【書評】 島田秀平のスピリチュアル都市伝説


・島田秀平さん!

 


どうも管理人のポポリッチです。

 

島田秀平さん。
テレビでもご活躍。
ご存知の方も多いのではないでしょうか。

 

今回は島田秀平さんの書籍。
手相だけではございません。
色んな都市伝説をお話しされていますよ。

 

 

 

島田秀平のスピリチュアル都市伝説

 

 


書名:島田秀平のスピリチュアル都市伝説


著者:島田秀平


出版社:学研プラス


出版年:2017年4月25日


ページ数:240ページ

 

 


手相芸人。
都市伝説リサーチャー。
運命を変えるミステリー秘話。
興味深い話が多い本書の紹介です。

 

 


・興味深い都市伝説!

 

 

 

(P.167) 「辰」はワニやタツノオトシゴなどを指すといわれていますが、「恐竜の化石からイメージされた」という説も、いや、もしかすると、古代の中国では人間と恐竜が共存していたのでしょうか。




2024年。

辰年でございます。


干支についての解説。
今年は辰年なので考察を見る機会が多い。

その考察が辰年の龍。
龍だけ架空の生き物というやつです。


島田秀平さんはワニやタツノオトシゴや恐竜から説もあるよと仰ります。
人によっては龍は実在した!?と言う人もいるので面白い都市伝説です。

 

 

 

(P.234) オカルト情報の中には偽情報もあれば真理もあります。激動の時代を生き抜くために必要なのは、情報をうまく取捨選択することが重要です。




仰る通りなんですよね。
しかもある程度の年齢を重ねている。
そういう人が偽情報に引っかかる。
陰謀論にハマってしまうのもよく聞きます。

 

陰謀論にハマって家庭崩壊。
離婚したなどの情報も聞きます。
これは実際に私は見ていない都市伝説なので鵜呑みにしたらいけませんね(笑)


ただ、ネット上の陰謀論者の方々。
融通が聞かない人が多いので真実味はありますが……(汗)。

 


【スピリチュアル都市伝説 (島田秀平)】

 

 

 

・色んな角度から解説されています!

 

 

【書評】 島田秀平のスピリチュアル都市伝説でした。

 

何事も言えることです。
最後の情報の取捨選択。
現代は毎日いろんな情報が流れています。
その取捨選択する力ですね。
自分で考え立ち止まり吟味するのは大切です。

【新刊】 谷本理恵子の売れる文章の作り方、買いたくなる理由の見つけ方

 


・ライティングは宝探し

 


どうも管理人のポポリッチです。

 

文章術。
マーケティング。
色んな書籍を読んでいます。

 

著者さんの経験則。
情報を知れるのは貴重。
今回も貴重な情報が満載の内容です。

 

 

 

ライティングは「宝探し」 売れる文章の作り方、買いたくなる理由の見つけ方

 

 


書名:ライティングは「宝探し」 売れる文章の作り方、買いたくなる理由の見つけ方


著者:谷本理恵子


出版社:エムディエヌコーポレーション


出版年:2024年4月26日


ページ数:224ページ

 

 


宝。
売れる文章。


買ってくれた人の言葉の中にある。
ブログやSNSでも役立つ1冊を書評していきます。

 

 


・セールスコピーテクニック満載!

 

 

 

(P.21) あえて同じ店を選んで集まっている人に共通する考え方や感じ方、つまり、「何を当たり前だと思っていて、どんなものは信用できないと思っているのか」といった内面の共通性が存在することを、もっと重要視すべきでしょう。




よく言われるペルソナ。
ペルソナ設定ですね。
著者さんは必要ないと言い切っています。

 

白い馬は存在している。
角の生えた一角獣みたいな動物も存在している。
でもユニコーンは存在していない。

 

この例えはとても分かりやすい。
ペルソナ設定はユニコーンみたいなものと仰っています。
それならどうすればいいの?が引用箇所のお話し。

 

 

 

(P.166) ネガティブな声を削除することを躊躇される方もいらっしゃるかもしれませんが、そもそも「批判的な評価をする人なたち」は、はじめから他社で他の商品を買ったほうが幸せだった人だといえます。



 

こういう人をアナザーワールドの人と仰っているそうです。
当ブログの書評は私なりの考え方。
私の体験談を踏まえて語る箇所もあります。
それを踏まえて聞いてください。

 

著者さんも仰っています。
不満足な声を見続けるのは精神衛生上よくない。
ここもあるんですが、1人の意見に流されてしまう。
方向性が変わり過ぎてしまう人は意外と多いです。

 

不満足に限らず世の中にはコントロール欲が強い人はいます。
言われて当事者が納得して変化するのは良いと思うんです。
1つの意見を参考にしてガラッと変えてしまう。
いつも見てくれる常連さんがなんで変えたの!?と気づいて後から声を挙げる。
こういうシチュエーションは多く見ています。

 

 

【売れる文章の作り方、買いたくなる理由の見つけ方 (谷本理恵子)】

 

 

 

 

・客観的に考える!

