまうだろう。

 

日本には素晴らしい言葉があります。

「思い立ったが吉日」という言葉。

何か物事を始めようと思ったら日を選ばずにただちに着手するのが良い。

これは私の成功体験であり失敗体験でもあります。

失敗体験というのはまさしく形にしなかったということ。

もし、それをすぐに着手してたらどうなっていたかわかりません。

 

逆に言うと私はすぐに着手して大成功した経験があります。

当ブログのはてなブックマーク数が最高の記事。

800人以上の人からブクマいただいた記事になります。

そちらはまさしく思い立ったが吉日ですぐに書きました。

こちらの記事は考えすぎたら書けませんでした。

 

というのも「ウェブサービス」を紹介した記事です。

簡単に言うと「Gunosy(グノシー)」などを紹介した記事。

私が大好きで使用中のサービスを紹介しただけの記事です。

考えすぎたら「みんな知ってそう」とか。

「こんなの需要無いかな」とかネガティブな部分が出てきます。

だからこそ書いてよかった記事の筆頭がこちらです。

 

これブロガーさんあるあるかもしれません。

自分の自信の記事ほど反応が薄い。

何となく思いつきで書いた記事が大ヒット。

自分で把握してヒットを飛ばすような天才型の人。

よっぽどだと思うのでまずは世に出してみる。

ブログ書けなり絵を描けなり動画を公開しろだと思います。

 

(P.63) 自分の弱さをさらけ出そう。人の意見なんて気にしない。巨匠と呼ばれるような芸術家でも、失敗作はある。作家のアン・ラモットは、以前こんなことを言っていた。「作家は誰でも、歯を抜くような思いで書いています。どんな文章の名手でも、正しい言葉が次々と流れ出てくるわけではありません」 ラモットいわく、いい文章を書くコツは、とにかく何でもいいから書くことだ。彼女はこの段階を、「ゴミのような第一稿を書く」と呼んでいる。ゴミでもいいから第一稿を完成させれば、「そこからもっとましな文章が生まれてくるからです。それがわかれば、不完全な作品にも価値があるということが理解できるようになるでしょう」と彼女は言う。失敗作は生ゴミと同じだ。ただのゴミではなく、豊かな土地を作る肥料になる。

 

失敗作は生ゴミと同じ。

ただのゴミではなく『豊かな土地を作る肥料になる』と言う視点。

とても美しい言葉だと思いますし励みになります。

ただのゴミではなく『生ゴミ』という視点が大切です。

それにこちらの引用で納得する部分。

 

「いい文章を書くコツはとにかく何でもいいから書くこと」

まさしくの「ブログ書け!」になっちゃいます。

あくまで私がブロガーなのでブログ視点。

人それぞれ「クリエイティブ」な事をしていると思います。

だからブログを動画なら動画なりにして変換してくれると幸いです。

 

数撃ちゃ当たると聞くと言葉が悪い印象を持つ人もいるかもしれません。

別の角度で言うと打席に立たなければどうしようもありません。

スポーツ選手ならベンチの控えで監督の指示待ちかもしれません。

でもネットでクリエイティブ活動をしている人は自分次第でどうにでもなります。

場数を踏めるか踏めないかは自分次第という部分が大きいです。

 

最近の私はブログ継続日数をよく言われます。

ブログ継続日数が1935日目です。

しかしながら、もう1つの視点があります。

「ブログ記事投稿数2571記事目」という視点。

当ブログに公開されているのは『2571記事』というわけです。

 

毎日のブログ更新はそうです。

それプラスで私は打席をさらに増やしていました。

計算すれば『毎日以外に600記事』の積み重ねがある。

数字からもご理解いただけるんじゃないでしょうか。

とにもかくにも「まずは書いてみる」が大切です。

 

(P.70) ブログを書くのにお金はかからない。そしてセス・ゴーディンが言うには、最高の自分磨きの方法だ。ゴーディンは、1日に1つのブログ記事を書くことをすすめている。今週のプロジェクトにぴったりの課題だ。心配しなくても大丈夫。大論文を書くわけではない。ほんの数行の文章で十分だ。いくつかコツを教えよう。

1、どう書けばいいのか悩んだら、話すように書く。どう話せばいいのか悩むことなんてないでしょう?
2、身のまわりに気を配る。1週間、毎日ブログを書くとなると、まわりのおもしろいことや人生の美しさに気づくようになるだろう。
3、ただ書くために書く。ブログで儲けようとは思わないこと。
4、自分の好きなことをはっきりさせる。あなたは何に情熱を持っている?

