知らずの「感じ悪い貯金」 コミュニケーションの強化書

スポンサーリンク

・様々な初対面を乗り越えていく

f:id:acutehappp:20200423095709j:plain

 

あむまです。

あむま@ブログ6年継続×元祖ツイッターラジオ (@amuma0204)

 

さまざまな初対面。

現代はSNS利用は切っても切り離せない。

当ブログを読んでいらっしゃる人。

同時にSNS利用している人は多いんじゃないでしょうか。

 

リアルでのコミュニケーション。

ネットでのコミュニケーション。

私は一緒だと思っています。

簡単に言うとこういうことです。

 

「リアルとネットで切り離さない」

数年前に比べたら減ったとは感じます。

リアルだからとかネットだからと発言して線引きする。

私は人が相手なんだしそんなこと無いとずっと思ってます。

本書を教科書にしてコミュ力を上げていきましょう。

 

 

コミュニケーションの強化書

 

 

書名:コミュニケーションの強化書

著者:くまごろう&アソシエイツ

監修:篠崎晃一

出版社:主婦の友社

出版年:2018年9月3日

ページ数:192ページ

 

さまざまな初対面を乗り越える。

観察力と想像力が効く。

本書は多くの実践もございます。

人それぞれ知りたかった部分が見つかるはずです。

 

 

・感じのいい人になるための一歩をあなたは既に踏みだしている

 

(はじめに) 大丈夫。この本を手に取ったということは、感じのいい人になるための一歩を、あなたは既に踏みだしています。

 

【目次】


はじめに

 

序章:知らないうちに《感じ悪い》貯金をしていませんか?

 

第1章:《コミュニケーションの匠》になる10の原則

 

第2章:実のない話で《場》を温める

 

第3章:相手を知ろうとする

 

第4章:実践 相手に合わせて投げ返す

 

第5章:実践 ビジネスの現場で好感度を失わないコツ

 

第6章:実践 あなたを《アップグレード》する言葉遣い・言葉選び

 

本書の概要と目次でございます。

序章からとても惹き込まれる章タイトル。

 

「感じ悪い貯金」

 

知らないうちにというのが重要。

無意識のうちにはありそうです。

日頃の行動を意識していく。

肝を冷やす解説でした。

 

(P.13) 相手の話をさえぎって、相手の声にかぶせるように話し始めていませんか。相槌を打つにしても、相手がまだしゃべっているのに、話のお尻にかぶせるように「はい、はい」なんて言っていたら最悪です。相手の話のきりの良いところで、口をはさむ。相手の話を受けて、言葉を投げ返す。自分の基本的な会話のマナー(=相手の話に耳を傾ける)を、いま一度見直してみましょう。

 

最近はペリスコープのライブ配信。

通称Twitterラジオが流行っています。

それにライバーになる人もどんどん増えています。

リアル生活に限らずネットでも会話する関係性が生まれます。

 

私もコラボ配信。

ゲスト参加での配信をするときがあります。

このときは結構な反省会になってしまいます(汗)

相手との会話のテンポをしっかり考えてしゃべる。

基本的な部分をおさらいして実践しています。

 

(P.17) 「でも~」と相槌を打って、、スムーズな会話を止める人がいます。自分独自の意見を言わなければ、という意識があるとしても、逆効果です。相槌は短く「はい」「ええ」「そうですね」。大切なのは、相手に促す、相手にしゃべってもらう、というあなたの心構えです。

 

でもは意識的に私は出ていないはず。

そもそも「でも」です。

否定されているみたいに感じませんか?

 

相手の話を聞いてそれを受けての切り返し。

「でも○○もありえるよね」

否定になっているんじゃないでしょうか。

だから私は基本的に使用しないようにしています。

 

基本的にというのは関係性や相手とどんな話をしているか。

最初からいろんな考え方を出したいときの話。

でもこっちの考え方もありえるよね。

ふむふむ、でもそうなるとこっちもあるかも。

 

これだと否定ではなく話が膨らんでいます。

使い方としては状況に応じてはあります。

ただ、私は会話に「でも」はご法度。

使わないように意識的に話を聞いています。

 

(P.23) 基本的に相槌は1回でOK。子どものころに、「はい、はい」と親に返事をしたら、「『はい』は1回でよろしい」と叱られた経験がありませんか。相槌の打ち方や返事のし方は、誰かが教えてくれるわけではないので、知らないうちにヘンなクセがついている可能性があります。それに声のトーンで、相槌は意味がいかようにも変わります。

 

正直に言って私は自信ないです。

無意識のうちの会話での流れ。

 

「はい、はい」

 

2回の相槌はありそう(汗)

もっと意識的になり直していきたいです。

はいに限らず相槌に関しになります。

1回でOKなのでほかのときにも気をつけていきましょう。

 

(P.26) 問題点を整理してあげました、話を短くしました、複雑に見えますがそうでもないですよ、一緒に解決していきましょう、という返事です。しかし実際のところは、あなたは最後までゆっくり相手に話をさせ、話を聞くことができない。時間が無駄だと思って、話を切り上げさせているのです。相手は、まずきちんとあなたに話を聞いてほしいのです。

 

誰しもが話を聞いてもらいたい。

自分で話して話し終わりたいがあるはずです。

それを問題点を整理して話を短く。

不完全燃焼で話を聞いてもらった感覚が無くなりますよね。

 

私は客観的に見ているタイプ。

これってこういうことなのかな?

思うことはありますが、口には出しません。

やっぱり本人が最後まで話したいはずです。

 

それに予想だって外れる場合があります。

自分が思っていた方向性とは違う方向にです。

聞く力をしっかり持って相手に寄り添う。

きちんと話を聞き続けましょう。

 

【コミュニケーションの強化書】

コミュニケーションの強化書

コミュニケーションの強化書

 

 

 

・無意識にしているコミュニケーションを意識的に

知らずの「感じ悪い貯金」 コミュニケーションの強化書でした。

コミュニケーションは1人では成り立ちません。

相手を気持ちよくさせるコミュニケーション。

感じの悪い人にならないように意識的に会話する。

悪い部分を改善していこうと思える1冊です。