【新刊】とにもかくにも行動 高橋克明の武器は走りながら拾え

・行動して行動して行動する

f:id:acutehappp:20200127085145j:plain

 

あむま(AMUMA)です。

あむま(AMUMA)@ブログ6年継続×毎日ツイッターラジオ (@amuma0204)

 

考え込んでしまう。

行動がストップしてしまいます。

行動が大事というのはよく言うこと。

それならどうすればいいのかというとこちらの言葉。

 

「武器は走りながら拾え!」

 

行動しながら動いて動いて武器を拾いながら進む。

最初から収集ばかりしていないでまず動く。

動くことによって気づきや変化が起きてきます。

最近の私はどうしても考えるほうが多いです。

 

不安や焦りも行動にストップが掛かります。

このまま動いていてもいいんだろうか?

この時点で行動がストップするので本書の視点。

とにもかくにも行動あるのみでエッセンスを注入です。

 

武器は走りながら拾え!

 

書名:武器は走りながら拾え!

著者:高橋克明

出版社:ブックマン社

出版年:2019年11月11日

ページ数:232ページ

 

行動しろというのわかる。

でも何から行動したらいいの?

こう考えてしまう思考回路。

私としてもよく理解している思考回路です。

そんな人に鉄槌を下すの本書とも言えます。

 

・読み終えたらこの本を投げ出してまず最初の一歩を踏み出すこと

 

(P.9) この本を手にとってくれたあなたに望むことは、何度も読み返してもらうことでも、重要な箇所に赤線を引いてもらうことでもありません。読み終えたらこの本を投げ出して、まず最初の一歩を踏み出すことです。あなたを含め、この本を買ってくれる誰よりも、落ちこぼれであったと自信を持って言える僕は、「行動したこと」だけで、人生をすべてひっくり返しました。次はあなたの番です。「見る前に飛ん」じゃって、「武器は走りながら拾え」、ばいい。

 

【目次】


はじめに

 

プロローグ

 

第1章:人の話は聞くな!

 

第2章:自分を大切にするな!

 

第3章:打席に立ち続けろ!

 

第4章:渡ってきた橋を壊せ

 

第5章:見切り発車で行こう!

 

第6章:武器は走りながら拾え!

 

第7章:空気は読むな!

 

第8章:自分のためだけに生きるな!

 

エピローグ

 

あとがき

 

本書の概要と目次です。

シンプルイズベスト。

「行動しろ」のひとこと。

本書を読み終えたらそこから行動。

 

最近の私は「考える」ほうが多いです。

考えると行動は止まってしまいます。

本書の書名であるこちらの視点。

「武器は走りながら拾え」という言葉。

行動しながら武器を拾っていきたいです。

 

(P.36) 夢を実現する第一ステップは、まずは「人の話を聞かない」こと、だと僕は本気で思っています。そして、それはその後、日米のあらゆる業界のトップ1000人以上に単独インタビューし、彼らに成功の秘訣を直接聞き続けたことにより、確信にも変わりました。なので、今、日本の講演会等で若い世代に向けて話す際、最初にこう伝えます。「人の話を聞いてちゃダメだよ」、と。

 

この話をするとです。

メモを取っている手が止まるそうです。

「えっ」てなりますよね。

それに本書の話を真剣に聞きすぎる。

 

そこに対しての言葉でもあると感じます。

人の話を聞きすぎてブレーキを掛けてしまう。

それなら自分で動いて動いて実践していく。

その上での情報収集すればいいんですよね。

まさしく武器は走りながら拾えだと感じます。

 

(P.45) 人の話を聞かないなんて勝手すぎる、と言われるかもしれません。でもそこは心配しなくても大丈夫。社会はそんなに甘やかしてくれない。ときには自分に向けて「NO」をいっぱい突きつけてきます。それでも自分の声を聞き、自分を信じてやれるかどうか、が重要。自分を信じられないヤツは、多分、誰からも信用されません。だから、周囲にバカと思われるくらい圧倒的に自分を信じて行動すればいい。自分の声が”正解”だったと証明される日まで。

