【新刊】 米山彩香の働くオトナ女子のためのゆるっと習慣

スポンサーリンク

・ゆるっと習慣

 

 

 

当ブログの書評になります。

「新刊の定義」についてです。

 

出版から3ヵ月半を目安にしています。

これは気になってググったんですよ。

本が流通して3ヵ月半が新刊の目安。

そのようなことを見たのでそのようにしています。

 

ただ、微妙なラインの書籍も書評します。

出版の時期を見たら3ヵ月半から4ヵ月くらい。

微妙な場合は私は「新刊」にしている場合があります。

そこのところをご了承くださいと最初にお伝えします。

2021年4月1日に出版された本を今回は書評させていただきます。

 

 

 

働くオトナ女子のためのゆるっと習慣-毎日のモヤモヤ プチストレスが すーっと消える

 

 

 

書名:働くオトナ女子のためのゆるっと習慣-毎日のモヤモヤ プチストレスが すーっと消える

 

著者:米山彩香

 

出版社:学研プラス

 

出版年:2021年4月1日

 

ページ数:176ページ

 

 

 

賢い女子はゆるく、あざとく、淡々と。

憂鬱な月曜日がちょっぴり楽しみになるヒント集。

会社に振り回されないゆるい生き方のコツ。

37点収録されている本書を私なりの書評していきます。

 

 

 

・人生の主役はあなた自身

 

 

(P.7) あなたの人生の主役は、あなた自身。仕事や他人に人生を奪われず、ハッピーな毎日を送るためのヒントを、本書で見つけていただければ幸いです。

 

 

 

はじめに:ハッピーな毎日のための「ゆるっと習慣」

 

CHAPTER1:仕事のモチベーションをゆるっと!

 

CHAPTER2:仕事の段取りをゆるっと!

 

CHAPTER3:人間関係をゆるっと!

 

CHAPTER4:生活習慣をゆるっと!

 

CHAPTER5:お金の使い方をゆるっと!

 

CHAPTER6:自分磨きをゆるっと!

 

 

本書の概要と目次になります。

ゆるっとの言葉が並んでいます。

今回はそれぞれのチャプターから気になる箇所。

私なりの書評をさせていただきたいと思います。

 

 

 

(P.20) 最初から「無理!」と決めつけないことも大切なコツ。無理じゃないゆるっとした目標を立てて、ひとつずつ進めれば、物事はきっと進んでいきます。仕事面でもプライベートでも、モチベーションが上がらない、目標が見つからないというときは、そんなふうに気ラクに考えてみてはいかがでしょうか。

 

 

無理と決めつけない視点。

現在はまず試してみるが大切。

試してみてダメならダメで良いと思うんですよね。

もちろん、何回か試した方が良いかと思います。

 

例えば、私の場合は音声配信です。

最初の配信をしたときに緊張や嫌な感情が出ました。

ただ、1回で判断するのも違うと思った。

逆にいろんな方向性から音声配信をしたんです。

 

毎日ライブ配信(生配信)165日。

300回~400回の生声配信をしました。

苦手とか無理は押し込めてしまう感情。

最初から脱出するある程度は頑張ってみる。

それでもダメなら諦めるがいいかと思います。

 

私が最初の配信で無理だと思う。

やめてしまってたらこの経験は無かったです。

だからとても良い経験になったと思います。

視野を広げてゆるっと楽しく行きたいですね。

 

 

(P.54) みなさんも、自分で立てた目標を達成できないときは、「やり遂げなきゃ」という呪縛から自由になってみて。「こっちも試そう」「あっちはどうかな?」と、ぜひゆるっと気ラクな気持ちで、方向転換してみてはいかがでしょうか。

 

 

試す精神が大切。

縮こまると行動できなくなる。

小さなことからコツコツ。

小さな行動を積み重ねる。

 

昨今の自分を垣間見てになります。

とても大切なことだと感じています。

もっと挑戦していく。

やっていないことも出来る範囲でチャレンジする。

がんばっていきたい所存です。

 

 

(P.71) 職場では、ひとりで行動してもいいし、自分の好きなことをしてもいい。そう思ってマイペースなキャラを定着させるほうが、心が疲れません。ストレスが少なければ表情や振る舞いにも余裕が出てきて、結果的に人間関係もうまくいったりするものですよ。

 

 

こちらは昨今のネット文化。

当てはまる部分もあります。

無理にキャラクターを作ってしまう。

疲れ疲弊して退場する人もいらっしゃいます。

 

心が疲れない。

ストレスにならない。

この辺りは本当に大切です。

 

自分のキャラの定着。

いい意味での自分探し。

自分について紙に書き出してみる。

疲れない自分を探すのは有りだと思います。

 

 

(P.102) 朝活に限らず、「周りがやっているから、自分もそれに合わせなければ」という理由で始めると、ストレスが生じやすいもの。自分のペースを大切にしながら、朝時間を無理なく過ごすのがおすすめです。

 

 

著者である米山彩香さん。

仰ることと似てること私も言います。

 

朝活が悪いわけではない。

周りに流されないが大切だと思います。

 

極論を言うと夜活でもいいわけです。

自分がやりやすいリズムを刻んでいく。

成果や結果を出しやすい環境や状況をつくる。

結局の所で大切な部分はここですからね。

 

朝活でストレスが生じてしまう。

これだと元も子もないと思うんです。

朝活が有益だったりリズムになる人はOK。

合わない人は合わない人で考えるといいよって話になります。

 

 

【働くオトナ女子のためのゆるっと習慣-毎日のモヤモヤ プチストレスが すーっと消える】

 

 

・視点変更になる考え方が満載

 

 

【新刊】 米山彩香の働くオトナ女子のためのゆるっと習慣でした。

 

ゆるっと習慣。

周りに流されないと言う部分。

自分のリズムを刻んでいくことの大切さ。

ゆるっとしつつ毎日コツコツ自分のペースでがんばりましょう。