不思議の国のアラモード

新商品を中心とした食レポや習慣を中心とした読んだ本の感想を書いてます

あなたはどっち? DaiGoのネガティブな人ほど運がいい! ?

スポンサーリンク

☆ネガティブな人ほど運がいいとは

f:id:acutehappp:20180410155504j:plain

 

AMUMA(AMUMA (@amuma0204))です。

当ブログは「メンタリストDaiGo」のカテゴリーがあります。

こちらは私が大好きなメンタリストDaiGoさんの書籍を書評しています。

新旧問わずに書籍を書評しているカテゴリーです。

今のところは当ブログに合っている書籍を書評しています。

 

ここから、心理学が色濃い書籍やライティング本。

せっかくなので好きな本が多いので幅を広げて行く予定でもあります。

読んでいて書評していない本ってまだまだ多いんですよ。

今回の「ネガティブな人ほど運がいい! ?」もかなり前に読みました。

3回以上は読んでいる書籍だと思います。

 

ネガティブな人ほど運がいい! ?というタイトル。

書名というのはインパクトがある書名じゃないでしょうか。

「あなたはどっち?」とブログ記事タイトルに書きました。

こちらは後ほど種明かしをしたいと思います。

書評の前に1つ紹介したい書籍があります。

 

【運は操れる (望みどおりの人生を実現する最強の法則)】

運は操れる (望みどおりの人生を実現する最強の法則)

運は操れる (望みどおりの人生を実現する最強の法則)

 

 

2018年3月にマキノ出版から出版されたばかり。

メンタリストDaiGoさんの新刊になります。

今回、書評するネガティブな人ほど運がいい! ?です。

こちらはベストセラーズから2015年10月に出版された書籍。

つまりは2年半以上前の書籍になります。

 

メンタリストDaiGoさん曰く。

マキノ出版とベストセラーズと出版社は違います。

違いますが、ネガティブな人ほど運がいい! ?のパワーアップ版。

それが、運は操れるみたいです。

いろいろ見直して、運についてまた書いた書籍と仰っていました。

 

マキノ出版と言えば、スピリチュアル本が多い出版社。

それなのに科学的根拠を多めにスピリチュアルを否定。

よく出版OKしたよねという、そのようなおもしろい内容になっています。

(メンタリストDaiGoさんはスピリチュアル嫌いで有名ですw)

運は操れるの方も後々の書評予定です。

その前にそれより古い版のネガティブな人ほど運がいい! ?を紹介します。

 

ネガティブな人ほど運がいい! ?

 

書名:ネガティブな人ほど運がいい! ?

著者:メンタリストDaiGo

出版社:ベストセラーズ

出版年:2015年10月24日

ページ数:224ページ

 

メンタリストDaiGoさんの著書ではお馴染み。

メンタリストDaiGoさんが表紙なり帯などで本人が登場します。

私はメンタリストDaiGoさんのニコニコ生放送が大好きなわけです。

ただ、ネガティブな人ほど運がいい! ?を初めて読んだときは視聴していません。

これは、もしかしたらなので間違っているかもしれません。

 

私はメンタリストDaiGoさんの書籍を読んだことをきっかけにニコニコ生放送。

ニコ生のメンタリストDaiGoの「心理分析してみた!」を視聴するようになりました。

どの書籍の影響でチェックしてニコ生を見始めたかは忘れてしまいました。

ということで、本書を読み直してニコニコ生放送の記述がありました。

もしかしたら、この書籍がきっかけだったのかなってそんなことを少し思いました。

それでは、私が大好きなメンタリストDaiGoさんの書籍を紹介していきます。

 

☆あなたはどっち? DaiGoのネガティブな人ほど運がいい! ?

 

まえがき:この本をどうやって手にとったかで、なぜあなたの運がわかるのか?
第1章:「運」はコントロールできる!?
第2章:自分からみすみす運を手放す人の行動とは?
第3章:「運がいい人」のカンの鋭さの秘密
第4章:「運がいい人」がやっている意外な習慣
第5章:他人から上手に運をもらう方法

第6章:ネガティブな人ほど幸運のチャンスがある
第7章:最悪の事態からでも運はよくなる!
第8章:失敗からどう学ぶかで運は変わる
第9章:恋愛運と金銭運の事実、そっと教えます
あとがき:運がいい人は、てるてる坊主を作る前に、傘をかばんに入れる人

 

(P.6) 「運がいい」に目をとめた人は、自分で運を手に入れる能力があるのかもしれません。さらに自分の運を高めていく方法を学べます。「ネガティブな人」に注目してしまった人は、本書を読むことで運がいい方に目が向けられるようになります。ちょっとベタな言い方になってしまいますが、この本を手にとった時点であなたはとても「運がいい人」だと言うことができます。なぜなら、あなたはいまこの瞬間、幸運の入り口の扉の前に立っているからです。

 

ネガティブな人ほど運がいい! ?の目次です。

ブログタイトルの「あなたはどっち?」の答え合わせです。

まえがきに書かれているこちらの引用通りになります。

私はどちらに注目したかというと「ネガティブ」の方です。

皆さまは、

「運がいい」と「ネガティブ」

どちらの言葉に注目してしまったでしょうか。

どちらの人も本書を読んで運について知識を深められるのは一緒です。

 