 

自分を信じられるかどうか。

 

毎日ブログ更新6年以上。

毎日ペリスコープ配信100日以上。

 

このような行動に関してです。

自分を信じていないとできない側面あります。

特に毎日ペリスコープ配信。

自分の声が嫌いとか言っていたら動けません。

 

人生を変えるためのきっかけ作り。

音声コンテンツに飛び込んで良かったです。

その副産物が2020年になってからになります。

 

ツイッターラジオとして私の界隈の人たち。

大勢の人が配信したり参加するコンテンツになっています。

100日前にここまで配信者さんやリスナーさん。

増えるとは思っていませんし早く始めてよかったことにもなります。

そういう意味でも考えすぎないで行動するの大切です。

 

(P.76-77) 行動で証明するしかない。誰が見てもわかる体現方法でしか通用しない。だからニューヨーカーは、行動する。感動的なセリフで物事の本質から目を背けるのは、もうやめよう。「逃げ」や「負け」をウヤムヤにしたら、次も逃げるし、また負ける。朝、起きられなかった自分に後悔していないと無理やり自分を納得させるよりも、「あ~あ、二度寝しちゃった、ダメだなオレ、明日からまた頑張ろう!」、じゃダメなのか。成績が上がらなかった自分を「昔カタギの実直な人間」と言い聞かせて、自分を安心させるよりも、「今回負けちゃって、悔しいから次は勝とう!」でいいじゃないか。いったん負けを認めて、また行動すればいい。

 

負けを認める勇気。

人間というのはついつい自己正当化しやすい。

ウヤムヤよりも負けを認める。

そして次は勝つための行動をする。

 

自己正当化して行動するよりもです。

今までの反省を悔い改め直す精神。

いったん負けを認めてまた行動。

しっかり区切りをつけて行動したいです。

 

(P.85) そもそも僕が自分を疑ってかかる理由のひとつは、人間、どんな決心よりも気分が勝っちゃうからです。少なくともダメ人間の僕はそうです。決意新たにヤル気になっても、多分、人間はそのときの気分に負ける。今日は大丈夫でも、明日の朝の僕を信じるわけにはいかない。もしかしたら二日酔いからもしれないし、風邪をひいているかもしれない。だから、気分に左右されないよう、最低限の仕組み作りをしています。

 

このような自分を疑ってかかる行動。

私自身も行っているので理解します。

「最低限の仕組みづくり」は本当に大切です。

意志力だけではブログ継続6年できません。

 

体調不良もあるし感情的にダメなときもある。

だってにんげんだもの。

そういう日のために前倒しで行動する。

朝から余裕を作り毎朝のブログ記事投稿にしています。

 

【武器は走りながら拾え!】

武器は走りながら拾え!

武器は走りながら拾え!

  • 作者:高橋 克明
  • 出版社/メーカー: ブックマン社
  • 発売日: 2019/11/11
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

 

・行動すれば行動しただけの成果がある

【新刊】とにもかくにも行動 高橋克明の武器は走りながら拾えでした。

私はツイッターが特に大好きです。

どうしてかというと行動すれば行動しただけ結果がついてくる。

半年後や1年後にその差は一目瞭然になるのがツイッター。

本書は行動意欲がとても高まる1冊です。

【新刊】人気放送作家が伝授 タダでテレビに取り上げられる方法

・まだまだテレビの影響力は大きい

f:id:acutehappp:20200125095054j:plain

 

あむま(AMUMA)です。

あむま(AMUMA)@ブログ6年継続×毎日ツイッターラジオ (@amuma0204)

 

みのもんたさんの番組。

「愛の貧乏脱出大作戦」

ご存知でしょうか。

本書の著者である石田章洋さん。

 

構成を担当していたそうです。

本書でもエピソード話が多くあります。

取り上げられたお店の現在はどうなっているのか。

番組ファンの人にとっては気になることも書かれています。

 

