【新刊】 松山照記の駆け込み寺の庵主さん

・心のモヤモヤ供養します

 

 

どうも管理人のポポリッチです。
 
本書は住職さんの書籍。
住職さんの書籍は読んでいて楽しい。
読ませる文章と言うのをよく理解されていると思います。
 
そして本書の場合はふりがなも多い。
住職さん系だと難しい漢字や読み方がわからない。
そういう単語も多いので親切だと最初から思いました。
 
 
 

駆け込み寺の庵主さん 心のモヤモヤ「供養」します

 

 

 

書名:駆け込み寺の庵主さん 心のモヤモヤ「供養」します

 

著者:松山 照紀

 

出版社:双葉社

 

出版年:2022年12月22日

 

ページ数:216ページ

 

 

 

人生、何度でもやり直せる!
あなたは生きてるだけで花マルな人。
どうか、どうかご自分を大切に。
心が温まる本書を私なりの書評させていただきます。
 
 
 

・楽しければなんでもあり!の不徹寺スタイル

 

 

【目次】
 
はじめに
 
第1章:寅年獅子座、女のけもの道
 
第2章:完全男子禁制! 超スパルタ尼僧修行
 
第3章:心の粗大ごみは「話す」、「手放す」
 
第4章:大切な人との「永遠の別れ」を迎えたら
 
第5章:幸せは「気付かれる」のを待っている
 
おわりに

 

 

 

本書の概要と目次でございます。
章立てを見ていても興味津々。
気になる項目が多いですよね。
早速、本書を楽しく紹介していきます。
 
 
 
(P.14) お行儀のいいツイートは、ほぼなし。「注目を集めるならば子供と猫ですよ庵主さん!」というツルならぬツイ担のひと声で、本堂でヘソ天で眠りこける織部、シブい表情で「ちゅ~る」にむしゃぶりつく白ちゃんの姿などを連日投稿。

 

 

 

お堅いツイートは無いようです(笑)。
私は大がつくほどのねこ好きになります。
本書を読んでツイート見て見たくなりました。
 
お寺のねこさんの日常。
そういうのを垣間見えるのも良いですね。
チェックしてみたいと思います。
 
 
 
(P.95) まずは誰かに「話す」。そして、ベッタリとくっついていた恨みつらみの感情を、いったん自分から「引き離す」。そして、離れたものの正体を、じーっと見つめてみる。心の粗大ごみを「手放す」第一歩は、そこからです。

 

 

 

不徹寺の開門は朝4時。
閉門は18時頃。
 
ただ、悩みごとの電話相談。
24時間受けているそうです。
しかも無料でというのが凄いです。
 
誰かに話してみる。
心が軽くなった経験は誰しもあると思います。
そういう意味でも仰ることは伝わります。
 
 
 
(P.175) 興奮して呼吸が速くなると、感情のコントロールに苦労し、冷静な判断ができません。衝動的に怒鳴りたくなったり、泣けて泣けて仕方なかったり……。それは、あなたが悪いわけではありません。SNSなどで情報の洪水に容赦なく巻き込み、不安や嫉妬、対立を煽るような風潮も、大いに影響していると思います。そんな時こそ、スマホは引き出しにしまって、5分だけでも呼吸法を実践してみましょう。

 

 

 

私は毎日6分の瞑想を実践中です。
よく言いますけど、呼吸法に近い瞑想ですね。
これをやることによるメリットは大きく感じています。
 
最初は1日1分でいいんです。
習慣づいてきたら1分ずつ増やしていく。
5分くらいできるようになると私生活での良い変化もあると思いますよ。
 
 
【駆け込み寺の庵主さん (松山照記)】

 

 

・Twitterアカウントが気になりました

 

 

【新刊】 松山照記の駆け込み寺の庵主さんでした。
 
私は書籍を読んでツイッターをフォローする。
そういうこともするタイプで本書の著者さん。
松山照記さんのアカウントは気になりました。
Twitterの方も覗いてみようと思います。
最後まで読んでいただきましてありがとうございます。

【新刊】 齋藤智明の絶対に後悔しない家の売り方

・プロ中のプロが超わかりやすく教える

 