 

こちらの視点は最高です。

本書は別に文章術で読んだつもりはありません。

でも「ブログ運営本」として紹介して良い視点が山盛りです。

もっとも、ブログ以外にクリエイティブ活動をしている人。

全般に当てはまるのでカテゴリーはそちらにしませんでした。

こちらの視点の4つはとても大切なことに気づかせてくれると思います。

 

(P.80) 大切なのは才能ではない。彼らがあんなにすばらしい文章を書けるのは、地道に書き続けてきたからだ。長い時間をかけて、訓練を重ねてきたからだ。彼らは何があってもあきらめなかった。他にやりたいことがあっても、とにかく書くことだけは毎日続けた。都合が悪いときも書き、気分が乗らなくても書き、自分にはひとかけらの才能もないと落ち込んでいるときも書いた。そうやって毎日「出席」することで、自分が本気であることをミューズに納得させたのだ。

 

私も才能はありません。

地道に書き続けることしか無いので書き続けています。

それを楽しんでくれる人がいるんだから感謝の想いしかございません。

どんな何時だろうと書き続けているのが当ブログです。

毎日の出席に関しては負けるつもりは無い。

女神ミューズさんをもっと納得させてさらに開花していきたい所存です。

 

【こうして、夢は現実になる】

こうして、夢は現実になる

こうして、夢は現実になる

  • 作者: パム・グラウト,桜田直美
  • 出版社/メーカー: サンマーク出版
  • 発売日: 2019/02/26
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

・まとめ

【新刊】ブログ書け! パムグラウトのこうして夢は現実になるでした。

ずっとやりたかったことを今すぐやる。

本書の別視点としては「先延ばしはやめよう」です。

ブログ書くのだって先延ばしをしている人は多いと思います。

でも、ブログ更新した未来はどうだったのか?

 

その1記事がバズってすごいことになってた可能性もあります。

これはブログに限らずイラストや動画だってそうです。

現に私が先延ばしをせず書いた記事がすごいことになった経験ありです。

だからこそクリエイティブな活動は勢いが大事。

先延ばしをせずにどんどん発信していきましょう。

【総集編】Twitterで好評の新社会人や新生活にオススメ書籍まとめ

・1日1冊をこの記事ですべてまとめました

f:id:acutehappp:20190417100619j:plain

 

今回の記事は書評ではございません。

書評の総集編。

私が今までした書評をまとめた記事です。

今回のテーマはブログタイトル名にある通り。

 

『新社会人や新生活に捧げるオススメ書籍』

 

実は4月始めから1日1冊ツイッターで紹介していました。

4月も下旬に差し掛かろうとしている時期。

そろそろ終了しようかと思っていました。

でもそのまま終わってしまうのも勿体ない。

そうだ! 1つの記事としてまとめておくのいいね。

 

ということでこの記事を書くことにしました。

毎日の投稿で実に『18冊』の紹介をしています。

これでも別にネタ切れしているわけでなくまだ紹介できます。

何と言っても去年1年間で279冊の書評しているわけです。

ただ、時期的なものもありますし次を考えたいと思いました。

 

当ブログだけ見てツイッターは見ていない人。

それに最近から私を知って見ている人もいると思います。

それよりも18冊というからには18日前があるわけです。

見ていても紹介した本を忘れている人も当然だと思いますw

だからこそ1つの記事として今回は紹介させていただきます。

 

・今までの価値観が変わる本が満載

 

【【新刊】ストレス=悪ではない!! ストレスを操るメンタル強化術】

www.glitter2014ift.com

 