私は愛の貧乏脱出大作戦とても好きでした。

毎週のように視聴していた記憶があります。

お店が繁盛店に移り変わるその過程。

修行に行ったり内装を変えたりです。

 

そして最後の手紙を読み上げるシーンなども今も印象に残っています。

その他の番組でも多くの人気情報番組と言える番組。

めざましテレビ、ワイドスクランブル、はなまるマーケット。

関わってきた放送作家さんなので説得力ある1冊です。

 

人気情報番組の放送作家がこっそり教える タダでテレビに取り上げられる方法

 

書名:人気情報番組の放送作家がこっそり教える タダでテレビに取り上げられる方法

著者:石田章洋

出版社:日本実業出版社

出版年:2019年12月12日

ページ数:256ページ

 

 

SNS時代だからこそ。

テレビのPR効果は侮れない

ネット人間の私からするとです。

仰る通りですしテレビの力を侮るなかれになります。

 

・あなたの会社やお店の素晴らしい商品を世に広めることに少しでもお役に立てば

 

(P.17) せっかく素晴らしい商品を提供していながら、認知度が低いだけで埋もれさせてしまってはなりません。私のこれまでの経験が、あなたの会社やお店の素晴らしい商品を世に広めることに少しでもお役に立つとしたら、それほどうれしいことはありません。どうか最後までお付き合いください。

 

【目次】


まえがき

 

第1章:メディア・リテラシーが高まった時代、「PR戦略」も変化する

 

第2章:テレビの「PR効果」は、やはりあなどれない

 

第3章:どうすれば、タダでテレビに取り上げられるのか

 

第4章:中の人だからわかる、「テレビ取材の確率」を高めるアプローチ術

 

第5章:テレビの取材を一過性のものにしないために

 

あとがき

 

本書の概要と目次です。

人それぞれ気になる章があるんじゃないでしょうか。

現在はインターネット時代。

ウェブマーケティング系の書籍も多いです。

 

そんな中での「テレビに取り上げられる方法」になります。

ネット前の最盛期よりは落ちていると言ってもです。

テレビの影響力というのはまだまだ計り知れない。

今回の書籍は「タダ」でという視点も加味した方法が書かれています。

 

(P.27-28) アクセス数を増やそうとSEO対策をしても、グーグルのルールがコロコロと変わり、検索上位にとどまることができないといった嘆きの声を耳にすることもあります。まずは認知度を上げて、ピンポイントで検索してもらえるようにならなければホームページをつくっても意味がないのです。発信された多くの情報から、自分の価値観に合った情報を選ぶことができるようになった一方で、大量の選択肢から情報をどのように選ぶか、その判断も難しくなりました。

 

私は6年継続してるブロガー。

毎日更新している上で意識していること。

『SEOに関しては基本的に捨てている』

去年のある時期からあまり意識しないことにしました。

 

アドセンスやアフィリエイトをやっている人。

Googleさんとのいたちごっこ。

ルール変更を常に念頭に置いて行動しないといけません。

そこで私が考えたのがこちらになります。

 

『SEO考える時間をツイッターに全力投球』

私にとって使いやすいSNSはツイッター。

ツイッター見ていても疲れることはありません。

だからツイッターに本気で力を入れることにしました。

 

本垢9500人(ブログ記事最初に貼ってある垢)

サブ垢6000人

 

本垢は万垢(10000人以上フォロワーさんいるアカウント)

万垢に近づいてきてますしツイッターを大切にする。

相乗効果の爆発を狙って真剣に運営しています。

多様性の時代ですし選択肢は豊富に考えるのありです。

 

(P.30) 情報爆発の時代、ネットだけで情報発信を続けていても、なかなか効果が得られません。今後はテレビとネット、双方のチカラをうまく組み合わせながら、戦略を持って情報発信をしていくことが求められるのです。

 