 

どうも管理人のポポリッチです。
 
家は一生ものの買い物。
そういうことを言われる機会が多いです。
昔から家を持つか持たないかは話題によくなります。
 
1度持つと手放しにくい印象もあるかもしれません。
本書は後悔しない家の売り方です。
こういう視点があると考え方の幅が広がりますよね。
 
 
 

絶対に後悔しない家の売り方

 

 

 

書名:絶対に後悔しない家の売り方

 

著者:齋藤智明

 

出版社:秀和システム

 

出版年:2022年12月10日

 

ページ数:224ページ

 

 

 

戸建て。
マンション。
実家にも使える完全ガイド。
私も読んでいて目からウロコと言える内容でした。
 
 
 

・知識ゼロから読める不動産の売却入門!

 

 

(P.10) この本ではお客様たちの実例をご紹介しながら、できる限りわかりやすく説明していきます。この本を手に取ってくださった方々にとって、まずはこの本が「駆け込み寺」になってくれれば、著者としてこれ以上、嬉しいことはありません。

 

 

 

【目次】
 
はじめに
 
第1章:あなたの家はいくらで売れるのか?
 
第2章:いい営業マンを見極めて、最高の売却を目指す
 
第3章:売るとき、「こんなこと」でもめやすい!
 
第4章:とくに実家を売るときに注意したいポイント
 
第5章:売ったあとも肝心! 「第2の家」はどうする?
 
おわりに

 

 

 

本書の概要と目次です。
知識が無いから業者に足元を見られる。
知識武装をしておけば対等に話せますよね。
 
本書はまさしくの不動産の売却入門。
知識ゼロでも優しく丁寧に解説で理解しやすいです。
この本は必要なときに忘れずに覚えておきたい1冊だと感じました。
 
 
 
(P.18) 売却を考えるうえで、売主には大きく分けると2つのモチベーションがあります。「早く売りたい」か「高く売りたい」かです。あなたはどちらでしょうか? もちろん「早く、高く」売れたら最高でしょうが、そう簡単に行かないことが多いものです。「早く」か「高く」か、目的の違いによって、つき合う不動産屋を分けると、物件売却はより満足度の高いものになります。

 

 

 

早く売りたい。
高く売りたい。
願望としてはやっぱりありますよね(笑)。
 
しかし、そう簡単には行かない。
不動産屋を選ぶときに自分がどっちなのか。
早くなのか高くなのか意識しておきたいですね。
 
 
 
(P.33) 不動産屋に任せきるのではなく、あなたが感じる自分の街の魅力を話してください。いい意味で「おしゃべりな客」になることで、不動産屋はあなたを特別扱いします。街の魅力を存分に伝えて売却価格を上げ、満足できる取引を目指しましょう。

 

 

 

知りませんでした。
プロに任せたほうがいい。
不動産屋に口を挟むのよくない。
そういう印象あったので驚きです。
 
おしゃべりな客になる。
街の魅力を存分に不動産屋に伝える。
売却価格が上がる可能性がある。
勉強になることでした。
 
 
(P.94) 悲しいことに、不動産の営業マンには過酷な売り上げノルマがあります。そのため、お客様のことよりも、いかに早く契約に持っていくかという自分の都合を最優先して、巧みな心理戦をしかけてくる人も多いのが現状です。よく「有名な不動産会社の営業マンだから安心」という方がおられますが、そうとも言えません。残念ながら、そのような会社のなかでも、あちこちでトラブルを起こしていて、業界内で評判の悪い企業もあります。

 

 

 

有名な不動産会社。
だから安心とは行かないんですね。
世の中には多くの不動産会社があります。
 
昔から街中にある不動産会社。
大手の不動産会社でも違いがあります。
本書はその辺りについても丁寧に書かれていました。
 
 
【絶対に後悔しない家の売り方 (齋藤智明)】

 

 

・不動産会社についても知ることができる

 

 

【新刊】 齋藤智明の絶対に後悔しない家の売り方でした。
 
本書を読んでいて感じたこと。
今すぐに家を売る予定はない。
私は賃貸だから関係ないって人もいるかもしれません。
ただ、不動産屋との付き合い方や選び方の側面。
そういうところの学びにもなる1冊でしたよ。

【感謝】 誕生日の祝福ありがとう! 応援スポンサー活動記録

・心からありがとうございます!