ストレスを操るメンタル強化術。

記念すべき1冊目はメンタリストDaiGoさんの書籍。

今まで紹介した本は順番でEvernote(エバーノート)にメモしていました。

最初に紹介した順番から今日までを振り返っていきます。

こちらの書籍は「ストレス」についての考え方を変えることができます。

 

【【新刊】スルースキル物語3 大嶋信頼さんのスルースキルは最高】

www.glitter2014ift.com

 

スルースキル - “あえて鈍感"になって人生をラクにする方法 -

大嶋信頼さんの書籍。

スルースキルというもの。

リアル生活に限らないと思います。

 

ネット社会の今だからこそ大切なスキル。

身につけておいた方が良い価値観だと思います。

多様な時代なので多様な視点に触れた方がいいです。

それと同時にあなたが発信した時の反応。

すべてを肯定的に受け取られるとは限りません。

言い合いをするよりその時にスルースキルなんですよね。

 

【たかが呼吸と侮ると損しますよ!! 人生を思うように変える呼吸法】

www.glitter2014ift.com

 

人生を思うように変える呼吸法

パム・グラウト(訳:小林玲子)の書籍。

どちらかと言うと紹介が「新社会人」寄りだと思います。

捉え方で新生活に活かせる考え方も多いですが。

その中で最初から「新生活」寄りと言えるのがこちらの書籍。

あなたの普段の呼吸を見直してみませんか?になります。

 

【【新刊】田端信太郎さんの考え方が大好きです! ブランド人になれ!】

www.glitter2014ift.com

 

ブランド人になれ! 会社の奴隷解放宣言

田端信太郎さんの書籍。

ブランド人になれ!に関しては先日です。

マンガ版の方も読みましてとても良かったです。

昔は起業やフリーランスになれ派の主張が強かったと思います。

今は田端信太郎さんや箕輪厚介さん辺り。

会社を上手く活用しようという主張の人も増えてきました。

独立だけがすべてじゃないですし会社に居ながらにして地位を築く。

新社会人さんにも参考になる視点が多いですよ。

 

【あなたの仕事観そのままで大丈夫? 壁を破れる林修の仕事原論】

www.glitter2014ift.com

 

林修の仕事原論

林修さんの書籍。

林修さんが今でも芸能界から消えない理由。

本書を読むと芸能界で重宝されている理由がよくわかります。

新社会人さんに限らないと思います。

普段の仕事の仕方を見直したい人。

仕事に刺激がほしい人は参考になる視点が多い良書です。

 

【【新刊】2種類のバカがいる 堀江貴文×西野亮廣のバカとつき合うな】

www.glitter2014ift.com

 

バカとつき合うな

堀江貴文さんと西野亮廣さんの書籍。

会社もそうだし私生活もそうです。

人それぞれの価値観。

それに情報格差は広がると思います。

その時に大切にしたい普遍的な視点が本書に書かれています。

さすがと言える2人の視点なので今までの価値観を壊してくれる。

今までの価値観をアップデートしてくれること間違いなしですよ。

 

【印象も変わり自分も変わる 堀江貴文のゼロは超良書】 

www.glitter2014ift.com

 

ゼロ

堀江貴文の書籍。

ホリエモンの本を1冊も読んだことが無い。

入門書にぴったりの書籍だと思います。

特に「ホリエモンなんて嫌いだ!」と思っている人。

そのような人は印象も変わると思います。

本書を読むと印象ガラリと変わり好きになる人もいるかもしれません。

 

【【新刊】箕輪厚介さんの生き様 2018年1位の死ぬこと以外かすり傷】

www.glitter2014ift.com

 

死ぬこと以外かすり傷

箕輪厚介さんの書籍。

死ぬカスは新社会人や新生活にオススメ。

そこから逸脱している書籍。

「元気注入」として何度も読んだ方がいいです。

常に考え常に行動したくなるのが本書。

読むだけで元気になりますしエネルギー高い書籍です。

 

【ワンチャン狙って誰でも有名人になれる ひろゆきの働き方完全無双】

www.glitter2014ift.com

 

