【新刊】誰でも実践できる 金持ちフリーランス貧乏サラリーマン

スポンサーリンク

・やまもとりゅうけんさんの新刊を私なりの書評

f:id:acutehappp:20210128192027j:plain

 

 

やまもとりゅうけんさん。

当ブログでは過去に書評しています。

 

 

【「知っているかいないか」で大きな差がつく! 人生逃げ切り戦略】


www.glitter2014ift.com

 

 

 

2020年のおすすめ本。

15選でも紹介させていただきました。

 

やまもとりゅうけんさんのご意見。

ツイートもYouTubeもになります。

筋が通っていて個人的に大好きです。

 

そのやまもとりゅうけんさんの新たな書籍。

これは読まずは行けませんし読んでみました。

 

 

 

金持ちフリーランス 貧乏サラリーマン

 

 

 

書名:金持ちフリーランス 貧乏サラリーマン

著者:やまもとりゅうけん

出版社:KADOKAWA

出版年:2020年12月2日

ページ数:192ページ

 

 

 

総フォロワー25万人。

精神的自由、経済的自由。

時間的自由をも手に入れる。

そんな考え方を学べるのが本書になります。

私なりの部分も含めて楽しく書評させていただきます。

 

 

 

・本書があなたの人生を変えお金持ちに転じる一助となるのであれば…

 

 

(P.9) 本書があなたの人生を変え、「お金持ち」に転じる一助となるのであれば、著者としてこれに勝る喜びはありません。

 

 

【目次】
はじめに:「お金持ちに搾取され続ける人生」から抜け出そう
第1章:サラリーマンは「最も理不尽な業務形態」である
第2章:誰も言わない「お金持ち」の仕組み
第3章:「貯金」ではなく「蓄財」に力を注ぐ
第4章:「少労所得」を無限に増やす
おわりに

 

 

本書の目次と概要です。

目次から気になりますよね。

金持ちと貧乏人の違い。

思考回路などなど。

本書から見つけていきましょう。

 

 

(P.26) 今こそ、何の疑問もなく選んできた「サラリーマン」という働き方を見つめ直し、お金についてシビアに考え、「新たな働き方」を考えるときにきているのです。

 

 

私も思うところはあります。

あくまでも個人的な私的な話と聞いてください。

 

最近は副業OKの会社も増えています。

でもまだまだ副業禁止の会社もあります。

そこで思う部分になります。

 

Twitterフォロワー数10000人。

YouTubeチャンネル登録数10000人。

 

コレってマネタイズしなければ大丈夫。

別に副業禁止でも出来るんですよね。

時代を先読みして行動していく視点。

引用通りの部分で思います。

 

 

 

(P.37) 会社に対してあんなにも「副業を解禁してくれ!」と真剣に訴えていたのに、いざ解禁されたらなぜ「副業をやるとしたら……終業後に牛丼屋でアルバイトかなぁ」なのか。それを弟は不思議がっているのです。

 

 

仰る通りの部分が多いです。

副業解禁!!!

そんな中でも今までの仕事

 

作業などに縛られてる人が多いです。

私的に思うのが縛りプレイを解除出来るかどうか。

自分自身が縛ってることも多くあります。

 

今の時代は色んな選択肢が多くあります。

私自身も肝に銘じて行動していきたいです。

 

 

 

【金持ちフリーランス 貧乏サラリーマン】

 

金持ちフリーランス 貧乏サラリーマン

金持ちフリーランス 貧乏サラリーマン

 

 

 

・新しい時代に向けて

 

【新刊】誰でも実践できる 金持ちフリーランス貧乏サラリーマンでした。

現代は色んな部分で考えることが多い時代。

そんな時代に適している良書だと思います。

読んでみると新しい発見があるかもしれません。