読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不思議の国のアラモード

◆新商品や変わり種商品を毎日たのしく食レポしてます◆

寿がきやのカップ麺 赤から監修カップ赤からうどん

食べてみた 名古屋ネタ

スポンサーリンク

寿がきや(スガキヤ)

f:id:acutehappp:20150413144127j:plain

かぷめん。

カップ麺。

寿がきやのカップ麺になります。

寿がきやのカップ麺はご当地コラボも多くて楽しいです。

今回のカップ麺もまさしくの商品ですよ。

 

赤から監修 カップ赤からうどん。

名古屋名物と言ってもいい赤から。

その赤からが監修した赤からうどん。

 

ちなみに当ブログでは赤からは2度登場しています。

赤からの店舗に初来店。

赤からカップラーメン。

そして、今回のうどんになります。

 

赤からのラーメンの方のカップ麺はよく見ます。

赤からうどんはココストアで名古屋フェアをやっていて発見。

気になって、即購入しました。

 

商品情報を見ると実は赤からきしめんもあります。

こちらはカップ麺では無いですけど、こちらも良かったですよ。

カップ麺で発売してほしいと思うところであります。

それでは、赤からうどんに行ってみます。

 

辛さを選べる赤から監修カップ赤からうどん 

f:id:acutehappp:20150413144127j:plain

 

f:id:acutehappp:20150413144155j:plain

 

f:id:acutehappp:20150413144227j:plain

カップになります。

寿がきやというのもわかりますね。

名古屋名物赤から。

 

f:id:acutehappp:20150413144311j:plain

カップ麺の中身になります。

結構いろいろ入っています。

 

f:id:acutehappp:20150413144322j:plain

 

f:id:acutehappp:20150413144338j:plain

 

f:id:acutehappp:20150413144349j:plain

うどん。

かやく入りスープの素。

カップ赤から液体スープ。

うどんはお湯を捨てての湯切りタイプです。

 

f:id:acutehappp:20150413144419j:plain

何といってもの今回の注目。

後入れ粉末スープ。

お店の赤から鍋みたいにこの粉末スープで辛さを調整できます。

1~5段階で調整できるので全部入れたら5番ですね。

 

f:id:acutehappp:20150413145322j:plain

湯切り後。

後入れ品以外は入れました。

お湯を注ぎます。

 

f:id:acutehappp:20150413145528j:plain

この状態でもかなり美味しそうですよね。

ここから注目と言った後入れ粉末スープで辛さの調整です。

 

f:id:acutehappp:20150413145550j:plain

半分ちょっと入れてました。

辛さで言うと3~4くらいになるでしょうか?

それでは、いただきます。

 

f:id:acutehappp:20150413145623j:plain

赤からうどんを食べてみました。

辛いです!!

と、書いたら辛さを調整できるので自業自得ですね(笑)

半分くらいでも結構な辛さになりました。

全部入れなくて良かったと内心ホットしたのも事実です。

 

味の方は赤からの味を再現。

赤から監修ということで赤からの味になっています。

具材も油あげ、ニラ、細切りネギ、肉そぼろ、あげ玉とうどんの具ですよね。

ピリ辛な赤からうどんをいただけました。

 

f:id:acutehappp:20150413150322j:plain

ごちそうさまでした。

 

まとめ

赤から監修 カップ赤からうどん。

寿がきやのカップ麺。

価格は税別価格で250円です。