【経験談】ダイエットするより(行動) 先に考え方(認識)を変えよう

スポンサーリンク

☆卵が先か鶏が先かという例え話

f:id:acutehappp:20180418155320j:plain

 

今回の記事タイトルは、

「ダイエット」です。

ただ、この言葉を人それぞれ変えて読んでいただいてもいいと思います。

「仕事」「恋愛」「お金」などなど。

自分のケースに当てはめて読んでいただければです。

 

皆様も聞いたことあるんじゃないでしょうか。

有名な例え話です。

「卵が先か鶏が先か」

 

この例え話を前提としてどちらが先なのか迷う

優先順位的に考えてしまうことってありませんか?

「行動が先なのか考え方を変えるのが先なのか」的な話しです。

今日はそこについて私なりの結論。

戯言的な話しを書いていきます。

 

最初にお断りを申し上げたいと思います。

 いつも通りで今回の記事は私的な「戯言」 な話しです。

肩の力を抜いてリラックスしながら読んでいただければと思います。

こんな考え方もあるんだなというゆるやかな感じでお願いします。

揚げ足取ってやるや批判してやる的な人はそっ閉じしていただければと思います。

 

私なりの結論と書きました。

あくまでも、今の段階。

2018年4月18日(水)現在の考え方です。

私も知識(考え方)のブラッシュアップはどんどんしています。

価値観が変わったりして今の考え方とは真逆になることもありますからね。

そこのところを了承していただければと思います。

 

ただ、今の時点での「人生経験」を踏まえての結論です。

参考になる人にはとことん参考になる考え方だと思います。

そこは保証したいと思いますので気合いを入れて書かせていただきます。

ここからは本題に入っていきます。

私なりの結論はどちらなのか単刀直入に書かせていただきます。

 

※考え方を変えるのが先※

 

巷には「行動重視」の考え方。

とにかく動けと言う人が多いと思います。

考えるより動けと言うのは多いですよね。

本でも考えてるヒマがあるなら手を動かせという言葉が躍る機会も多いです。

私もそれには賛成なんですけど、ちょっと待ったなんですよね。

この部分に関しての私なりの考え方や経験談を今日は書いていきます。

 

☆卵が先か鶏が先か 行動を変えるか考え方を変えるかの私なりの結論

 

【人それぞれの土台が違う】

 

私は学歴や職歴で判断するって無意味だと思っています。

この無意味というのは人それぞれの価値基準の無限性って意味です。

「面接」などの場でレッテル付けで判断されてしまうのは仕方がないと思います。

「中卒や高卒だから」とか「フリーターしか経験ない」などですね。

だからと言ってそこで諦めてしまっていいものでもないというのが前提です。

だからこその悩んでも仕方ないという意味での「無意味」という言葉になります。

 

とは言え、中卒の人と大卒の人の元の考え方。

ニートと会社勤め10年の人の考え方って違うじゃないですか?

これは良い悪いとかの判断基準ではなく土台の話しです。

そもそもの土台が違うんだから「やることの方向性」が変わってきますよね。

でも、万人に当てはまる方法を採用しようとしている人が多いと思うんですよ。

ここを改めたほうが絶対にいいよってことを今回は言いたいです。

 

行動を変えるか考え方を変えるかの結論は先ほども書いた通り。

私としては、「考え方」を変えるほうが優先順位が高いです。

考え方を変えた方が確実に良いと思っています。

ここには、「ただし」という言葉もついてまわります。

 

たとえば、東京大学や京都大学を卒業しているような人。

巷で言う優秀な人と定義してもいいかもしれません。

このような人は私は「行動」のほうを重視でいいと思うんですよ。

大体の人は行動することによって変わるんじゃないだろうかと予測できるからです。

なぜならば、元の考え方の土台があって自分なりに変えていけるからだと思うから。

 

じゃあ、無名大学を卒業したり高卒や中卒の人はダメなの?

そう思われる人もいるかもしれませんけど、そうではありません。

「考え方」を変えれば「行動」が変わると思っているからです。

私としては有名大学を卒業した人よりも良い人生を歩めると思っています。

それならどうしてそうじゃないかと言うと簡単な話し考え方を変えないからです。

それくらい人生の中で考え方が占める部分ってすごく大きいと思います。

 

大多数の人は日々の生活を惰性的に過ごしている。

固定観念の中で生きていると思います。

この「固定観念」というのは良い部分もあれば悪い部分もあると思います。

人生を劇的に変えたい人には邪魔になる部分も大きいです。

私としては「人生を劇的に変えたい」って大げさでも無いと思うんですけどね。

 

