【新刊】著者の気づきや体験 松浦弥太郎のお金と仕事の育て方

スポンサーリンク

・お金への考え方と仕事への視点

f:id:acutehappp:20200407082031j:plain

 

あむまです。

あむま@ブログ6年継続×元祖ツイッターラジオ (@amuma0204)

 

何十年前に比べたら今の時代。

選択肢は山ほどあります。

しかし、その選択肢が多い。

だから、迷ってなかなか動けない。

そんな人もいるかもしれません。

 

ただ、違う視点で考えてみるとです。

多様な生き方をしている人が増えている。

その生き方を本やSNSを通じて知ることができる。

新しい生き方や仕事が見つかり生きがいを感じる。

ものは考えようですし私はそんな視点でいろいろ見ています。

 

本書は松浦弥太郎さんの実体験。

お金のことや仕事のこと。

「育て方」という言葉が本書にあります。

育てる意識や気づきをもらえる1冊です。

 

人生を豊かにしてくれる「お金」と「仕事」の育て方 (単行本)

 

書名:人生を豊かにしてくれる「お金」と「仕事」の育て方

著者:松浦弥太郎

出版社:祥伝社

出版年:2020年2月29日

ページ数:240ページ

 

信用は1番大切な資産。

感動することに投資する。

仕事は準備に時間を掛けるなどなど。

本書から心構えと言える気づきが得られるはずです。

 

・松浦弥太郎さんの気づき、学び、確かめたことの備忘録

 

(P.7) 本書では、僕がどのようにして基礎体力をつけてきたのか。どのようにして待つための強さを身につけてきたのか。そして、ビジネスにおいて、体力と同じくらいに大切な情報を、どのようにして手にしてきたのか(情報とは経験である)。そこで気づいたことや学んだこと、確かめたことを自分にとっての備忘録のように書きました。

 

【目次】


はじめに

 

第一章:お金と時間に詳しくなる

 

第二章:日々、お金を上手に使う

 

第三章:投資、運用……資産の増やし方

 

第四章:人生を豊かにする仕事とは

 

本書の概要と目次になります。

「待つ」ということ。

リアルに限らずインターネットもです。

時には待つという姿勢も大切。

 

種を蒔いてすぐには収穫できません。

当ブログも1ヵ月ブログ記事を書き続ける。

そこからどんどん人気ブログに育ちました。

私が1ヵ月で辞めていたら6年継続してる今のブログはございません。

本書から松浦弥太郎さんの気づき教えていただきましょう。

 

(P.17) 旅に出る時も同じで、心身ともにリラックスしたいなら、それに向いているのはどこかをしっかり考えます。リラックスすることで、健康を維持できたり、旅から戻って精力的に仕事ができたりすれば、十分リターンがあるのです。時には、旅先で得た経験をもとにビジネスを始めることもあるでしょうし、旅先で思わぬ人と知り合い、そこからチャンスが広がることもあるでしょう。いずれにせよ、お金を使うことで経験や未来の可能性が得られるということです。

 

旅にお金を使用するという話。

私の中ではとても納得の視点。

色んなことが記憶の中にあります。

その中で1番と言って良い出来事。

 

青春18きっぷ使用で東京に行った。

6時間半かけて出かけた経験です。

今でも印象大で残っている出来事になります。

旅はこれから先もお金を使用したいことの1つです。

 

(P.23) 時間のリターンはいつも確実に入るものではありません。期待通りに事が運ばず、結果としてムダにしてしまう時間もあります。それはお金の運用と同じです。うまくいくこともあれば、いかないこともあります。リターンを意識することは必要ですが、「リターンが得られないのではないか」と失敗を恐れるあまり、臆病にならないようにしてください。もしムダな時間を過ごしてしまったとしても、後悔するより、それをどう生かすかを考えましょう。

 

大切な視点です。

時間のリターンばかり考えてしまう。

これは楽しいことが出来なくなってしまいます。

自分の中の強迫観念にもなり得ます。

 

時にはリターン度外視で楽しんでみる。

それが結果的に何かに繋がるかもしれません。

現代は選択肢も多いのでムダがムダじゃない視点もあります。

後悔するより生かすことを考えてみるのもいいですね。

 

(P.27) お金を一回だけいい使い方をしても、時間を一時間だけいい使い方をしても何も起こりませんが、いいお金の使い方をじっくりと何度も何度も続ける。いい時間の使い方をじっくりと何度も何度も続けると、絶対に結果が出ます。結果を急がないことです。物事にはしっかりと時間がかかります。

 

時間を大切にするのはいいことです。

でも焦りすぎない視点も大切。

効率を求めすぎてしまう。

結果を焦りすぎてしまう。

 

止めてしまう人も多いです。

もしかしたら後少しで芽が出たかもしれないのに…。

物事にはしっかりと時間がかかる。

継続してじっくり待つ視点も大切にしましょう。

 

(P.51) 何事も大切なのは、自分を信じてチャレンジを続けることです。最初から良い結果など出るわけがありません。それでもいつか自分にもできると信じて、あきらめずに学び続けることで結果がついてきます。この結果は、苦手だったスポーツにチャレンジした勇気と、できない自分を、いつかできると信じ続けて、あきらめなかったことによって生まれたものです。どんな世界においても、コツコツと学び続け、あきらめなかった人が大きなリターンを手にします。

 

当ブログも運営歴6年。

毎日コツコツ継続もここまで来ました。

土台としてはあきらめていない。

野心家ということが強いです。

 

文章も音声もになります。

自己実現をしていく。

自分自身が何者かになってやるんだという気持ち。

今でも強いのでチャレンジを継続しています。

これからもやるだけなのでよろしくお願いします。

 

【人生を豊かにしてくれる「お金」と「仕事」の育て方】

 

 

・「育てる」という視点

【新刊】著者の気づきや体験 松浦弥太郎のお金と仕事の育て方でした。

時間は有限という視点はもちろん大切。

それと同時にムダをムダと思わない視点。

すぐには収穫できませんし楽しむや育てることも大切にする視点。

これからの時代はこちらも重要になると私は思っています。