 

 

文章を紡ぐ人であり続けたい管理人のポポリッチです。
 
現在の月曜日の当ブログ。
新刊紹介を中心とした書評はおやすみ。
 
最初に私からの余談話と告知。
その後に私の応援スポンサーさん。
そちらの活動記録を紹介していきます。
 
今回は早速の本題に入ります。
今週の土曜日のことになります。
2月4日は私の誕生日でした。
 
今年は現在の状況を踏まえてです。
特に告知もせずに誕生日を迎えていました。
その中で沢山のメッセージをいただきました。
これは毎年思うことなんです。
 
相互フォロワーで何年も付き合いがある。
でもリプライしない人ってツイッターでは多くいます。
そういう人からも誕生日は気軽にリプライいただけるの嬉しいです。
こちらもこの機会を逃さずで感謝を伝えてさせてもらいました。
 
2月4日は皆様のおかげで幸せな1日になりました。
ツイッターでも述べましたが改めてブログでも感謝の言葉をです。
心から本当にありがとうございます。
 
ちなみに初期の頃はブログで誕生日記事を書いている時期もありました。
食レポブロガーだったので誕生日と食レポ兼ねた記事ですね。
 
ここ数年はブログに関しては通常通り。
今年も普通に書評記事を投稿しております。
来年は誕生日ならではの記事を原点回帰で書く。
そういうことも良いかなって改めて思いました。
 
 
【ポポリッチのほしい物リスト】

www.amazon.co.jp

 

 

今週でリンク紹介は最後になります。
 
・誕生日プレゼント
・ブログ毎日更新10年に向けての応援
 
リストに関しては前に述べた通りで非公開にせずあります。
気が向いたときに贈りたい人はブックマークも大歓迎です。
 
ちなみに当ブログにも多くの記事が残っています。
数年前にバレンタインデー企画をほしい物リスト経由でしました。
贈っていただいたチョコレートを私が丹精込めて食レポ記事を書きますです。
そのときは皆様から5件以上のチョコレートを贈っていただきました。
 
今年はそう言えばほしい物リストにチョコ入れてません。
その辺りはバレンタインまで引き延ばすか少し考え中です(笑)。
皆様からの温かさを感じる冬の2月です。
まだまだ寒い時期ですが気持ちは熱くなれました。
 
 
【【仕事依頼用】 応援スポンサー×単発案件などについて】

www.glitter2014ift.com

 

 

応援スポンサー募集。
新規になってくれる人も募集中です。
現在は状況的に少し返事が遅くなります。
その辺りをご了承で連絡いただけると幸いです。
 
その応援スポンサー。
現在の応援スポンサー様。
去年からの付き合い心から感謝します。
私の励みになっていますし恩返しをしていきます。
 
 
 

・今週の応援スポンサーさん活動記録

 

 

 

【ラヴィねこさん】

twitter.com

 

 

【ラヴィねこさんのpixiv】

www.pixiv.net

 

 

ラヴィねこさんのTwitterアカウント。

ラヴィねこさんのpixivアカウントになります。

 

 

【アセルス&白薔薇姫】

www.pixiv.net

 

 

【春日野うらら】

www.pixiv.net

 

 

【描いてる私が幸せな響茜】

www.pixiv.net

 

 

【ジャファル&ニノ&赤ちゃんルゥレイ】

www.pixiv.net

 

 

【聖剣2 ポポイ】

www.pixiv.net

 

 

ラヴィねこさんのpixivアカウントから直リンク。

イラスト投稿の中からピックアップになります。

今週も素敵なイラストをpixivに投稿されています。

 

 

【日の出☆ポチさん】

twitter.com

 

 

【さんログ】

sunrise033.com

 

 

ポチさんのTwitterアカウント。

ポチさんのブログ、さんログになります。

 

 

【ダイソーのペット用品、モフモフの「膝上クッション」になります!】

sunrise033.com

 

 

【【厳選】ワークマンで高コスパの小物・作業着11選【実際に使ってみた】】

sunrise033.com

 

 

【「ファミからパオズ」と「ファミチキバンズ」を食べ比べ!実食レビュー】

sunrise033.com

 

 

ポチさんの今週の新着ブログ記事です。

 

ダイソー。

まとめ。

コンビニ。

 

こちらから新着3記事の紹介です。

今週も素敵なブログ記事ありがとうございます。

 

 

・誕生日9年目!

