【新刊】 小池浩のドSの宇宙さんが教えてくれたお金の取扱説明書

スポンサーリンク

・最新刊はお金の秘密

 

 

借金2000万円を抱えた僕にドSの宇宙さんが教えてくれた。

最初に見たときにインパクトある書名。

気になりすぐに読んだことが懐かしいです。

 

シリーズ最初の本になります。

そこからかなりの年月が経ったかと思います。

当ブログで過去に私は座右の書として紹介。

今でも変わらず何度か読み返しています。

 

今回はお金の取扱説明書です。

小池浩さんのお金への考え方。

今までいろいろ乗り越えてきたからこその実体験。

本書もとても参考になりました。

 

 

 

借金2000万円を抱えた僕にドSの宇宙さんが教えてくれた お金の取扱説明書

 

 

 

書名:借金2000万円を抱えた僕にドSの宇宙さんが教えてくれた お金の取扱説明書

 

著者:小池 浩

 

出版社:サンマーク出版

 

出版年:2021年4月13日

 

ページ数:224ページ

 

 

 

お金を笑わせろ!

いいか、ヤツには性格も意思もある。

金運を爆上げする誰もやらなかった超秘策!

内容がどのようになっているか読む前からワクワクします。

今回の新刊も楽しく読みつつ学びました。

 

 

 

・お金の価値観が変わる視点がいっぱい

 

 

(はじめに) 今回の本は、ハワイが舞台です。大好きな常夏の島! 宇宙には、ここではない別の宇宙に、あなたの別の人生が複数あるんです。僕の「別の宇宙」には、借金返済できず、孤独な僕もいて、結局、どの自分を生きるのかは、自分で決めているんですよ。そう、このお話は、僕コイケの、別の宇宙のお話。さぁ、とっておきのお金物語のはじまりはじまり~。(ハワイ、早く行きたいなぁ!)

 

 

 

登場人物紹介

 

プロローグ

 

第1章:お金を崇めてたてまつるな!

 

第2章:お金には「城」と「思い出」を与えろ!

 

第3章:堂々とお金を招き行動しろ!

 

第4章:お金が「笑う」使い方をしろ!

 

第5章:お金の呪いを解いてやれ!

 

エピローグ

 

あとがき

 

 

本書の概要と目次になります。

今回の新キャラクターです。

 

ブータンがいます。

ブタの貯金箱の姿をした、お金たちを司る神様。

お金の神様になっています。

 

今回はお金劇場として進んでいく。

1章から5章の章タイトルも気になる。

章ごとのタイトルもさらに気になることが書かれています。

今回も楽しくお金の勉強をしつつの書評をさせていただきます。

 

 

 

(P.39-40) お金がないことは、幸せな人生を選ばないことの理由にはなりえない。そう腹落ちした僕でしたが、逆から見れば、こうも言うことができます。幸せな人生をあきらめているからこそ、お金が入ってこなかった、ってね。ものごとは逆から見ると答えが見えてくることがありますから。あなたはあなたの宇宙と「人生さん」の最高責任者、CEOであり、マネージャーです。幸せな人生さんをたぐり寄せるために、今踏み出せる一歩は何ですか。借金がいくらあったって、今仕事が立ち行かなくたって、それがどうした! 僕は必ず幸せになってみせる! 僕が僕を、絶対幸せにしてみせる! だから大丈夫だ! ……そんな大前提で、お金に向き合うこと。

 

 

読んでいて元気がもらえます。

自分自身の視点変更にもなります。

お金が無いって言うのは1番の言い訳になってしまう。

それに事実として無いもんは無いからとも思えてしまう。

 

逆の視点って言うのが確かにだと感じます。

 

「幸せな人生をあきらめているからこそお金が入ってこなかった」

 

お金が入ってこない。

段々と生活レベルが下がっていく。

やりたいことも出来ない状況が続く。

幸せな人生をあきらめてしまう自分がいる。

 

負の連鎖と言いますかの部分。

陥っていくと思うんですよね。

だからこそ、幸せな人生を諦めている状態。

ここをまずは意識的に変化させていくの大切ですね。

 