働き方 完全無双

ひろゆき(西村博之)さんの書籍。

これからの時代の戦い方。

生き方の指南書と言っていいかもしれません。

ひろゆきさんの考え方って本当に大好きです。

新刊の方はまだ読めてないのでこれから読む予定。

 

【【新刊】科学的根拠も有り 超 筋トレが最強のソリューションである】

www.glitter2014ift.com

 

超 筋トレが最強のソリューションである 筋肉が人生を変える超・科学的な理由

筋トレ社長ことTestosteroneさんの書籍。

私自身は筋トレを最近は全然していないんですよね。

身体の調子を考えつつの運動しかしていません。

まず薬やサプリメントや食生活。

栄養面をどうにかしようと思っています。

筋トレ自体は大好きですし時期を見て再び始めます。

 

【夢リストではなく完結リストいいよ 水野敬也の夢をかなえるゾウ3】

www.glitter2014ift.com

 

夢をかなえるゾウ3 ブラックガネーシャの教え

水野敬也さんの書籍。

夢をかなえるゾウ1巻は読んだことある。

でも3巻は知らない人が多いと思うんですよ。

それもあり私は3巻をオススメすることが多いです。

というよりも私が夢をかなえるゾウ3巻が本当に大好き。

だからこその3巻の布教活動になります。

夢をかなえるゾウ4巻の登場は果たしてあるのか?心待ちにしています。

 

【【新刊】質問でダイエットも成功できる!? 質問は人生を変える】

www.glitter2014ift.com

 

質問は人生を変える

マツダミヒロさんの書籍。

自分への質問。

自問自答を上手くする方法を学べる書籍。

自分自身への問いかけって重要だと思います。

その質問次第で行く方向が変わってしまいます。

自問自答をよりよく行う重要性と活かし方を学べるのが本書です。

 

【「振り返る」と「反省」は違う!月イチ10分できたことを振り返る】

www.glitter2014ift.com

 

月イチ10分「できたこと」を振り返りなさい

永谷研一さんの書籍。

日々を振り返ることの重要性。

日々を振り返ることの大切さ。

仕事も生活も楽しく振り返りたくなるのが本書。

 

【【新刊】DaiGoさんの大全! 人生が変わるメンタルハック大全】

www.glitter2014ift.com

 

人生が変わる メンタルハック大全

メンタリストDaiGoさんの書籍。

「メンタル面」に関してはDaiGoさん。

本書からも科学的根拠ある方法を提示してくれています。

 

【ブログ継続日数1576日の秘密 上杉隆の人生から失敗はゼロになる】

www.glitter2014ift.com

 

何かと環境の変化に悩む4月の時期。

「失敗しちゃった…」と気分が沈むこともあるかもしれません。

そのときに本書の書名です。

「人生から失敗はゼロになる」と言われたら勇気もらえませんか?

失敗への捉え方が変わると思いますし胸に刻み続けたい言葉です。

 

【人生なんてゲームだ!!! JUNZOの人生ドラクエ化マニュアル】

www.glitter2014ift.com

 

人生ドラクエ化マニュアル 覚醒せよ! 人生は命がけのドラゴンクエストだ!

JUNZOの書籍。

日々の生活をゲーム化する。

お仕事をゲーム化しよう。

このように仰る人は沢山います。

その中でも特にわかりやすいのが人生ドラクエ化マニュアルです。

物事の捉え方や感じ方を変えてくれる1冊だと思います。

 

【ねこ大好きな人へ! ダイヤモンド社の猫はためらわずにノンと言う】

www.glitter2014ift.com

 

猫はためらわずにノンと言う

ステファン・ガルニエ(訳:吉田裕美)の書籍。

ねこからだって学ぶことはあります。

本書はねこに癒やされながらも考え方を学ぶことができる。

まさしく『ねこ啓発書(自己啓発書をもじってます)』と言える1冊。

 

【あなたの仕事は大丈夫? 堀江さん落合さんの10年後の仕事図鑑】

www.glitter2014ift.com

 

10年後の仕事図鑑

堀江貴文さんと落合陽一さんの書籍。

書評部分でも書いてあることです。

本書には未来予測があります。

 

「なくなる仕事・変わる仕事」

 

この章のお2人の視点。

私の仕事はどうなの?