毎日はてなブログ更新6年。

ツイッターのフォロワーさん10000人以上。

そうは言っても届く範囲って限られています。

私はそこのところは自覚しています。

 

テレビに取り上げていただく。

もう1つは書籍の商業出版。

1冊でも書籍を出しておくこと。

この2つって「泊がつく」と感じます。

 

先日、書評させていただいた人。

「プロ奢ラレヤー」さんが2つやっています。

プロ奢さんは戦略ではないと思っています(恐らく)

ただ、テレビや書籍を出しているという泊。

単にフォロワー数が多い人とは一線を画しますよね。

 

(P.34) 実際に、「マツコの知らない世界」では、紹介された商品がスーパーマーケットやネットショップで、すぐに売り切れることが繰り返されてきました。私自身、番組内でマツコさんが「何これ、すっごい切れる! 力、全然入れてないのよ、気持ちいい!」と感嘆していたペティナイフを放送直後にネットショップで買おうとしたら、すでに売り切れとなっていたため、つい、入荷を待ってまで購入したこともあります。

 

私なりの書評なので私のこと。

当ブログは食レポブログをしていた時期。

ブログカテゴリーにも食レポ系がたくさんあります。

そのときに私がよく言っていたことがこちらです。

 

「マツコの知らない世界に出演する!!」

 

タダでテレビに取り上げられる方法という本書。

その名残が私の気持ちの中にもあるかもしれません。

マツコデラックスさんが仰る言葉。

毒舌もありつつの愛があります。

そんな人だから絶賛していると気になります。

 

(P.82) もちろん、もともとの商品自体に魅力がなければ、どんなにPRしても意味はありません。しかし、どんなによい商品があっても、テレビ出演のあと、一時的に注目されただけで終わってしまうケースはよくあります。

 

テレビに限らずインターネットもそうです。

私に関してはブログやツイッター。

おかげさまで有り難いことにバズる経験あります。

バズるのが目的ではなくバズった後が大事。

 

一時的なり一過性。

瞬間最大風速が吹き荒れただけです。

その後どうするかは自分次第になります。

一時的に注目されただけで終わるのではなくその後を考える。

私自身も肝に銘じたいですしバズらせるのを武器にしたいです。

 

【人気情報番組の放送作家がこっそり教える タダでテレビに取り上げられる方法】

人気情報番組の放送作家がこっそり教える タダでテレビに取り上げられる方法

人気情報番組の放送作家がこっそり教える タダでテレビに取り上げられる方法

  • 作者:石田 章洋
  • 出版社/メーカー: 日本実業出版社
  • 発売日: 2019/12/12
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

 

・コラボの時代が到来してる

【新刊】人気放送作家が伝授 タダでテレビに取り上げられる方法でした。

私は最近は「協力プレイ」が大切と感じています。

そこは打算的ではなくお互いにメリットがあるからこそ。

「WIN-WIN」になるからこそコラボするです。

 

私もコラボ依頼が絶えない人になる。

付加価値や希少価値を高める毎日。

1日1日を大切に向上していく。

この記事を読んでいる人とぜひコラボできたら嬉しいです。

【新刊】 フルマラソンも走れた 何でも続く人と続かない人の習慣

・続く人の習慣が網羅されています

f:id:acutehappp:20200123145340j:plain

 

あむま(AMUMA)です。

あむま(AMUMA)@ブログ6年継続×毎日ツイッターラジオ (@amuma0204)

 

毎日はてなブログ更新6年。

毎日ツイッターラジオ100日以上。

 

気力や本気の気持ちで継続している。

その意味合いもあるはあります。

しかし、皆様ご存知の通りです。

 

気力や本気の気持ちだけでは続かない。

新年の目標を立てても未達成になってしまった。

計画を立てた目標だったのに蔑ろになってしまった。

誰しもが経験あることじゃないでしょうか。

 

そこで大切になってくるのがこちらです。

「習慣化」という部分。

私は熱い気持ちはもちろんあります。

それとプラスで「習慣化」も意識している。

初期から意識的に習慣を取り入れているので続いている部分があります。

 