 

 

【感謝】 誕生日の祝福ありがとう! 応援スポンサー活動記録でした。
 
 
当ブログは2013年12月31日に運営開始。
つまり、9年目の2月4日を迎えたわけです。
もちろん、初年度は誕生日記事を書いています(2014年)。
 
つまり、見方によっては私は9歳の年齢を重ねている。
ネットで長く活動していると年齢がバレバレというか何というか。
私が10代からブログ書いていると仮定すれば若いですかね?
 
それを言っている時点でお察しくださいですが(笑)。
今年のブログテーマの1つに書評以外の記事も書いていく。
書評記事も大切にしつつブロガーとしての書きたいことを書く。
何でも自由に書けることを大切にしつつ毎日更新10年達成します。
 
誕生日を祝っていただきまして感謝になります。
現在はブログとツイッターをメインに活動しています。
どちらも大切な場所なので今後ともよろしくお願いします。
最後まで読んでいただきましてありがとうございます。

【新刊】 児玉光雄の頭がよくなる両利きのすすめ

・私は両利きです!

 

 

どうも両利きの管理人のポポリッチです。
 
文字を書くのは右
お箸を持つのは左。
 
そんなタイプです。
Twitterでもツイートした話。
それ以外にも、それ左なの?と言われるタイプです。
 
両利きですが基本的に左寄り?
普段の自分を踏まえてそのように思います。
本書は両利きのすすめ。
早速どういうことか紹介していきます。

 

 

 

頭が良くなる!「両利き」のすすめ

 

 

 

書名:頭が良くなる!「両利き」のすすめ

 

著者:児玉 光雄

 

出版社:アスコム

 

出版年:2022年12月16日

 

ページ数:224ページ

 

 

 

右利きが1日5分左手を使う。
それだけで能力はもっと高まる。
これは本書を読む前になります。
 
利き手と逆でポテトチップスを食べてみる。
そういうことでも脳トレになると聞いたことがあります。
ということで本書の内容をワクワクしながら読みました。
 
 
 

・1日5分でも10分でもいいから日常生活に組み込んでほしい

 

 

(P.7) 本書に収録されている数多くのトレーニングを、1日5分でも10分でもいいから、日常生活の中に組み込んでください。そうすれば、案外簡単に、あなたは両利き人間の仲間入りができるのです。

 

 

 

 

【目次】
 
はじめに
 
第1章:両利き人間がこれからのAI時代をリードする
 
第2章:両利き人間の絶大なパワーを検証する
 
第3章:あなたの利き脳をチェックしてみよう
 
第4章:なぜ両利き人間に天才が多いのか?

 

 

 

第5章:スポーツの世界では左利きが有利である
 
第6章:あなたのお子さんを両利き人間に育てる秘訣
 
第7章:転脳トレーニングにチャレンジングしよう
 
第8章:右脳を活性化させる右利きの人のためのトレーニング
 
第9章:左右の感覚器官を驚くほど高めるトレーニング
 
あとがき

 

 

 

本書の概要と目次になります。
冒頭でお箸と文字の話をしました。
お箸は左で鉛筆やペンなどは右で持つですね。
 
私は記憶がないことです。
両親の話によると幼い頃に矯正で右になった。
元々が左で書いていたらしいんですよね…。
だから左利き気質が強い両利きかもしれません。
 
 
 
(P.31) 極端な言い方をすれば、バッティングを例にすれば、幼児期に左打ちを習えば、左打が、右打ちを習えば右打ちが、定着するのです。多分これは多くの人が見過ごしている、あるいは誤解している事実ですが、よくよく考えればバッティングはビール瓶を抜く作業と同じように、両手を使う動作だということです。

 

 

 

ほとんどの作業は利き手だけで行っていない。
よくよく考えると仰る通りじゃないでしょうか?
 