仕事はどんな風に変わるの?

興味を惹かれる事のオンパレードだと思います。

 

・まとめ

【総集編】Twitterで好評の新社会人や新生活にオススメ書籍まとめでした。

ツイッターいつも見ていただいている人。

最初の方に紹介した書籍は忘れていた。

最近から私を知ったので知らなかった人も多いかもしれません。

もちろん、ブログのみ見ていただいている人も多いと思います。

最初から最後までオススメの18冊のラインナップ。

皆様の本を選ぶ際の少しでもお役に立てたら幸いです。

【特別企画】超久しぶりに私の大好きなブログ紹介しちゃいます

・いつも読んでいる大好きなブログ紹介

f:id:acutehappp:20190416144242p:plain

 

私はブログ書くのもブログ読むのも大好きな人間。

この事は昔からブログで書いています。

それこそブログ運営当初からかもしれません。

さすがにブログ継続日数1933日目です。

書くのも好きという部分は説得力あるんじゃないでしょうか。

 

今回は番外編。特別企画の記事です。

いつも読んでいるブログを紹介していきます。

「読んでいる」というよりは『読ませていただいている』という感覚。

私は多様な価値観に触れるブログって本当に大好きです。

価値観以外にも行った気分にさせてくれる現地報告ブログ。

それに筋トレやダイエットの頑張った報告を書いているブログ。

いろんな視点を学ぶことが多くて本当にブログ大好きです。

 

私は『ツイッター廃人』(ツイ廃)と書いています。

Twitter経由だとURLリンクは踏む機会が多いです。

私宛に『RTやいいねやリプライ』などなどをいただいた場合。

その人を知りたいのでプロフィール拝見するんですよ。

そこからブログ読み続けている場合も多いです。

 

今回はあくまでも…。

 

※ブログ※

 

ブログをメインにしています。

だから「note」をメインにしている人

それに動画の「YouTube」をメインにしている人。

紹介すること無いので申し訳ございません。

 

私はnoteやYouTube(動画コンテンツ)になります。

そろそろ進出しようと思っています。

だからとても参考にさせていただいているんですよ。

紹介しないからと言って気を悪くしないでくださいね。

それに全部が全部を紹介できるわけではございません。

 

ここは事前にTwitterに書いた事です。

『読んでいるブログでも紹介していない』という視点。

私も毎日のように少しずつフォロワーさんを増やしています。

それに人それぞれ更新頻度ってあるじゃないですか?

Twitterへ浮上する機会やブログ更新頻度。

私がいつも読んでいても忘れているブログもあるんですよ。

だから気を悪くしないでくださいって話です。

 

それに今週から読み始めたブログもあります。

だから紹介していないから読んでいない。

その可能性は完全にないのでご了承ください。

むしろ、Twitterで私にリプライ(返信)をしてくれる人です。

大体の人は私もあなたのブログを読んでますよなんですよね。

Twitterに書いた通りで「類友」もあると思うんですが読んでいます。

 

逆説的に言うと「あれっ、私のブログ読んでないの?」と思った人。

私と相互フォローが前提になります。

相互フォローだったら読んでいる可能性が大きいので安心してください。

そもそも「私がいいねだけして読まないはありません」という話。

あなたの記事は読んだことあるって話なので踏まえていただくと幸いです。

 

今回の大好きなブログ紹介。

かなり久しぶりだと思いました。

ところがどっこいで去年ぶりでした。

2018年3月30日に紹介していました。

ただ、その前は「約3年半ぶり」なので紹介している印象は薄いと思います。

 

その去年3月30日紹介した記事。

見直してみたらブログ更新が止まっている。

更新が止まっているどころかブログ運営をやめているブログが多々ありました。

それだけブログを継続するのって人それぞれだと思いました。

もちろん、前回の記事から引き続き紹介させていただくブログもあります。

そのようなブログを拝見すると本当に励みになります。

 

私のTwitterアカウント。

最近はブログ継続日数を書くようにしました。

そのところ感想としていただく言葉がこちらです。

「毎日ブログ書くモチベーションになる」です。

私は「はてなブログ継続日数2000日」に向けてカウントダウンしています。

絶対にブログを毎日更新しているわけです。

 

