【座右の書】ポジティブアクション 金持ちトーク貧乏トーク

スポンサーリンク

☆ポジティブシンキングではなくポジティブアクション

f:id:acutehappp:20171113160808j:plain

 

お金を連想させるタイトル。

お金が色濃いと思われる本。

そういう本は紹介しないようにと思っています。

ただ、その中に例外もあります。

ところどころで例外と思う本を紹介しています。

 

今回の書名は金持ちトーク貧乏トーク。

タイトル的にはお金を連想すると思います。

しかしながら、それだけではございません。

この本から学べるマインド的なこと。

別にお金持ちになろうと思っていない人にも参考になる部分。

明日から使える考え方という部分では絶対に参考になると思います。

 

金持ちトーク貧乏トークの紹介前に。

著者の野口敏さん。

誰とでも15分以上会話がとぎれない話し方。

こちらの本もベストセラーな有名な人です。

本を読む人ならタイトルを聞いたことがある人。

あの話し方の人の本かと思っていただけるかもしれません。

 

ベストセラー本に比べたら今回の金持ちトーク貧乏トーク。

野口敏さんの本でも少しマイナー本かもしれません。

マイナー本かもしれませんけど、私にとっての座右の書。

5回以上は読んでいる何回も読み直したい本です。

ということで、私の大好きな本の紹介をしていきます。

 

 

書名:金持ちトーク貧乏トーク 無限の富を生み出す話し方、ドンドン貧乏になる話し方

著者:野口敏

出版社:経済界

出版年:2013年12月14日

ページ数:213ページ。

 

今回の本は分類で言えば自己啓発。

人生訓を含めた本。

それでいて、野口敏さんの自伝本要素もあります。

野口敏さんの紆余曲折を経てのことが書かれています。

順風満帆でベストセラー本を出版したわけではないのです。

そういう部分も含めて楽しく読める本を今回は紹介です。

 

☆【座右の書】ポジティブアクション 金持ちトーク貧乏トーク

 

まえがき
第1章
金持ちになる人=感じのいい人
貧乏で終わる人=感じの悪い人
第2章
「いつでも稼げる人」の話し方
「永久に貧乏な人」の話し方
第3章
ミリオネア・コミュニケーション
凡人・コミュニケーション
第4章
説明上手は金持ちに
説明下手は貧乏に
第5章
×ポジティブシンキング
〇ポジティブアクション
第6章
「質問する人」は金持ちになり
「自分の話をする人」は貧乏になる
第7章
成功者がこっそり明かす!
稼ぐ力がつく「金持ちトーク」の極意

 

(P.4-5) 倒れそうになるまで働くのは貧乏な人のほうです。要は力の入れどころを知ること。
考える方法、行動の仕方、付き合う人間、出かける場所、興味を持つもの……それぞれに独特のコツがあって、それさえ知れば、あなたもお金持ちへのルートに乗ることができます。

 

目次と解説となりえる文章の引用です。

野口敏さんの自叙伝的な部分も多く含まれています。

絶体絶命な状況からの好転。

ネガティブ思考の野口敏さんでも人生は変わった。

ネガティブをポジティブに無理にしなくてもいいんだよ。

そういうことも多く書かれています。

そして、少し厳し目のことも書かれているので甘くもありません。

お金持ちになりたい人。今の収入より収入をあげたい人。

人生を変えていきたい人には必読の内容です。

 

(P.36-37) あなたが温かな気持ちで挨拶をした、思いやりの気持ちで席を譲った。それが重要だと意識を変えます。あなたは温かな気持ちで行動し、自分にその気持ちを贈った。気分がとても良かった。それでOKなんだと考えてみて下さい。
それはごまかしではなく、ほんとうに、自分をいい気分にしてくれて、あなたの未来に良い影響を与えます。もちろんあなたには、とても温かな雰囲気が醸し出されてくるでしょう。
あなたの行動に相手がどんな態度を取るのかは、相手の仕事です。あなたにはどうすることもできません。相手の態度にばかり目をやると、不安や恐ればかりが心を占領して、あなたの態度をぎこちないものにしてしまいますよ。

 