たとえば、○○やめたい(禁煙や禁酒や買い物依存やギャンブル依存など)という願望。

この「○○やめたい」という願望も達成すれば人生が劇的に変わる可能性があります。

ただ、そこまで大きく考えている人は少ないと思います。

だからこそ、「なあなあ」になって継続してしまう人が多いんじゃないでしょうか。

私は1つの考え方が変わることによっての「波及効果」ってあると思っています。

 

だからこその「考え方」を変えて「行動」を変えることの大切さ。

このことを強い気持ちを持って言いたいんですよね。

もう1度、言いますけど、

1つ変われば、「波及効果」で「他も大きく変わる」は充分にあると思います。

まずは土台の考え方を変えたほうがいいと強く言いたいです。

 

では、私がつまり何が言いたいのかということをここから書きます。

 

 

【ガムシャラに行動すれば良いってもんじゃない】

 

私なりに最近思うのは、

ガムシャラにやっても上手くいくときと上手くいかないときがあるという話しです。

たとえば、本を読んで「とにかく行動」で行動したとします。

その「行動」の「方向性」が間違っていたら皆様も想像できますよね。

方向性が違う努力は「結果に結びつかない」というわけです。

 

ただ、世の中は「知識」ばかり入れてちゃダメだから「行動」しろ。

「自己啓発難民」

「セミナー難民」

「メソッドジプシー」

などなど。知識を入れてばかりの人を揶揄する言葉は多いです。

だから、迷ってしまう人が多いと思うんですよ。

 

そこの私の解決策は情報収集するなら終わりを意識するです。

最初の土台となる知識を収集することはめちゃくちゃ大切です。

ただ、出口を意識しないといつまで経っても堂々巡りになってしまいます。

かと言って中途半端な知識でガムシャラにやっても結果が出ないになります。

私もめちゃくちゃ努力して数ヵ月がんばったのに結果が出ないことありました。

これは上手く情報収集せずに「行動」してしまったんだなって今にして思います。

だから「土台」を変えてから「ガムシャラ」に行動しましょうって話しです。

 

 

【土台とは認識ということでもある】

 

考え方の土台。

本を10冊読めば人それぞれ意識の部分で変わる部分があると思います。

ただ、私は本を読むことに関しては「認識」を変えることも大切だと思います。

たとえば、「夜に食べたら太る」と感じる人は多いと思います。

でも、「夜に食べようが太らない体質」と思い込んでいる人もいます。

本にそのことが書いてあったら素直に取り入れて考え方を変えることです。

 

ちなみに私は10年以上まったく太っていません。

暴飲暴食したり砂糖たっぷりのコーヒーをよく飲んだりします。

でも、体重は微動だにせずにまったく太りません。

これは私は「生まれつきの体質」というよりは考え方。

認識の違いだと思っています。

 

事あるごとに言ってきたことがあります。

「食べても食べても太らないから」

自分の中では当たり前の観念(認識)なんですよ。

いつどんなときに何を食べようが太らないんです。

太らないことが当たり前なので太っている自分が想像できません。

 

つまり、この法則をほかにも適用すればいいんだなって自分の中で最近よく思います。

これは私の話しですけど、ダイエットをしようとしている人。

ダイエット中の人もそうだと思うんですよ。

今回の話しを当てはめると「行動」を変えるより「考え方」を変えるのが先。

自分の中の「考え方」を変えてから「行動」を変えたほうが成果が出やすいはずです。

 

少し眉唾ものかもしれません。

でも、現に私は何10年も太らずに生活できているわけです。

これは記事の最初に書いた通り仕事や恋愛やお金などの自分の価値観。

皆様も人それぞれ良いも悪いも色んな部分があるんじゃないでしょうか。

成功体験や失敗体験もしくは得意分野や苦手分野があると思うので当てはまる事例。

わかる、わかると思ってもらえる部分もあるかと思います

 

例え話をダイエットに 再び戻します。

 

「私は何を食べようが太らない」

「太っている自分が想像できない」

 

「これを食べたら太るかなって不安になりながらダイエットしている人」

「イヤイヤとかイライラしながら食べるのを我慢して生活している人」

 

ここまで、読んでいただいて理解している人も多いかと思います。

どちらの考え方が成果につながるかは想像できると思います。

ただ、一応、最後に補足的に書いておきます。

私は「行動」が悪いとは一言も言っていません。

むしろ、「行動」も「考え方」もどちらも大切なことです。

優先順位的な話しで「考え方」を変えようと強く言っています。

私はガムシャラに行動して失敗した経験は痛いほどあるんですよね…。

自分の認識や感情を意識しながら行動することって今では本当に大切と感じています。

 

 

☆まとめ

私なりの実体験を踏まえての戯言記事でした。

考え方の土台があればテコの原理。

考え方がテコになって行動の威力が二倍三倍になると思います。

逆に考え方が伴わないガムシャラな行動は成果にならないことも多いです。

だからこその「考え方」や「認識」を変えることの大切さを今回は書いてみました。