 

(P.58) 「お金に愛されるための習慣」とか「お金に好かれる人の条件」ってフレーズ、よくありますよね。でも僕の感覚だと、あくまでも、お金と自分とは対等関係。本来、お金の愛とは一方的に「乞う」ものでも「喜んでもらう」ものでもありません。自分からお金に声をかけ、尊重し、心から愛す。何なら、驚かせて、楽しませて、笑わせる。そんな能動的な「愛し方」が、金運を上げることにつながります。お金に人格も意思もある以上、彼らは一緒に夢をかなえてくれる、大切なパートナーのひとりですからね。

 

 

書評カテゴリー。

お金への考え方として書評しています。

今まで沢山のマネーリテラシーが身につく書籍。

ビジネスからスピリチュアルまで多く書評しています。

 

乞う系や喜ばせる系も書評しているはずです。

お金に愛される人の習慣。

お金に好かれる人の条件。

この辺りは特によく言われている印象。

 

しかし、小池浩さんから言わせるとです。

お金と自分とは対等関係。

能動的な愛し方が金運を上げることに繋がる。

そういう心持ちでいるようにしたいと感じました。

 

 

(P.87) お金に苦しめられていると思っている人の多くは、お金に愛情を注ぐことができなくなっています。自分を苦しめているものに対して「ありがとう」が言えず、「お金って本当にいいよね」なんて思えない。でも、お金への愛は能動的なもの。自分から声をかけ、自分から愛する。僕が普段お伝えしている「先払いの法則」も当てはまりますね。まずは、自分のほうから、愛を見つけて感謝すること。小さなことでいいので、お金によって助けられていること、お金によって受けている恩恵のほうに目を向けてみてほしいのです。

 

 

お金が無いときです。

どうしてもネガティブな感情が強い。

お金に対して良いイメージが持てなくなります。

だからこそ小池浩さんの視点は勇気がもらえます。

 

お金っていいよね~。

支払いなどで苦しんでいてもまずは支払えた。

そのときにきっちりとお金に感謝する。

小さなことからポジティブに持っていくこと大事。

私も意識的になっていこうと決意が固まりました。

 

 

(P.109) お金に対していつも「お金には痛い目に遭うんだよなあ」「どうせ僕のところには来てくれないんだよなあ」と、不信感でいっぱいだと「ああ、この人は僕のことを信頼してくれていないんだなあ」とお金が感じてしまいます。それではお金本来の力を発揮できません。お金がある人というのは、お金が入ってくるようになって心配がなくなったからお金を信頼しているわけではなく、その逆ってことですね。自分の人生さんとお金を信頼し、愛しているからこそ、お金が入ってくるようになり、よりいっそうお金への信頼を積み重ね、自分の人生さんが豊かになっていく……僕はそう思っています。

 

 

自分のことを言い当てられたみたいです…(汗)

 

お金さんへの信頼

人生さんへの信頼

 

この2つは信頼できていない。

自信を持って信頼しているとは宣言できませんね…。

自分の人生さんとお金さんをもっと信頼する。

不信感の思考が出てきたときに矯正していきたいです。

 

 

【借金2000万円を抱えた僕にドSの宇宙さんが教えてくれた お金の取扱説明書】

 

 

・習い性からの思考からの脱却

 

 

【新刊】 小池浩のドSの宇宙さんが教えてくれたお金の取扱説明書でした。

 

ドSの宇宙さんが教えてくれたお金のうまくいく口ぐせ。

こちらを何度も読んでいる話を冒頭で書きました。

人間と言うのは思考回路が元に戻ってしまうと言う部分。

昔からの習慣的な思考を時間を掛けて矯正していくと言う部分。

 

本書を読んでみて改めて覚悟が定まりました。

ドSの宇宙さんに怒られてるイメージもいいかもしれません(笑)

小池浩さんのような思考で物事を考える方が何よりも楽しそう。

私としても挫けずにチャレンジしていこうと思えることが見つかりました。