【新刊】 先延ばし無くす 大平信孝のすぐ動ける人の週1ノート術

スポンサーリンク

・先延ばしにしてしまう人間心理

f:id:acutehappp:20210316121901j:plain

 

 

本書の週1ノート術。

私はメモアプリ。

Evernote(エバーノート)という有名メモアプリがございます。

こちらに1週間の総括を考えることがあります。

 

1週間の総括は色んな面があります。

1つは1週間を振り返ると言う部分。

もう1つは月曜日からの来週1週間をある程度は考えておく。

行動指針にする部分です。

 

その意味合いでも週1ノート術は気になりました。

著者である大平信孝さん。

どんな意味合いでの週1ノート術か気になって読んだ新刊です。

 

 

 

先が見えなくても、やる気が出なくても 「すぐ動ける人」の週1ノート術

 

 

 

書名:先が見えなくても、やる気が出なくても 「すぐ動ける人」の週1ノート術

著者:大平 信孝

出版社:PHP研究所

出版年:2021年1月28日

ページ数:224ページ

 

 

先延ばしがなくなる。

たった1つの習慣。

人間ついつい先延ばしをしてしまいます。

それを無くすノート術を新刊から学んでいきましょう。

 

 

 

・本書は1冊のノートで悩みすぎ状態から抜け出し即断即決できるようになる本

 

 

(はじめに) 本書は1冊のノートで悩みすぎ状態から抜け出し即断即決できるようになる本。 

 

 

 

【目次】


はじめに

 

第1章:不安があっても行動できる――その正体と対処法


第2章:行動の量を増やす「仮決め仮行動」


第3章:行動の質を上げる「軌道修正」


第4章:「ウィークリーノート」で行動力を高める


第5章:ウィークリーノートで人生が好転した3人の実例


第6章:ウィークリーノートを楽に続けていくコツ


おわりに

 

 

 

本書の目次と概要でございます。

気になるタイトルが並びますね。

行動の量を増やす。

行動の質を上げる。

 

私としても気になります。

むしろ、もっと意識しなければです。

本書を参考にしながら読ませていただきました。

 

 

(P.17) 「不安だから、行動しない」という思考パターンから抜け出せず、状況待ち、正解待ち、条件待ちをしていると、それだけで半年、1年とあっという間に時間が過ぎてしまいます。

 

 

仰る通りだし肝に銘じる言葉。

この3つがスパイスあります。

 

状況待ち

正解待ち

条件待ち

 

ここを捨てて行動していく。

本当に大切なことだと感じます。

 

 

(P.21) これからの激変の数年間は、出口も見つけにくいし、正解も見えにくいし、正解だったはずのものが一瞬で逆になるということが起こります。だからこそ、一人ひとりが自分の頭で考え、自分の心の声に素直に耳を傾けることが大事です。さらに、情報を一方的に収集するだけでなく、取捨選択し、分析し、仮設を立て、行動していくことが必要になります。

 

 

仰る通りです。

人生に行き詰まり感がある。

焦燥感がある。

先日ツイートしました。

 

これは悲観的な意味合いは無い。

自覚していることでもあります。

なかなか打開策が見つからず迷う部分。

激動の時代ならではだと思っています。

 

あんまり正解不正解で考えすぎない。

自分がどこを目指していき上手くいくのか。

情報を取捨選択しつつ自分に活かして行く。

仮説検証をしっかりして行動していきたいです。

 

 

(P.71) 不安で行動できない方というのは、行動する前の「決断」ができずに止まってしまっているのです。もちろん、適切な判断をするための材料が揃っていない場合もありますが、たとえ判断材料が揃ったとしても、なかなか決められないのです。いずれにしても、「決断」のところで止まってしまい行動まで行きつかないので、成果が出ることはありません。

 

 

行動まで上手く動いていく。

行動を継続していく。

そして成果に繋げていく。

そこまで考えると繋がらない人も多いかもしれません。

 

とは言え不安で行動できない。

縮こまってしまう。

それよりは動いた方がいいでしょう。

「結果」と言う成果は出ていますからね。

 

 

(P.81) 結局、「自分で決める」と自信が育つのです。思うような成果が出ても出なくても、「自分で決めているかどうか」で、自己肯定感が上がるか下がるかが決まるのです。自己肯定感が高い方に共通していることがあります。それは、「仮決め仮行動」しているということ。

 

 

動けないままより動いた方がいい。

それを踏まえるとこちらのスタンス。

本当に大切なことだと思います。

 

結果や成果と言う部分も勿論あります。

それ以上に動いてみると気づく部分。

動くことによって結果が出て感じることがある。

仮決め仮行動するメリットは考える以上に大きいです。

 

 

【先が見えなくても、やる気が出なくても 「すぐ動ける人」の週1ノート術】

先が見えなくても、やる気が出なくても 「すぐ動ける人」の週1ノート術

先が見えなくても、やる気が出なくても 「すぐ動ける人」の週1ノート術

  • 作者:大平 信孝
  • 発売日: 2021/01/28
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

 

・自分のことを俯瞰的に見るという視点

 

【新刊】 先延ばし無くす 大平信孝のすぐ動ける人の週1ノート術でした。

昨今は色んな情報がアチコチ飛び交う時代。

自分を俯瞰的に見れるのは大きいと思います。

 

週1くらいで自分のことを見る。

ノートに書いたりメモしたことを見直す。

こういう自分を客観視や俯瞰出来る人は強いと思います。

本書からも多くのことを学ぶことが出来ました。