何でも「続く人」と「続かない人」の習慣 (アスカビジネス)

 

書名:何でも「続く人」と「続かない人」の習慣 (アスカビジネス)

著者:伊藤良

出版社:明日香出版社

出版年:2019年12月5日

ページ数:240ページ

 

3日坊主よ、さようなら。

怠け者でも、今度こそできる。

2020年も《まだ》1月とも言えます。

ここから立て直していくこともいくらでも出来ます。

本書を片手に続く人の習慣を実践していきましょう。

 

・本書は続く人になるための50の習慣を紹介

 

(P.7) 本書では、「続く人」になるための50の習慣を紹介していますが、これはコーチングや心理学をベースにして、実際に私や私の周囲にいる「続く人」たちが実践してきたものです。ですから机上の空論ではなく、実践的な内容になっています。もしもあなたが以前の私のような「続かない人」の状況にいるのであれば、きっと本書の方法が役に立つはずです。と言っても、難しいテクニックはひとつもありません。

 

【目次】


はじめに

 

第1章:続けるための基礎知識編

 

第2章:目標:考え方編

 

第3章:モチベーションUP編

 

第4章:アイテム編

 

第5章:時間管理編

 

第6章:挫折しそうになったとき編

 

第7章:シーン別対応編

 

おわりに

 

本書の概要と目次です。

継続は力なり。

本書を読めば続く人の行動。

続く人の考え方がわかります。

 

理解するだけでなく「実践」あるのみ。

習慣化できたら心強いです。

私としても身につけたい続く人の習慣。

本書を参考にして身につけていきたいです。

 

(P.25) あなたが気軽に取り組める量からスタートできれば大丈夫。むしろ少しずつのほうが心も体も慣れていきますので反発が起きにくいのです。ベビーステップを繰り返していくことこそ、「続く人」になる秘訣です。

 

ベビーステップ=小さく行動。

最初から山登りで富士山の頂上を目指してしまう。

最初からマラソンで42.195キロのフルマラソン完走を目指してしまう。

この例えはさすがに小さく刻んで行動するかと思います。

 

でも他の目標を立てたことを考えてみる。

富士山の頂上やフルマラソンの完走を目指すような目標。

熱量が高いときはついつい目指してしまうかと思います。

新年の目標なんかはそういうの立てがちじゃないでしょうか。

まずは慣らすために反発が少ない状況から進めていきましょう。

 

(P.27-28) 夢や大きな目標を叶えるためには、今できる「小さな習慣」を積み上げていくことがとても重要だと考えています。そして、「小さい習慣」のための最初の「ゼロ→1」を踏み出せるかどうか。それが、人生を大きく変えていくのだと思っています。「短期的に大きく1発当てる」のではなく、「長期的に小さく当て続ける」という発想が大事です。ジョギングであれば、1週間に10キロ走るよりも、週に3回3キロを走るほうが習慣として定着しやすいのと同じです。

 

著者の伊藤良さん。

毎日1記事のブログ記事。

こちらを継続して出版の機会をいただいたそうです。

継続の積み重ねで目に留まることはあります。

 

私の場合はブログ継続が1つ。

もう1つがペリスコープでの生配信。

通称ツイッターラジオがそうです。

ツイッターのフォロワーさんの目に留まる。

 

そこから何かが起こる可能性もゼロではありません。

それに文章だけでなく音声コンテンツもやっている。

私の印象もブログ記事もツイートもです。

喋りで印象が変わる人もいるのでやって良かったです。

 