例えば、このブログ記事はパソコンで書いています。
キーボードをタイピングするのに両手を使用しています。
つまり、両手を使う作業をしているということです。
 
バッティングの話が出てきました。
ちなみに私は両打ちで野球を遊んでいました。
右から打ったり左で打ったりバッティングしていました。
どちらも違和感なく打てていたので納得です。
 
 
 
(P.77) 使い慣れていないほうの手を使うぎこちなさを楽しむように、いままで使い慣れていないほうの脳を積極的に使うことを楽しみましょう。あなたはきっと、いままで体験したことのない感覚を発見するはずです。

 

 

 

ぎこちなさを楽しむ。
これが脳に良いって話ですね。
 
あくまでも楽しむが大切。
イライラしないようにしてくださいね。
 
だからポテトチップスや歯磨きなどなど。
気軽に楽しめることからスタートが良さそうですね。
 
 
 
(P.150) これらの事実と左利きがスポーツ選手に多い事実を重ね合わせると、左利きは空間認知能力が優れていると推測できます。もしもあなたのお子さんが左利きなら、空間認知の才能を要する職業に就くことを検討してみる必要があるのです。

 

 

 

私はよくそんなところ見てるね。
よくそこに気づいてるよねと言われるタイプ。
そういう意味で空間認知能力は高いかもしれません。
 
今ではめっきり運動は苦手タイプ。
ただ、これも磨いていけば違うかもですね。
小学生の頃は今では考えられない野球部の友人。
一緒に野球で遊んでいたら野球クラブにスカウトされました(笑)。
 
 
 
【頭がよくなる両利きのすすめ (児玉光雄)】

 

 

・両利きになっていて有り難い

 

 

【新刊】 児玉光雄の頭がよくなる両利きのすすめでした。
 
お箸は左手。
鉛筆やペンは右手。
こういう感じになっていて有り難いです。
 
本書は両利きのすすめです。
私もせっかくの両利きのタイプ。
より両利きを磨いて活かしていきたいです。
最後まで読んでいただきましてありがとうございます。

【新刊】 坂爪慎吾のツイッターで学ぶ正義の教室

・私はTwitter9年目!

 

 

どうもツイ廃の管理人のポポリッチです。
 
当ブログ2013年12月31日に運営開始。
翌月の2014年1月からになります。
本格的にTwitter運用を開始しました。
 
2022年の今年で9年目。
私のツイッター見ている人はご存知だと思います。
私はかなりのツイ廃なんですよね(笑)。
 
ということでやめようと思ったことはないです。
本書の書名であるツイッターで学ぶ正義の教室。
私も人それぞれの正義について過去に語って反響がありました。
私としても大いに語れるテーマと思い書評に熱が入りました。
 
 
 

ツイッターで学ぶ 「正義の教室」

 

 

 

書名:ツイッターで学ぶ 「正義の教室」

 

著者:坂爪真吾

 

出版社:晶文社

 

出版年:2022年12月13日

 

ページ数:232ページ

 

 

 

正解のない世界で活き抜くためのキーワードはメタ正義。
闘争より逃走を、共生よりも共存を、論破よりも対話を。
Twitter大好きの私による本書の書評に入っていきます。
 
 
 

・デジタルタトゥーを意識する!

 

 

(P.6) 一度ネット上に出回った投稿・画像・動画は、半永久的に残る。消したくても消えない「デジタルタトゥー」になり、進学や就職に影響することもある。ツイッターで炎上したことがきっかけで、失業や家庭崩壊、訴訟、場合によっては自殺や他殺といった取り返しのつかない結果を招いてしまうこともある。

 

 

 

【目次】
 
はじめに
 
第1章:ツイッターにあふれる「こどもの正義」
 
第2章:「おとなの正義」のつくり方
 
第3章:「正義」を使いこなせるおとなになるために
 
あとがき

 

 

 

