あなたをレベルアップ 伝説の秘書が教えるNOと言わない仕事術

スポンサーリンク

・伝説の秘書ってカッコいい

f:id:acutehappp:20200422172304j:plain

 

 

本書の書名にあるこちら。

「伝説の秘書」という言葉。

とても惹かれる言葉です。

しかも「No」と言わせないと来ました。

 

今回は仕事術についてです。

仕事は楽しいですか?

仕事は辛いですか?

人それぞれ仕事について思うところあるはずです。

 

そんなあなたをハッピーにさせてくれる仕事術。

あなたの考え方や仕事についての捉え方。

違う視点で見ることができるようになるのが本書。

私も目からウロコという視点が満載でした。

 

 

伝説の秘書が教える「NO」と言わない仕事術

 

 

書名:伝説の秘書が教える「NO」と言わない仕事術

著者:フラナガン裕美子

出版社:幻冬舎

出版年:2016年5月26日

ページ数:205ページ

 

「承知しました」で始まるから上手くいく。

一度すべて受け入れればビジネスパフォーマンスが上がる。

さすが、伝説の秘書と言われるだけある人です。

仕事についての視点変更になる1冊を紹介します。

 

 

・ゲーム感覚でMISSIONクリアする視点

 

(P.7) 本書を通じて、一人でも多くの方が、少しずつでもハッピーな気持ちで仕事ができるようになるよう、心から応援しています。大丈夫、「ちょっと試してみようかな」そう思った瞬間にもう変化は起きています!

 

【目次】


はじめに

 

MISSION1:スムーズに仕事をするための「基本」を習慣にせよ!

 

MISSION2:無理難題を繰り返すモンスター上司を手なづけよ

 

MISSION3:やるべきことを溜めずにハイスピードで処理せよ!

 

MISSION4:トラブルはチャンス、すみやかにリカバリーせよ!

 

MISSION5:レベルアップするための思考法を身につけよ!

 

おわりに

 

本書の概要と目次です。

目次項目をみてください。

「MISSION」になっている。

それぞれの項目いいですね。

 

著者であるフラナガン裕美子さん直伝。

NOと言わせない仕事術。

自分のレベルアップを図る際。

本書の考え方やテクニックが役立つんじゃないでしょうか。

 

(P.17-18) 相手が誰であれ、「5歳の子供」に説明するのだと思えば、「分かりやすく、簡単な言葉を選ぼう」と自然に意識し始め、あなたの会話能力は格段にアップしていきます。ポイントは、「丁寧に」「シンプルな言葉で」「要点をついて」話すように気を付けるということ。最初は、毎日必ず1回を目安にチャレンジしてみて下さい。相手に一瞬で伝わる言葉は、仕事の成果となって現れます。モノにすれば、どんな相手でも通用する、あなただけの強力な武器となるでしょう。

 

自分が音声配信してみる。

この視点はとてもわかります。

私はペリスコープ配信。

通称Twitterラジオやっています。

 

そのときに自分では当たり前と思っていた言葉。

ネットスラングやツイッター用語。

意外と知らない人が多い事実に直面することがあります。

理解されていると思わずに丁寧に説明する。

相手にしっかりと伝わるように発信していきたいです。

 

(P.26) 人は失敗すると臆病になります。次回同じことをしてしまうのではとの過度の緊張から、逆に大きなミスにつながってしまうのです。ですから、失敗してしまったら、
「私は大丈夫、失敗しても死ぬわけではない」
そう自分に言い聞かせて、気持ちを落ち着かせて下さい。そして気を取り直して自信を持って再スタートしましょう。

 

ちょっと違う体験談。

私なりの書評なので書かせていただきます。

今は当たり前のようにTwitterラジオ。

文章だけでなく音声でも喋ります。

 

しかし、ここに来るまでは長かった。

やっぱり、自分の声って勇気がいりました。

そこで思ったことが引用に書かれていること。

 

「失敗しても死ぬわけではない」

 

この気持ちがとにかく強かった。

しばらく配信したら場馴れしました。

今では何回も放送できるくらい大好き。

そして顔出しまで出来るくらい(笑)

飛び込む勇気という意味でも素敵な言葉です。

 

(P.38) 日々起きていることが、100%同じわけはありません。それを念頭において、毎回すべてを「新しい条件」として扱います。そしてどんなに面倒くさくても自分で確認。どんなに自信があっても過信はせず、きちんとウラを取って下さい。その上で、毎回新しい気持ちで、相手と状況に寄り添ってみることを心がけてみましょう。状況を十分把握し、分析してみてから対応するという、その「ひと手間」をかけることで、仕事のデキが抜群に変わっていきます。

 

大切な視点です。

いつも何気なく見ている風景。

脳がサボって見ているだけかもしれません。

 

「こんなところにこんなお店あった?」

 

誰しもあるある経験じゃないでしょうか。

それくらい同じように見てしまうのが日常。

人を見るときもそうなるのは頷けます。

でも相手の人が前に会ったときと同じと限らない。

 

1週間、1ヵ月、その間に劇的な成長。

短期間に見えるこの期間でもあると思います。

 

私はネットの人なのでネットでそういう人は実際にいます。

相手はもう別のステージなのに同じように接してしまう。

相手にも失礼ですし、状況把握と分析が大切です。

能動的に見るのは何事も大切じゃないでしょうか。

 

(P.101) 「未処理メールは10通まで」という心がけを取り入れてからの効果は、私自身が実感しています。どんなに面倒くさくても、メールが来た瞬間にできる限り処理をするのです。処理が終わったらすぐに、そのメールを分かりやすく分類したフォルダに移しておきます。

 

メールに限らずSNSの返信ルール。

そちらに当てはめても私は良いと感じます。

SNSが長続きしている人の印象。

返信へのレスポンス早いイメージがあります。

 

溜め込むと億劫になるのが人間。

これから20通、30通も返信するのか……。

そんなことを思うよりもテキパキと返信していく。

巡り巡って相手にも早い人だと思われて一石二鳥。

早め早めの判断が後々のあなたを助けてくれます。

 

【伝説の秘書が教える「NO」と言わない仕事術】

伝説の秘書が教える「NO」と言わない仕事術

伝説の秘書が教える「NO」と言わない仕事術

 

 

 

・少し古い書籍ですが視点として役立ちます

あなたをレベルアップ 伝説の秘書が教えるNOと言わない仕事術でした。

本書は出版年から結構な年数が経っています。

とは言え、色褪せない仕事術。

私も日常に取り入れている考え方も多く見つかりました。