それを見ると自分も書かなきゃと奮い立つと言われるんですよ。

本当に私としても有り難い言葉になります。

このブログどうしちゃったの?ってくらい最近は褒めていただきます。

私の尊敬する人からも多く有り難いたい言葉をいただき感謝です。

今回の記事はすごく簡潔的になると思います。

 

理由としては紹介したいブログが多いんですよ。

だからこそ1つでも多く紹介したいという数字を優先したい。

私の紹介文は最小限にして大好きなブログを紹介し続けたいと思っています。

そこのところをご理解いただければと思います。

前回のときに言われたことで印象に残っていることがあります。

 

「ブログ紹介楽しく読みました。参考にさせていただきます」

リツイート(RT)やリプライをTwitterでいただきました。

しかしながらです。

今でも事前に書かなくてごめんなさいという部分です。

その人のブログを紹介していなかった…。

 

拡散していただいたりお褒めの言葉をいただいた人。

私はブログ紹介記事で紹介していませんでした。

紹介していないだけなら良いと思うんですよ?

私はその人のブログを読み続けているのに紹介していなかった。

すごく後悔が残った出来事だったんですよね…。

だからこそ「私のブログにコメくれる人は私もあなたを読んでいる」という視点。

ほんと意識していただけたら幸いだと思います(もちろん絶対では無いですよ)

 

むしろ、私へリプライをください。

Twitterに書きましたが私はプロフィ確認します。

ブログやURLがあればチェックするんですよ。

そこから仲良くなれたら幸いです。

私はTwitterを日々というくらい見直しています。

 

見直しているというかTLや通知は確認します。

だから仲良くなれる人はとことん仲良くなれると思います。

これは別にTwitterに限りません。

私は「はてな公式の通知」も確認しています。

1とか数値が入ったらいつも確認しているんですよね。

だからブログ書いていなくて私のファンの人も本当にありがとうございます。

 

そこも踏まえて今後も踏まえてよろしくお願いします。

紹介してないぞーという人はどんどん私に絡んでください。

あなたを見てますし既に見ている人の可能性も高いと思いますので。

数年前からずっと紹介しているブログも含めまして私のおすすめブログ。

いつも読んでいるブログをここからは紹介させていただきます。

 

・1つでも多く紹介したいので簡潔なのごめんなさい…

 

【今日、なに食べよう?〜有機野菜の畑から~】

www.homarecipe.com

 

私のブログ紹介の皆勤賞。

知っている人も多い「ホマレ姉さん」のブログです。

Twitterで先に別枠として紹介させていただきました。

私が5年以上読んでいるブログがこちらです。

日々の料理や楽しい料理を作りたいときに参考になりますよ。

 

私は、、

「ホマレ姉さんのブログははてなブログでナンバーワン」

それくらいの気持ちで大好きなんですよ。

実際、はてなブログ読者数は2700人を超えています。

ファンの方も多いんですよね。

 

ちなみにどうでもいい余談話。

私がはてなブログ読者数150人くらいだった頃。

ホマレ姉さんのブログは読者数まだ40人くらいでした。

それが今では「2700人」と「500人(私のブログ)」になっています。

ブログ読んで楽しいのもありますが良い意味での私の目標的な感じです。

 

【【のムのム】 自然体つぶやきブログ】 

www.nomunomutukkoman.com

 

のムのムさんのブログも前回に引き続き。

数年間ずっと読み続けているブログです。

ブログの毎日更新もすごいブログ。

親しみやすいブログですしおすすめです。

 

【難病女子の心の裏側日記】

www.kinoshitakonoki.com

 

こちらまでが前回に引き続いてです。

木ノ下コノキさんはTwitterのツイートもいつも拝見しています。

 

【ピロヒキの国語力を上げるブログ】

tanoshimu-japanese.hatenablog.com

 

ピロヒキさんのブログ。

ここ数ヵ月で知ったブログで特におすすめ。

いつも楽しく読ませていただいているブログ。

ピロヒキさんの視点って本当に大好きです。

ブロガーさんとしては文章力の向上に役立つと思いますよ。

 