これはあるあるですよね。

冷たい態度であしらわれるともうやりたくなくなる。

電車などで席を譲ったことがある人。

そういう人で1度でも拒否されたら2度とできなくなる。

それだけ相手からの拒否って意識しちゃうと思います。

そういうときは気持ちを相手から自分へ。

自分がしたことだけを見ることを勧めています。

相手の態度ばかり目をやると不安や怖れがでますもんね。

 

(P.64) 読者のあなたは、まさか相手が弱い立場だからと言って暴言を吐くなどということはしないでしょうが、もし自分の仕事がうまくいかないことや収入が増えないことを誰かのせいにし、心の中で責めているのなら、その気持ちもあなたの人生のブレーキとなっていることを自覚して頂きたいです。
人生で起こるすべては自分が原因である。このことを理解し、今までと違う選択ができるようになれば、あなたの人生は急に軽さを増し、裕福と幸福のルートに乗ることができるでしょう。

 

すべては自己責任。

自己責任論ですね。

他人ではなく自分がどうするか。

自分が原因としっかり考えることがより良い人生の幕開け。

 

(P.100) 説明上手はすぐに行動を見つけ、それを実行し、修正し、また再チャレンジする。だからすぐに成果が生まれる。仕事ができるはずですね。もちろん稼ぎも凡人のそれとは桁が違うことは当然でしょう。
収入を増やしたければ、常に結論を具体的にする意識を持ってみましょう。するとあなたの行動にスピードがつきはじめます。行動が迅速になれば、稼ぐ力も自ずと力強くなって行きますよ。

 

俗に言うPDCAサイクル。

PDCAサイクルの考え方じゃないでしょうか。

実行して原因を見つけ改善して行動する。

とにかくこのサイクルで行動していく。

言葉にするのは簡単でも意識しないとなかなかできないこと。

私もまだ勉強中であり改善中の身でもあります。

ただ、稼ぐ力も自ずと力強くなっていくと聞くとモチベ上がりますね。

 

(P.128) 結論が具体的になったら、次は行動を起こすことです。稼ぐ人の最大の特徴は、やると決めたら次の瞬間に動き出していること。稼ぐ人と貧しい人の違いはまさにこれに極まると言っていいでしょう。
私が出会ったミリオネアたちは、必ずしもポジティブではありませんでした。かえってネガティブな方が多いような記憶があります。ただどの方も行動は速い。私はそれを称して「ポジティブアクション」と名付けています。

 

(P.149) どうすれば無意識の世界を変えることができるのか。それは思考を変えようとせず、行動を変えることだと私は思っています。ネガティブな私がどうやって苦境を乗り越え、人生を変えることができたのか。それはポジティブシンキングではなく、ポジティブアクションと呼ぶべきものでした。もちろん誰にでも実行可能な方法です。

 

本書の1番の肝。

私的に1番の重要部分だと思っています。

それが、ポジティブアクションという言葉。

気持ちはネガティブでもいいから行動しろです。

このポジティブアクションについては本書のエピソード。

ポジティブシンキングの人の末路。

ポジティブアクションの野口敏さんの人生の変化。

ここを読んでいただくとより良く理解していただけると思います。

 

ポジティブアクションはすごくいいと思います。

私もどちらかというとネガティブ。

ポジティブシンキングは意識しても身につきません。

だから、初めて野口敏さんのポジティブアクションという言葉。

ポジティブアクションという概念に出会ったときにこれだと思いました。

気持ちはネガティブでも行動する。

迅速な行動はこれからも心がけていきたいです。

 

【金持ちトーク貧乏トーク 無限の富を生み出す話し方、ドンドン貧乏になる話し方】

 

☆まとめ

金持ちトーク貧乏トーク 無限の富を生み出す話し方、ドンドン貧乏になる話し方。

野口敏の本を読んだ読書感想文でした。

読書感想文。書評での座右の書。

年数は経っているけど、私的に何度も読み直している本。

そういう良書はどんどん紹介していこうと思っています。

最初にも書いた通りで野口敏さんは世間では話し方の人の印象が強いです。

ですけど、私としては「ポジティブアクション」の人という印象です。

それくらいポジティブアクションということに衝撃を受けた1冊でもあります。