【書評】個を磨く生き方 中野善壽のぜんぶ、すてれば

スポンサーリンク

・取捨選択の大切さ

f:id:acutehappp:20190602154803j:plain

 

 

ぜんぶ、すてればいい。

全部はさすがに出来ない人。

とは言え取捨選択が大切な時代。

理由としてはこちらになります。

 

選べることが多すぎる。

これは本当に有り難いこと。

しかし、選択肢で迷うのも現代人。

そして時間を失ってしまう人も多くいます。

 

いっそ、ぜんぶ、すてれば…。

その真髄を教えていただきましょう。

中野善壽さんの視点。

中野善壽さんの考え方を私の視点も含めての紹介です。

 

 

ぜんぶ、すてれば

 

 

書名:ぜんぶ、すてれば

著者:中野 善壽

出版社:ディスカヴァー・トゥエンティワン

出版年:2020年4月17日

ページ数:206ページ

 

 

個の時代で自立する生き方。

色んなことを惑わされる前にです。

自分軸というのを大切にしましょう。

私も人のことは言えませんが軸がだいぶ定まりました。

さらに個の力を磨くために本書を参考にしました。

 

 

・中野氏の言葉を短い言葉と文章にまとめ紹介

 

(P.5) 本書は、中野氏の話を聞くことにより浮かび上がった現代を前向きに、楽しみながら生きるためのヒントを短い言葉と文章にまとめ、紹介する。

 

 

目次は特にございません。

名言集と言うのが近いでしょうか。

中野善壽の言葉が散りばめられています。

ぜんぶすてるという選択。

見習いたいという部分もあり読ませていただきました。

 

 

(P.13) 「自分はそうは思わないんだけどな」とふと感じた”違和感”を大事にしてほしいと思います。周りと合わせないといけない、という全体主義・同調主義は危険です。あまりにその圧力が強いと、本当に危険な時に自分の判断で逃げ出すこともできなくなるし、全員揃って破滅の方向に行くリスクも高くなる。だから、抵抗心が芽生えたら、それを守り抜くようにしてほしいと思います。

 

 

仰る通りで自分の頭で考える。

ピンチや異変が起きたときにです。

みんなが動いていないから安心。

そのままで居たら危険な場合もございます。

常に自分の頭で考えることを大切にしましょう。

 

 

 

【ぜんぶ、すてれば】

ぜんぶ、すてれば

ぜんぶ、すてれば

  • 作者:中野 善壽
  • 発売日: 2020/04/17
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

 

・参考になる視点が多い書籍

 

【書評】個を磨く生き方 中野善壽のぜんぶ、すてればでした。

今回は短めの書評になりました。

 

それぞれ視点変更になるところ。

個を生きていくという視点。

今後の時代を踏まえて参考になる箇所が見つかるはずです。

最後まで読んでいただきましてありがとうございます。

 

いつブログを読んでくれて感謝です。

今後ともよろしくお願いします。