苦手を生み出すのは自分 人間関係が楽になるアドラーの教え

スポンサーリンク

・人間関係についての学び

f:id:acutehappp:20200630152823j:plain

 

 

あむまです。

https://twitter.com/amuma0204

 

 

日常生活を生きる上でです。

1番のネックが人間関係。

人間関係の悩みは付きないと思います。

 

当たり前の話で人は1人では生きていけません。

今なら例え孤独だったとしてもネットに入ったらです。

そこでも人間関係を考える出来事は起きてきます。

そのときに私が大切だと思うこと。

 

客観的に見る視点。

1つの考え方に凝り固まらず多様な視点で見る。

見方を変えたら出来事も変わるかもしれません。

人間、何にしても色眼鏡で見る部分もあります。

本書のような知見が入ってると楽になるはずです。

 

 

人間関係が楽になるアドラーの教え

 

 

書名:人間関係が楽になるアドラーの教え

著者:岩井俊憲

出版社:大和書房

出版年:2014年9月14日

ページ数:216ページ

 

 

最近の私はアドラーを勉強中。

再勉強と言えるほど知識は無いので勉強中です。

それも踏まえ少し前の書籍ですが今回の書評になります。

苦手な人はあなた自身が生み出している。

アドラー心理学を30年間伝えてきた人からご教授いただきましょう。

 

 

・この本は「人間関係を楽にする方法」をあなたに提供

 

(P.4) この本は、「人間関係を楽にする方法」をあなたに提供します。お手に取って読んで、実践してみてください。確実にあなたの人間関係が変わり、さらには、あなたの人生が一変するきっかけになる本です。

 

 

【目次】


はじめに

 

第1章:人間関係は、自分の力で変えられる

 

第2章:良い人間関係は、「勇気」から始まる

 

第3章:人間関係をこじらせない「感情」のルール

 

第4章:心の距離を縮めるアドラー流コミュニケーション

 

第5章:「習慣づけ」で、揺るがない関係を築く

 

おわりに

 

 

本書の概要と目次です。

人間として生きていたらになります。

 

「人間関係」

 

これは切っても切り離せません。

仙人になって山に引きこもりたい人も少ないでしょう。

少しでも人間関係を改善していける。

少しでも人間関係に悩まない視点を持てるようになる。

本書は人間関係について参考になる視点が満載です。

 

 

(P.17-18) アドラー心理学では、「自分の行動を決めるのは、自分自身」という「自己決定性」というものを唱えています。どんなに同じ状況でも、どのような相手であろうとも、まずは自分が「これからどうしたいのか」を選べるのです。相手も関係も環境も変えられなくても、自分だけは自らの力で変えられます。そして、自分を変えていくことで、行き詰まっていた人間関係自体も変化していくのです。

 

 

仰る通りの視点になります。

相手を変えるよりも自分自身を変えていく。

自分の足で着実に一歩ずつ変わっていく。

その変化は辛いものは辛いです。

 

ただ、考え方を変えるだけ。

これは堂々巡りになる場合も多い。

それなら「行動」を変えていくという視点。

私も行動重視で今までと変化した行動を取ることもあります。

 

 

(P.19) アドラー心理学では、こういう主観的なものの見方を「認知論」という言葉で説明しています。「認知論」とは、「人間は、たとえ同じものを見たり聞いたりしても、人によって、それらの受け止め方が大きく違う」という考え方です。なので、私たちは、たとえ同じ人と出会っても、「感じのよい人だな」と思う人もいれば、「イヤミな人だ」と思う人もいるのです。

 

 

100人中100人に好かれるのは無理。

人それぞれの色眼鏡あるから仕方ないです。

アドラー心理学では認知論と言うんですね。

 

どうしても主観的に見てしまう。

いくら客観的に見る視点を勉強してもです。

私だって苦手な感じを受けることあります。

人それぞれ考え方が違うので自分が思われても慎重にです。

 

 

(P.26) 私たちが悩みを持つと、「基本的な誤り」が悪さをして、正常な判断力を失わせます。本当は自分に好意を持っている人もいるのに、すっかり見落としてしまうのです。実際は、世の中には苦手な人ばかりなどということは決してありません。苦手な人もいるというだけです。

 

 

苦手な人の言葉。

どうしても強く感じてしまう。

そこで基本的な誤りが発生してしまう。

ネットの場合だとそのままやめられてしまう人もいます。

 

視点として大切なのは世の中は苦手な人ばかりでは無い。

応援してくれたり、あなたを大好きな人だって多い。

その視点をしっかり頭の中に入れておく。

苦手に頭が支配されているときほど肝に銘じましょう。

 

 

(P.46-47) 人から嫌われたとしても、それは自分ではコントロールできないことなのだから、あるがままに認めましょう。たとえ苦手な人がいたとしても、苦手な人を克服できない自分を責めてはいけません。人から嫌われる自分を受け入れればいいだけです。みんなに好かれている、というのは幻想です。同じように、みんなから嫌われているというのも妄想にすぎません。だから、好かれることに執着しなくても大丈夫です。自分に好意を持ってくれる人もいれば、嫌う人もいるというだけのことなのです。

 

 

真っ只中の最中。

嫌われてしまったと思うとです。

なかなかこの考え方にはたどり着きません。

だからこそ普段から視点を意識して持っておく。

 

「みんなから嫌われていると思うのは妄想」

「嫌う人もいるというだけのこと」

 

大切な視点じゃないでしょうか。

私も動いていたらいろいろなことが起きます。

そのときにとらわれを少しでも減らしていける視点。

アドラー心理学のエッセンスしっかり入れておきたいです。

 

 

【人間関係が楽になるアドラーの教え】

人間関係が楽になるアドラーの教え

人間関係が楽になるアドラーの教え

  • 作者:岩井 俊憲
  • 発売日: 2014/09/14
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

 

・アドラー心理学の勉強中

 

苦手を生み出すのは自分 人間関係が楽になるアドラーの教えでした。

アドラー心理学と言えばです。

大ベストセラーの嫌われる勇気が頭に思い浮かぶ人も多いと思います。

アドラー心理学に関しての書籍は多くあるので勉強していきたいです。