(P.37) 早起きを習慣化しようと思い立ったときは、「すべてに全力投球」というマインドで挑んでしまい、何度も失敗していました。ただでさえ苦手な早起きなのに、残業があっても、飲み会があっても、翌朝5時に起きられる状態を目指していたのです。しかし、そんなことが続くはずもありません。最初の3日くらいは気合いと根性でできるかもしれませんが、3ヵ月ずっと続けることは難しいでしょう。最初からがんばりすぎて続かなくなってしまうのなら、「毎回、完璧にがんばらなければならない」という思い込みを手放しましょう。目的は完璧に続けることではありません。メリハリを意識して柔軟性を持って続けることが重要なのです。

 

悪習慣を立つ。

私はこちら寄りによくなります。

3日は気合いと根性でどうにかなる。

仰る通りで私は1週間くらいで挫折が特に多いです。

 

だからこそ完璧主義を抜いておくという視点。

そして長期的に付き合うという視点。

どちらも意識して柔軟性を持たせたほうがいいです。

それが長期的に見て改善され良習慣に繋がっていきます。

 

(P.42) 「続く人」はよく理解しているけれど、「続かない人」が理解していないことがあります。それは、何だと思いますか? 答えは「自分のこと」です。「続く人」は自分のタイプや性格を知って、自分なりの続け方にカスタマイズして継続していくことが上手です。一方で「続かない人」は、「こうすればうまくいく」という方法を学んでばかりで、自分にフィットしたやり方で習慣化に取り組むことが苦手です。

 

実践あるのみです。

実践しなければわかりません。

本を読むだけでは行動になりませんよね。

その視点が1つあります。

 

もう1つが人それぞれ違う。

いくら科学的な根拠が合ってもです。

「合う合わない」は人間だからあります。

だからこそ実践してフィットした方法。

あなたがやりやすかったり楽しい方法で取り組みましょう。

 

【何でも「続く人」と「続かない人」の習慣 (アスカビジネス)】

何でも「続く人」と「続かない人」の習慣 (アスカビジネス)

何でも「続く人」と「続かない人」の習慣 (アスカビジネス)

  • 作者:伊藤 良
  • 出版社/メーカー: 明日香出版社
  • 発売日: 2019/12/05
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

 

・2020年は続く人になっていきましょう

【新刊】 フルマラソンも走れた 何でも続く人と続かない人の習慣でした。

これは私が感じていることです。

本書の内容とは関係ないことで思うこと。

 

「ブログ継続100日越えの人が一昔前より増えてる」

 

ツイッターなどを見ていてもその印象があります。

最近は色んな書籍で継続の秘訣が書かれています。

取り入れて実践しているブログ本気の人が増えているんでしょう。

私も負けず劣らずブログ継続10年目指し引き続きがんばります。

Twitterラジオの流れ来てる! 誕生日プレゼント募集中と活動記録

・今週もありがとうございます

f:id:acutehappp:20200125085758j:plain

 

あむま(AMUMA)です。

あむま(AMUMA)@ブログ6年継続×毎日ツイッターラジオ (@amuma0204)

 

本日は日曜日。

私からの告知。

そして今週の活動記録を紹介しています。

 

毎日ブログ更新はもちろん。

ツイッターラジオも毎日です。

こちらは活動記録に含めていません。

詳しくはTwitterアカウント見ていただければ嬉しいです。

 

 

【あむま(AMUMA)のほしい物リスト】

amzn.asia

 

 

2月4日は私の誕生日。

今年も誕生日プレゼント大募集。

今はAmazonギフト券のみになります。

みんな物の方が贈りやすいとかあるかな?

 

そこも含めてリストも変えていきます。

1年に1回の機会ですしよろしくお願いします。

それではここからは毎日の書評記事を紹介していきます。

 

 

・1月20日~1月25日 今週の活動記録

 

【1月20日(月)】

www.glitter2014ift.com

 

学歴・資格関係なし! 人生を逆転させる転職術

月曜日は魚津君明さんの新刊を書評。

 

【1月21日(火)】

www.glitter2014ift.com

 

知識を操る超読書術

火曜日はメンタリストDaiGoさんの新刊を書評。

私の読書術。

今年1番で実践する書籍です。

本を読む機会は人より多いですしモノにしていきます。

 