本書の概要と目次でございます。
私は子供だけに限らずツイッターだけに限らない。
Yahooニュースのコメント欄。
通称、ヤフコメでいい大人が酷いコメントしていたりしますからね。
 
子供をとめるはずの大人。
大人が正義を振りかざしている現状も感じております…。
だから老若男女問わずにネチケットとして意識する。
ネットマナーとして知ると言うか心がけが大切だと感じます。
 
 
 
(P.31) 間違い探しに熱心な人たちが掲げているのは、実はジャスティスではなく、コレクトネスなのだ。ツイッター上で起こっている間違い探しの多くは、「正義とは何か」をめぐる争いではなく、「公の場におけるマナーとは何か」をめぐる争いである。「正義とは何か」という問いを考えていくうえでまず必要になるのは、ジャスティスとコレクトネスの違いをきちんと区別することだ。

 

 

 

ジャスティス?
コレクトネス?
こう言われても理解しにくい人もいそうです。
 
刑事罰になるような犯罪行為。
そちらはジャスティス寄りという話です。
 
コレクトネスについてになります。
こちらはここ数年で話題になることが多い事柄。
マスクをする?マスクをしない?の話が理解しやすいと思います。
 
マスクをしなくても犯罪ではないですよね。
ただ、公の場におけるマナーという面で論争が起きる。
コレクトネスの例えになる事案だと思います。
 
 
 
(P.91-92) 今のツイッターの状況下では、論争になっているテーマについて自分の意見を述べた瞬間、どれだけ客観的・中立的な意見であっても、「こいつは◎◎派だ」と一方的にレッテルを貼られて、炎上してしまうリスクがある。場合によっては、批判や攻撃の矛先が所属している組織に向かってしまうこともあるため、企業や大学の関係者は、論争になっているテーマを取り上げたイベントに出ること自体を敬遠するケースが多い。

 

 

 

引用とは別の視点で一般人として語ります。
私は有名人じゃないから関係ないは無いと見ている人に言いたいです。
論争になっているテーマをキーワード検索する。
フォロー外から突っかかっていくタイプの人もいるのです。
 
ツイート内容に単語を含ませなかったり避ける。
それも自衛になるのでおすすめしたいことです。
有名インフルエンサーのリプライ欄も危険地帯。
その方に言っているのにリプで突っかかってくる人もいます。
 
客観的、中立的な意見であってもそうなんです。
そういうことを予測したりそういう人がいるのを想定する。
私は最近だと相手にせずにスルーするようにします。
下手に相手をすると論争したがりが多いので終わらないですよ。
 
 
 
(P.93) 多くの人は、ツイッターで四六時中政治的ななことを叫んでいる人や、目を血走らせて誰かや何かを批判している人にはできるだけ関わり合いたくない、と思うだろう。私自身も、独りよがりの正義を振り回している人、当事者や被害者を代弁してイキっている人たちは、片っ端からミュートしている。

 

 

 

政治だけに限りませんよね。
今だとコロナやマスクの話題もあります。
重要なのは独りよがりの正義を振り回している人。
 
そういう人には近づかない。
むやみにリプライしたり相手にしない。
そういうことも自分を守るうえで大切。
ミュートという戦法も有りですよ。
 
 
【ツイッターで学ぶ正義の教室 (坂爪慎吾)】

 

 

・相手にしないのもスルースキル!

 

 

【新刊】 坂爪慎吾のツイッターで学ぶ正義の教室でした。
 
ツイッターのリプライはすべて返信しないといけない。
そういう人が辛くなってやめられるのでは?と思います。
私はツイ廃なので基本的にすべてリプライ返信しています。
 
しかし、明らかに捨て垢でフォロー外から怪しいリプが来る。
有名インフルエンサーにリプしたのに偏った返信が自分に来る。
そういう場合は相手にせず潔くスルーさせてもらっています。
 
別に全部のリプライ返信しなくていい。
これだけでもツイッター運用だいぶ楽になります。
私が知っているフォロワーさんでリプライ返信は基本的にしない。
リプにいいねのみの人も知っているだけで何人かいますよ。
楽しくツイッター運用していきましょうね。