 

 

【新刊】 谷本理恵子の売れる文章の作り方、買いたくなる理由の見つけ方でした。

 

本書を読んでみての感想。
客観的に見るクセがつく。
客観性が身につくと感じました。


ライティングだけでなく普段の考え方。
人を見る視点でも参考になると思いますよ。

【戯言】 漠然と不安で辛い状況もそれはそれでしんどい

 


・いつもありがとうございます!


f:id:acutehappp:20240612172742j:image

 


文章を紡ぐ人であり続けたいポポリッチです。

 

本日は戯言記事。
私なりの考え方。

 

今回のテーマ。
漠然と不安で辛い状況。
それはそれでしんどいという話。

 

これはぶっちゃけ今の状況。
いろいろ歯がゆい状況に陥っています。


ちなみに1年前の2023年6月中旬。

ネットカフェ難民になってからです。
2週間~3週間くらいの時期になります。
去年に比べたら生活環境は明らかに良い。
もう1度、ネカフェ難民に戻れと言われても嫌ですからね。

 

どうして去年を振り返ったかと言うとです。
相対的に見ると言いたいことが伝わるかと思いました。
先に去年のことについて少し触れます。

1年前の今の時期は格安プランがあるネットカフェ。
そちらを見つけてネカフェ難民の生活も落ち着く。


ただし、新居はまだまだ見つかっていません。
とは言え、脱出の糸口が見つかり安定した時期です。

私が今まで生きてきた中になります。


ネットカフェ難民に陥り1週間くらい。
人生で1番メンタルがヤバくてしんどかったです。
勝手に涙が出てきたり毎日が吐き気でヤバかった……。

 

そこなんですよね!
ネットカフェ難民の場合は原因が分かっている。
その中でやれることをやり前を向いていく。
徐々に徐々に整える。

そういうことが上手くできました。


もちろん、その中で助けていただいたこと。
皆様のおかげと言える出来事も多かった。
今でも心から感謝してもしきれないです。

 

一方で今の状況になります。
新居で部屋があり落ち着いて暮らせる。
本当に有り難いことだと思っています。
一方で何をすれば良いのか分からない。

 

未知の迷路に迷っている感覚。
これが漠然と不安で辛い状況。
常時ネット回線の復活に向けてです。
どう行動すると良いんだろうと頭を悩ませています。

 

1つだけ最後に言わせてください。
ネット回線が戻ればすべて解決とは思っていません。
むしろ、そこが再スタートになるわけです。
その再スタートがなかなか切れていないのがもどかしい……。

 

今回のブログ記事は私にしては珍しいと思います。
基本的に弱音などは吐かないタイプです。
それくらい漠然と不安でモヤモヤしている毎日。
暗中模索で解決方法を考えています。

 

どこにチャンスがあるか分からない。
そのチャンスが来たときに気づいて行動。
この意識だけは忘れないで日々を過ごします。
心配をおかけしてもなのでその辺りは大丈夫です。

 

最後まで読んでいただき感謝。
今後ともよろしくお願いします!

【新刊】 ヒトコワ都市伝説

 

 


・対談本!

 


どうも管理人のポポリッチです。

 

ナオキマンさん。
丸山ゴンザレスさん。
本書は対談本になります。

 

本書は人に焦点を当てた都市伝説。
色々な話を聞ける楽しみな内容。
お2人の知見あってこその企画だと思います。

 

 

 

ヒトコワ都市伝説

 

 


書名:ヒトコワ都市伝説


著者:Naokiman Show

 

著者:丸山ゴンザレス


出版社:彩図社


出版年:2024年3月27日


ページ数:224ページ

 

 


1番怖いのは人間。
人気YouTuberのお2人。
人間の裏側や闇も含めての話。
興味津々の本書を書評していきます。

 

 


・多彩なジャンルのヒトコワ話!

