【書評】誰でも出来るけど誰もやってない栗原甚のすごい準備

スポンサーリンク

・著者のすごい準備とはどういうことか

f:id:acutehappp:20200629171548j:plain

 

 

あむまです。

https://twitter.com/amuma0204

 

 

準備の大切さ。

言われなくてもわかる。

しかし、後から思い返してみるとです。

 

「準備不足だった…」

 

誰しもそのような経験があるんじゃないでしょうか。

本書はすごい準備ということで準備の大切さ。

仕事に限らず色んな面に関しての準備。

著者の実体験も含めての視点が書かれています。

 

準備するのが苦手という人もいるかもしれません。

私も事前準備が足らなかったと感じること。

経験上で多いほうなので本書を読んで襟を正しました。

 

 

すごい準備 誰でもできるけど、誰もやっていない成功のコツ!

 

 

書名:すごい準備 誰でもできるけど、誰もやっていない成功のコツ!

著者:栗原甚

出版社:アスコム

出版年:2019年4月4日

ページ数:341ページ

 

 

誰でもできる。

だけど、誰もやっていない成功のコツ!

気になる言葉だと思います。

私も惹き込まれた部分です。

 

 

・すごい準備とは仕事で培った相手の心を動かす技術

 

 

(P.9) この本の『すごい準備』とは、まさに、僕が仕事で培った「相手の心を動かす技術」です。一度この技術を身につけてしまえば、相手に自分の思いを伝えて「自分が望んでいる最高の結果」を得られる最短ルートだということが、わかってもらえるはずです。

 

 

【目次】


はじめに

 

第1章:「相手の気持ちを動かす」技術 その1

 

第2章:「相手の気持ちを動かす」技術 その2

 

第3章:相手の気持ちを動かす「すごい準備」 基本編

 

第4章:相手の気持ちを動かす『すごい準備』 応用編

 

おわりに

 

 

本書の概要と目次です。

すごい準備とはという話。

 

「相手の気持ちを動かす技術」

 

そこから解説してくれています。

そして基本編と応用編もございます。

すぐに実践できるすごい準備。

その概要を書評させていただきました。

 

 

(P.46-47) テレビ業界で有名なのは、中居くんの「差し入れ」だ。毎年、レギュラー番組の年明け一発目の収録では、キャスト&スタッフ総勢100人に「高級弁当」が振る舞われる。番組プロデューサーとしては、収録の弁当代が浮くので、とても助かる(笑) しかも、お寿司や焼肉などの高級弁当なので、番組が注文する弁当に比べて格段に味が良く、スタッフのモチベーションも上がる。これは中居くんのレギュラー番組では、毎年恒例の行事になっている。

 

 

元SMAPの中居正広さん。

みんな親しみを込めて中居くんって言いますよね。

それくらい好印象なのあります。

最近だとジャニーズ事務所を退所するときの会見も記憶に新しいです。

 

そしてこちらの引用エピソード。

結構、有名なのでご存知の人も多いんじゃないでしょうか。

私も何かで聞いた記憶があります。

スタッフ想いや後輩想いのエピソード。

中居くんの人柄が伝わって大好きです。

 

 

(P.75) 人は毎日、いろいろなことを考えています。しかも交渉を控えているときは、その情報量がとんでもなく多いものです。しかし、その多くを忘れてしまうのも事実です。そんな状況のなかで情報を整理し、迷うことなく「準備」を進めるためには、【見える化】することが最善です。実は、今まで数多くの交渉を成功することができたのは、【一冊のノート】のおかげです。僕は、それを「準備ノート」と呼んでいます。

 

 

これはとても大切な視点。

私は紙のノートも使いますが。

簡易版でエバーノート。

それにメールの下書き機能もよく使用します。

 

人間は忘れやすい生き物。

常に貪欲にメモを取る視点。

そのための準備。

私も大切なことだと思っています。

 

 

【すごい準備 誰でもできるけど、誰もやっていない成功のコツ!】

すごい準備 誰でもできるけど、誰もやっていない成功のコツ!

すごい準備 誰でもできるけど、誰もやっていない成功のコツ!

  • 作者:栗原 甚
  • 発売日: 2019/04/04
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

 

・エピソードがてんこ盛り

 

【書評】誰でも出来るけど誰もやってない栗原甚のすごい準備でした。

準備に関してのエピソード。

 

実体験が伴ってのエピソードなので説得力があります。

天才バカボンを実写化するときのエピソード。

 

到底、叶わない状況からこぎつけた。

そのエピソードは涙出てくるくらい感動しました。

とても素敵なエピソードです。

 

本書は準備の大切さだけを伝えるだけではございません。

著者さんの実体験があるからこその伝わる内容。