【1月22日(水)】

www.glitter2014ift.com

 

望む人生に組み替える「未来設定ノート」 脳内GPSで“夢との距離”を把握するだけ♡ (NOTEBOOK method)

水曜日は松浦ゆかさんの新刊を書評しました。

 

【1月23日(木)】

www.glitter2014ift.com

 

嫌なこと、全部やめても生きられる

木曜日はプロ奢ラレヤーさんの新刊を書評しています。

 

【1月24日(金)】

www.glitter2014ift.com

 

楽しくなければ仕事じゃない: 「今やっていること」がどんどん「好きで得意」になる働き方の教科書

金曜日は干場弓子さんの新刊を書評です。

本書を読んでディスカヴァー・トゥエンティワンの書籍。

ますます大好きになった素敵な書籍でした。

 

【1月25日(土)】

www.glitter2014ift.com

 

超・達成思考

土曜日は青木仁志さんの新刊を書評しています。

 

 

・今年は違う流れを感じています!!

Twitterラジオの流れ来てる! 誕生日プレゼント募集中と活動記録でした。

毎日ブログ更新をしつつです。

ペリスコープで生放送。

自分の言葉を発信するコンテンツを持っているのが私です。

 

最近はペリスコープで生放送。

通称ツイッターラジオやられる方が増えています。

増える理由もわかると言える楽しいんですよね。

私は私なりにこちらにも力をいれて楽しくがんばります。

来週も1週間よろしくお願いします。

【新刊】伝説の講座まとめ 青木仁志の超・達成思考

・直球で伝わってくる書籍

f:id:acutehappp:20200123104953j:plain

 

あむま(AMUMA)です。

あむま(AMUMA)@ブログ6年継続×毎日ツイッターラジオ (@amuma0204)

 

色んな書籍を読みすぎて疲れちゃった。

そのような人は本書の内容。

ドンピシャで合うかもしれません。

なぜならばです。

 

伝説の講座をまとめている。

それに図解と言いますかイラストも多い。

シンプルイズベストと言える内容。

シンプルだからこそ頭に入ると思います。

 

知識が多いと考えすぎてしまう。

そのときに必要な情報だけ整理する。

必要な考え方だけ整理する。

私も「○○達成したい」という気持ち。

脇道に反れてしまうこともあるので見直す意味で読みました。

 

超・達成思考

 

書名:超・達成思考

著者:青木仁志

出版社:アチーブメント出版

出版年:2019年12月25日

ページ数:168ページ

 

28年間続いている伝説の講座を集約。

168ページの中に図解やイラストも多い。

普段、本を読みなれていない人にもオススメできます。

自分の考え方次第で人生はいかようにも変えていける。

新しい知見を本書から得ていきましょう。

 

・選択を変えることによって自分の夢や願望を実現する目標達成する方法

 

(P.7) 人は今よりもよくなりたい、幸せになりたいと望んでいます。わたしは能力開発トレーナーとして40万人以上に「成功哲学」を指導してきました。本書では選択を変えることによって、自分の夢や願望を実現する、目標達成する方法をたくさん提案していきます。

 

【目次】


第一部:達成の息吹

 

第二部:超・達成思考

 

第三部:成功する時間とお金の使い方

 

本書の概要と目次でございます。

本書の書名。

それに概要や目次です。

シンプルイズベストの構成。

 

あれこれ考えないで素直に染み込んでくる。

直球で伝わってくる内容でした。

ついつい、考えすぎてしまう人。

本書の内容はストーンと落ちてくるかもしれません。

 

(P.24) 「成功したいですか?」 セミナーでこう聞くと、全員が手を挙げます。「では、朝から晩まで仕事で成果を上げるために時間を使えますか?」 こうなると、ほとんどの人が手を下げてしまいます。成功する人としない人を分けるものは素質や才能ではありません。「時間とお金の使い方」です。目標を達成できる人間は、ほかの何よりも目標達成を優先して時間とお金を投資するので、誰よりも早く望みを叶え、自己実現できます。