 

 

 

(P.93) 例えば、ナオキマンさんが行方不明になったら話題になるし、必死に探す人もいますよね。そういう人は、そもそも狙いづらいんです。もちろん、知名度があればいいってわけではなくて、みんなが心配するかどうかが大事です。




第2章の不可解な死。
丸山ゴンザレスさんのお話し。
年間の行方不明者は多い。
有名人に限らずだからこその話をされています。

 

この話は本当にゾッとする部分ありました。
私はコミュ障で人見知りで友達が少ないとか言います。
わざわざ、そんな情報は言わない方が良いかと感じました。

 

ただ、当ブログは10年以上の毎日更新。
Twitter (X)も頻繁に更新しています。
そんな人が数ヵ月なにも無ければ心配する人はいるはずです。
もしものときに予防線も貼っておこうと思います(笑)。

 

 

 

(P.208) 仮想通貨などは、ある程度アンテナを立てていて早めに興味を持った人のほうがかかったかもしれませんね。

 

 


ナオキマンさんの話。
仮想通貨に早く手を出せば良かった。
あのときに早くビットコインを売らなければ良かった。
そういう話は多いですよね。

 

「早めに興味を持った人のほうがかかったかもしれない」


この話は騙されてしまった人もいるという話。
簡単に言うとアンテナ感度が高いからこそ騙されてしまう。
そういう視点も確かにありそうと思いました。

 

世の中に出る情報。
情弱を騙してむしりとっているのはよく言われます。
ただ、逆説的に自分は情報強者と自信を持っている。
だからこそ騙されてしまう心理もありそうですよね。

 


【ヒトコワ都市伝説】

 

 

 

 

・信じるか信じないかはあなた次第!

 

 


【新刊】 ヒトコワ都市伝説でした。

 

ナオキマンさん。
丸山ゴンザレスさん。
お2人のお話は面白かったです。
しっかり情報の裏づけのある話も多いです。
一方で噂話や憶測もあるので読むときにそういうことを意識してですね。

【新刊】 村上しいこの25歳のみけちゃん

 

 


・ご長寿ねこさん!

 


どうも管理人のポポリッチです。

 

25歳のねこ。
みけちゃんの話。

 

25歳は驚きですよね。
本書はエッセイの内容。
それにほんわかしています。

 

ねこ語り。
写真多めの癒し系書籍。
楽しく語っていきます。

 

 

 

25歳のみけちゃん

 

 


書名:25歳のみけちゃん


著者:村上しいこ


出版社:主婦の友社


出版年:2024年4月26日


ページ数:128ページ

 

 


SNSで注目を集める。
人間なら116歳のみけちゃん。
ねこの25歳は人間で116歳。
写真と共に綴られているエッセイも最高です。

 

 


・ご長寿猫の気ままな古民家暮らしエッセイ!

 

 

 

(P.16) あたしとピース、パレオが並んで日向ぼっこをしていると、かあちゃん嬉しそうに写真をたくさん撮るからパソコンもスマホもそれはもう……。仕事してても掃除しててもごはん食べてても放り出して、写真を撮りに来るかあちゃんってどうよ?




みけちゃん25歳。
アメリカンショートヘアのピース13歳。
サバ白(白サバ)のパレオ11歳。

 

みけちゃんだけでなく多彩な猫ちゃん登場。
癒されるエッセイと写真が満載。
楽しく日常を見れる内容です。

 

 

 

(P.76) 今の家はね、古民家っていうんだけど、とっても広いの。どれだけ広いのかって? 平屋の6DKよ、6DK! もちろん日当たりのいい縁側と庭もあるのよ。




最初に住んでいたのが2DKのアパート。
次が縁側と庭つき3DKの一軒家。
そして現在の古民家。
江戸時代に建てられた古民家みたいです。

 

平屋の6DKで縁側と庭もある。
猫にとっては最高の環境でしょうね。
著者さん方々の猫想いの気持ち。
ここを読むだけでも伝わるエピソードです。

 


【25歳のみけちゃん (村上しいこ)】

 

 

 

 

・みけちゃん年表!

 


【新刊】 村上しいこの25歳のみけちゃんでした。

 

みけちゃんが家に来る。
最初は6階にある部屋。
部屋に侵入しある日突然ソファに飛び乗って来たそうです。
そこから24年という出会い方も凄いですよね。
最高に癒される素敵な猫エッセイ本でした。