(P.37-38) 人間の運に大数の法則が発動するなら、途中に山があろうが谷があろうと、最後はみんなプラスマイナスゼロ、イーブンになってもおかしくないのですが、人間の一生は大数の法則が当てはまるほど長くはありません。であれば、「●」の連続から脱するためには、あれこれたくさんのアクションを起こして、つまり試行回数を増やして「〇」を待つしかないわけです。

 

○○○○○○。

●●●●●●。

サイコロなどの数字でもいいかもしれません。

111111。

66666。

一方的に偏ってしまうことは珍しいとしてもありえること。

そういう事象に遭遇したことがある人は多いんじゃないでしょうか。

ただ、これは一時的な偏り。

1万回もやれば数字が○●や数字が散らばるというのは思えますよね。

 

ただ、だからと言って、人間の運になると少し違ってきます。

「私ってずっと運がいいんですよ~」

「私って運が悪いことばかり起きるんですよ~…」

幸運、幸運、幸運、幸運の幸運が続いている人。

逆に不運、不運、不運、不運でいつまで経っても不運続きで不運を嘆きたくなる人。

 

そういう人間の不運を嘆きたくなる人に向けて。

少しずつでも運が上がる考え方や方法が書かれているのが本書です。

方法と言うよりは「人間の運についての考え方」ですね。

私は本書で運について改められた部分が多いのでとても役立ちました。

 

(P.48) 私なら、その宝くじを買うお金で本を読んだり、なにかを勉強して資格を取るなどの自己投資のために使います。そしてそうやって得た知識や資格をビジネスに役立てます。宝くじを買う目的が夢ではなく「お金」であるとしたら、どっちがより確実にお金を生み出すかは、いまさら言うまでもないと思います。

 

宝くじが大好きな人。

宝くじは絶対に買うという人。

まだまだ多いんじゃないでしょうか。

宝くじについては私はアレコレ言うことはございません。

ただ、私もそのお金を自己投資に使用するというのはその通りだと思います。

 

【ムダにお金使うなら好きなこと DaiGoの好きをお金に変える心理学】

「好き」を「お金」に変える心理学

「好き」を「お金」に変える心理学

 

 

メンタリストDaiGoさんの書籍で大好き本。

「好き」を「お金」に変える心理学です。

自己投資に関してはこちらの本がとても参考になります。

 

(P.82) 確率的には「1111」も「3658」も出現する確率は同じです。どちらも珍しくて珍しくないわけです。よく切った52枚のトランプのカードのうちの5枚があなたに配られたとします。見ると、数字も種類も1枚1枚バラバラでなんのつながりもないように見える。ところが、それだって何億通りもある中のたったひとつの組み合わせで、もう一度まったく同じ組み合わせのカードを手にすることは一生ないかもしれない。というよりその確率はほぼゼロと言ってもいいでしょう。

 

本書を初めて読んだときにここの引用を読んで鳥肌が立ちました。

ポーカーをやっていてロイヤルストレートフラッシュはすごいです。

ただ、まったく数字が揃っていない状態の手札だってすごいんですよね。

その状態だって2度にお目にかかれないかもしれないくらい超珍しいわけです。

どちらも珍しくて珍しくないという言葉は的を得ています。

言われてみればですし、運について考える上で良い考え方だと思いました。

 

(P.103) 運がいい人と悪い人の特徴のひとつに、運が悪い人は問題に直面したときに効果がないものに頼る傾向が強いということがわかっています。運のいい人は問題解決のために具体的な努力や新しい試みをしようとするのに対して、運の悪い人は神頼みをしたり、周りが見えなくなって詐欺的なものに引っかかりやすくなる傾向があるのです。

 

本書の運を良くする方法。

運を良くするには「試行回数」を増やせという主張が中心です。

だから、スピリチュアルなおまじない的なことは書かれていません。

「○○すると運が良くなる」系が好きな人はほかの書籍を読むのをオススメです。

私なりになんでそういうのに頼ってしまうかと言うと結局は自分への自信。

自分に自信が無いから頼ってしまうんだろうなと達観してきたのが最近の私です。

 

(P.159) 私の好きな言葉に「失敗するなら最速で失敗したほうがいい」というのがあります。最速の失敗には、成功が待っているからです。最速の失敗であれば、リカバリーする時間も十分にあるし、その失敗からいろんなことが学べるから、それを活かしてまたチャレンジできる。遅い失敗は最悪です。取り返しがつきません。やるならとっととやってしまった方がいい。

 

失敗するなら最速で失敗したほうがいいって良い言葉です。

失敗は失敗じゃないという人も多いと思います。

私もとにかくまずやれ派なのでこの言葉には賛同します。

恐れず、とっととやってしまうのがいいですね。

 

【ネガティブな人ほど運がいい! ?】

ネガティブな人ほど運がいい! ?

ネガティブな人ほど運がいい! ?

 

 

 

☆まとめ

ネガティブな人ほど運がいい! ?

メンタリストDaiGoの書籍を読んだ読書感想文でした。

メンタリストDaiGoさんの書籍は科学的な証明。

科学的根拠がしっかり書かれているのがほんと好きです。

誰にでもあてはまることですからね。

後はやるかやらないかですし、運が上がる方法や考え方。

しっかり、インストールして生活していきたいです。