【まさか、自分がウツになるなんて!】

www.kamen-utsu.com

 

あきなすさんのブログ。

多様な視点での記事。

それに飯テロ写真も豊富です。

Twitterのあきなすさんのツイートも大好きでいつも見ています。

 

【海斗の手控え】

kaito-zakki.com

 

海斗さんのブログ。

ブログに限らずツイートもいつも拝見しています。

美味しい食べ物の写真。

日々の生活での出来事などなど。

ブログも含めていつも読んでいてとても親しみやすい人です。

 

【冷え性で敏感肌で乾燥肌でも!レッツ、QOL向上♪】

letsgethappy.hatenablog.com

 

はっぴぃさんのブログ。

はっぴぃさんはまだ知り合ったばかり。

人柄がとても素晴らしい方です。

Twitterで何度もリプライさせていただいています。

そしてブログの方も素晴らしい知見を得ることができます。

はっぴぃさんのブログを読んでオリーブオイルの知識が深まりました。

 

【はるママさんのブログ】

s2713uandme.com

 

ブログ名が今と多少変わりそう。

ということで「はるママさんのブログ」として紹介しました。

はるママさんにはTwitterでとてもお世話になっています。

いつも気さくに私に絡んでいただきまして本当に感謝です。

ブログの方もいつも楽しく読んでいるので今回の紹介になります。

 

【【なぜイタリア料理はみんな好きなのか】”留学経験者が語る”おもしろ文化と習慣】

tichisan.hatenablog.com

 

まろんさんのブログ。

まろんさんも最近知り合ったばかり。

ブログ更新されたらいつも読んでいるブログです。

ブログ名の通りでイタリア料理に関して。

とても詳しく学べるブログ。

それにまろんさんのTwitterも必見ですよ。

 

【sweet-sweets-labo】

sweet-sweets-labo.com

 

ロビンさんのブログ。

私もコンビニスイーツのブロガーでした。

当ブログを見ている人。

スイーツ大好きな人も多いと思います。

参考になる知見を得ることができると思います。

 

それと同時にロビンさんの人柄です。

ロビンさんに関してはツイッター見てください。

ツイート内容の着眼点。

それに「企画力」がとても素晴らしい人です。

ぜひぜひロビンさんをフォローしていただければと思います。

 

【ライフスタイルの作り方】

okamotomomoka.jp

 

岡本百加さんのブログ。

ここからは少し簡潔になると思います。

というのもほんと最近読み始めたばかりのブログが多い。

ツイッター経由で知り合い数記事読ませていただいているブログが多いです。

ただ、私が紹介するということはアンテナに引っかかった。

どうしても紹介させていただきたいブログなので把握よろしくお願いします。

岡本百加さんのブログも「ならでは」の着眼点を読みながらいつも拝見しています。

 

【ゴリラも考える。私も考える。】

www.murisurumajime.site

 

ムリスルマジメさんのブログ。

『思考』を発信するブログ。

私はTwitterをいつも見ています。

だからムリスルマジメさんのTwitterの着眼点も参考にしています。

 

【Live freey】

rikak09-natural.com

 

まめハムさんのブログ。

まだまだ読み始めて間もないブログ。

Twitterでのまめハムさん。

興味惹かれるツイートも多いです。

今後のブログ更新も楽しみにしているブログです。

 

【『健康うんち君』の生活に役立つ医療情報提供サイト】

nextist.link

 

ガチャさんのブログ。

何記事か読ませていただいています。

フォローしてから読んでいて参考になる健康情報。

それに1記事がとても読みやすいです。

 

【瞑想Hack】

www.pao-elephant.com

 

パオさんのブログ。

今年2月に久しぶりに読んでいるブログ紹介。

紹介しようと思ったことがありました。

その時に既に候補に入っていたのがパオさんのブログです。

瞑想やマインドフルネスの知見が本当に深い。

私のその手のジャンルの私なりの書評より参考になること多いと思います(爆)

