【書評】玉の輿にのれなかった崖っぷち女の逆転ルール公開

スポンサーリンク

・どうやってどん底から脱出できたのか

f:id:acutehappp:20200705175756j:plain

 

 

あむまです。

https://twitter.com/amuma0204

 

 

本書は玉の輿になるための書籍ではない。

そして婚活本でもございません。

自立して稼ぐためのマインドが書かれている書籍。

著者ならではの崖っぷちから脱出体験が書かれています。

 

男女関係なくマインドを注入することができます。

色んな人が書籍で人生のどん底エピソードを書かれています。

その当時はお先真っ暗で崖っぷちの気分。

暗闇を進んでいる気分でしょう。

 

しかし、脱出したからこそ書ける視点。

今、現在をもがいている人にはとても助かる視点と感じます。

書籍名からしてもインパクトがある本。

ユニークなタイトルですけど、中身はしっかりしていますよ。

 

 

玉の輿にのれなかった崖っぷち女が 年収1000万円になった 黄金の大逆転ルール

 

 

書名:玉の輿にのれなかった崖っぷち女が 年収1000万円になった 黄金の大逆転ルール

著者:伊藤宏美

出版社:すばる舎

出版年:2019年9月15日

ページ数:240ページ

 

 

自分を愛して稼ぐ。

そちらの方が100倍ハッピーになれる。

玉の輿は相手の方ですけど、自分で稼ぐ力。

これは自分に宿っているわけですから一生モノです。

自分を愛して稼ぐ方法を伝授していただきましょう。

 

 

・玉の輿にのりたかった著者がどうやって大逆転ホームランを打ち自分で年収1000万円となったのか?

 

 

(P.6-7) 玉の輿にのりたかった私がどうやって大逆転ホームランを打ち、自分で年収1000万円となったのか? そのルールをお伝えしているのが本書です。どこにでもいる普通の女の子が、結婚に必死で向かい、崖っぷちに追い込まれ、それでも幸せになることを目指していたら年収1000万円になった、イタくて笑える人生劇です。大丈夫、私にもできました♡ 玉の輿より、自分で年収1000万円のほうがダンゼン簡単です♡

 

 

【目次】


はじめに

 

Prologue:お金持ちにしてもらいたかった! ~玉の輿にのれなかった崖っぷち女の赤裸々人生記

 

Chapter1:玉の輿にのれなかった崖っぷち女は、「価値ある私」を取り戻す!

 

Chapter2:玉の輿にのれなかった崖っぷち女は、自分を最強のパートナーにして、愛されプリンセスに変わる!

 

Chapter3:玉の輿にのれなかった崖っぷち女でも、「賢く可愛いお金持ち」になれた秘密

 

Chapter4:玉の輿にのれなかった崖っぷち女は、ファンに愛されて最高の幸せを手にする!

 

おわりに

 

 

本書の概要と目次でございます。

玉の輿のオンパレード。

しかし、「玉の輿にのれなかった」の方です。

しかも崖っぷち女という有様になります。

 

ということで今一度ですが、本書は婚活本ではございません。

それに玉の輿に乗る方法でもございません。

自立して稼ぐためのマインドを教えてくれる書籍。

どのような視点で大逆転ホームランを打ったか教えていただきましょう。

 

 

(P.22-23) 一目でわかりました。全身アルマーニ!! 隣の席だったので、セミナー中たくさん会話をし、いろんなアピールをしましたが、彼から言われたセリフは”プロポーズ”とはまったく無縁の言葉……。
「自立をしなさい」
たった一言のセリフ。でもこれが、私の人生を変えました。私は、男性にどっぷり依存することを人生の目的にしていたことに、はじめて気がついたのです。いったい本当は何がしたかったのか……、自分を見失っていたのです。

 

 

玉の輿にのろうとしてたときのエピソード。

お金持ちにガツーンと言われて目が覚めた。

今となっては微笑ましいエピソードかもしれません。

ここから著者である伊藤宏美さんの真の自立。

自分を愛して稼ぐ方法がスタートしていきます。

 

 

(P.33-34) 人の第一印象は外見で決まりますが、「この人と長く一緒にいたい」という気持ちや、「このひとを信じたい」などの思いは、間違いなく内面から湧き出るオーラで決まります。ですので、本当に自分らしく幸せに生きるスタートは、「私には(この世にいる)価値がある!」 これをまず、心から強く思うことです。「自分の価値を認める」ことは、どんな自分も受け入れることです。成功も失敗も幸せも不幸も、全部愛すべき経験だと思えるようになることから始まるのです。

 

 

私の2020年のテーマは自愛です。

自愛は自分に気づくということ。

落ち込んだり責めたりする自分が無くなるわけではない。

だって、にんげんだものですから。

 

そこにいち早く気づいてあげる。

「うんうん、わかるよ」と強く思う。

そういう意味でも自分で自分を包み込む。

どんな経験も愛すべき経験という視点わかります。

 

 

(P.47) 褒めるといっても、お世辞を言い合うのではなく、本心で褒め合い、語り合えることが重要です。そしてあなたと同じように、一生懸命未来を変えようと努力している人や仲間と「時と場所」を共有しましょう。本で勉強するのも大切ですが、一人でモンモンと家に閉じこもっても現実は変わりません。あなたを客観的に見て刺激をくれる人や仲間と一緒にいると、新しい自分を発見することができます。

 

 

外に出ましょうと言う話です。

私は別の視点も書いておきます。

こちらはネットの世界でも同じだと感じます。

 

「類は友を呼ぶ」

 

使い古された言葉。

しかし、ネットで意識している人は少ないんじゃないでしょうか。

ネットは自分から環境を選ぶことができる。

そして場所によっては作ることできるので意識するの大切です。

 

 

(P.58) ポイントは、自分の感情と、プロセスにも注目することです。そもそも自然と熱中できてしまうものこそが「強み」なのです。だってそれをあなたは自然にできていても、他の人から見たらできないこともあるからです。これが大事! 恥ずかしい話ではありますが、私の玉の輿を追いかけて必死で行動していたことはある意味「強み」なんです。

 

 

強みと聞くとついつい探しがち。

でも今やっていることが強みになる。

私の場合は自然体でずっと没頭できる。

 

ブログ、Twitter、ライブ配信。

特にツイッターに関しては5時間以上見てても疲れない。

普通に楽しいコンテンツなのでツイッター疲れとは無縁です。

だからこそフォロワー10000人以上の万垢になってるのもあるかもしれません。

 

 

【玉の輿にのれなかった崖っぷち女が 年収1000万円になった 黄金の大逆転ルール】

 

 

・大逆転ルールで私も満塁大逆転ホームランを打つぞ

 

【書評】玉の輿にのれなかった崖っぷち女の逆転ルール公開でした。

本書の視点で私も日頃から意識していること。

徹底的に磨いている部分もあります。

しかし、疎かになっている部分などにも気づかせていただきました。

本書の知見を参考にしつつ私も満塁大逆転ホームランを打つ勢いでいきます。