 

ブログやツイッターも同じく。

同じような時期に始めた人。

結果が出る人とやめてしまう人がいます。

やめなくてもみるみる差が開いてしまうこともあります。

 

これはどれだけ考えていられるか。

ほかの何よりも目標達成を優先できるかです。

私もブログ運営を開始した時期。

四六時中ずっとブログのことだけ考えてました。

 

余計な思考でフラフラしない。

朝から晩まで成果を上げるために時間を使う。

改めて気持ちを引き締める。

「達成思考」で行きたいと感じます。

 

 (P.31) 達成力を高めるとは、厳しい訓練で苦痛感情を乗り越える精神力を鍛えることではありません。動機づけのメカニズムを知って、理性的な判断で5つの基本的欲求を満たす計画・実行をしていく。自分がほんとうに大切にしたいと考えていること(思考)に対して、行動を一致させて達成していく技術を身につけることです。

 

人間は感情の生き物。

よく言われることですよね。

いくら有益なノウハウを持っていたとしてもです。

感情が乗らずに行動できない。

宝の持ち腐れになってしまいます。

 

自分の感情の動機付けを知っておく。

5つの基本的欲求を知っておこうと仰ります。

強さも弱さも理解できるのは自分自身です。

最初に自分自身をさらけ出しておく。

感情との折り合いをつけられるよう棚卸しするの大切です。

 

(P.39) つねに自分と周りの願望の両方を考えて行動を管理します。人は決して強い存在でも完璧な存在でもありません。すぐ、簡単にできること、好きなこと、慣れたことに流されます。自分で考えるよりも命じられたことをするほうが簡単です。予定どおりよりも飛び込んできた仕事や急ぎのことを優先したほうがラクです。しかし、流されながら一生懸命努力するのではなく、成果を出すために、周りから求められていることも考えて行動しましょう。

 

人は1人だけでは生きられない。

共存の世界で生きています。

自分本位で動いていても応援されません。

人間的な成長。

 

そこに達成思考が繋がっていく。

今年の私は成果を出したいとよく口にします。

「周りから求められていることを考えて行動する」

この視点を忘れず謙虚に行動を改善しつつがんばります。

 

(P.46) ひとたび願望が明確になったら、まずは達成に向けて動き出してみる。すると学習によって知識が増えていきます。試行錯誤を繰り返すなかで、時には苦痛感情を味わうこともあるかもしれませんが、願望が明確であれば、苦痛を乗り越えて学習し、やがて達成することができます。

 

目標を達成したい。

「本気」や「ガチ」という意識。

誰もが持ったことあるはずです。

達成まで行けたこともあれば未達成もきっとある。

 

燃え上がる感情は一過性。

時には「苦痛感情」も出てきます。

そこで「願望が明確」という大事な言葉が出てきます。

私のはてなブログ継続日数。

 

はてなブログで書き続けて2200日を越えました。

6年間ずっと1日も休まずブログ記事を毎日投稿しています。

これだって気持ちが安定しているなんてありません。

気持ちどころか体調不良やいろんなことが襲ってきます。

 

そのときに折り込み済みで継続できるかどうか。

そして「願望が明確」という箇所。

私にとっての願望が明確についてです。

「毎日更新」と「はてなブログ継続10年」

ブログ継続10年と言う願望を持って毎日を生きています。

 

【超・達成思考】

超・達成思考

超・達成思考

  • 作者:青木仁志
  • 出版社/メーカー: アチーブメント出版
  • 発売日: 2019/12/25
  • メディア: 単行本
 

 

 

・願望を実現させる

【新刊】伝説の講座まとめ 青木仁志の超・達成思考でした。

目標を達成するためにはスキルやノウハウは必要。

しかし、それを継続的に行動に移せるかは別です。

そのために感情のメカニズムや考え方を知っておく。

本書はまさしく「達成思考」を学べる1冊です。