それだけ特化しているブログなので気にある人はぜひチェックしてみてください。

 

【二度寝さんのブログ】

www.nidoneko.com

 

二度寝さんが書いているブログ。

二度寝さんもまだまだ知り合って間もない。

でもいつも更新されたら読ませていただいているブログです。

食べある記とある通りの内容なのでオススメですよ。

最近の私は食レポ全然してませんが二度寝さんのブログがあれば大丈夫。

 

【アラフィフランド】

www.luckylife777.net

 

junpekunさんのブログ。

断捨離情報や食べてみたなどなど。

最近知ったばかりなのでまだまだ見始めたばかりです。

でもいつも更新されたら楽しく読んでいるブログになります。

 

【ノリ冒険記自伝〜シンガーソングライターが夢だった🎸】

myscar.hatenablog.com

 

マイスカーさんのブログ。

私は途中の章から見始めています。

だから「最初から読み直したい!」と思っています。

それくらい惹き込まれるブログです。

 

【Merry-g】

merry-gr.com

 

杉澤伶花さんのブログ。

沖縄県に行った気分。

沖縄県に行きたい気分にさせてくれるブログ。

沖縄情報が多い素敵なブログです。

 

【ひーよんの部屋】

hi4mam.com

 

ひーよんさんのブログ。

Twitterもいつも見ています。

まだまだ最近見始めたばかりなのでこれからも楽しみにしています。

 

【AzuYahi日記】

www.azuyahi.xyz

 

AzuYahiさんのブログ。

フォローしてからツイート含めていつも見ている方。

ブログ内容も気になる内容がとても多いです。

読んでいて好奇心を刺激されているブログです。

 

【わっしょい 🏮13年間趣味で動画作ってる男】

wasshoi5.com

 

わっしょいさんのブログ。

まだ更新されて1記事くらいしか読んでいません。

ただ、Twitterの方はいつものように拝見しています。

私も「10年間ブログ書き続けた人」みたいになれるように頑張りたいです。

 

【手のひらブログ【ひびろぐ】】

www.hibilog.site

 

ぱあぷうさんのブログ。

心に響くメッセージが満載。

私も読んでいて「深い!」と唸ることが多いです。

 

【ブログ情熱中年サラリーマン後悔と決意とつぶやき】

www.taka.work

 

たかさんのブログ。

情熱中年サラリーマン。

すごく熱い気持ちがこもっている記事が多いです。

たかさんのツイート内容も熱い。

それに視点的に参考にしながら見ている部分あります。

 

【大人女子ヤギネの食レポブログ】

www.yagine.work

 

ヤギネさんのブログ。

私は「元」食レポブロガー。

新商品ブロガーです。

最近は元って言っても良いのかな?

そのように思ってきた部分があります。

というのも「書評ブロガー」としか言われません。

 

とは言え知っている人は知っている事実。

私は3年~4年ずっと当ブログで食レポしていました。

だからこそヤギネさんのブログはいつも楽しく拝見しています。

食レポブログって本当に楽しくてなおかつ癒やしにもなりますよね。

そしてある意味では飯テロでもありますw

ヤギネさんのブログも興味そそる「食レポ」多いのでぜひぜひ見てください。

 

・まとめ

【特別企画】超久しぶりに私の大好きなブログを紹介しちゃいますでした。

ブログを「紹介させていただいた」という視点。

いつも学ばせていただいています。

それに読んで楽しませていただいています。

私は冒頭に書いた通りです。

 

ブログを書くのもブログを読むのも大好きな人間。

私以上にどちらも大好きな人はそんなに居ないと思います。

だからこそ他の人におすすめ出来る部分はおすすめしたい。

少しでも皆様のお役に立てたらと思い今回の記事を書きました。

これからも仲良くしていただけたら幸いです。

 

そしてまだまだ未知のブログって多いと思います。

私はブログを読むのが大好きな人間。

この記事を読んでいただいているあなたのブログ。

これから読む可能性や既に読んでいる可能性もあります。

それにnoteや動画サービスを更新している人だって拝見しています。

だからその視点もあるのでブロガーさん含めまして今後も仲良くしてください。