【新刊】 ゼロから稼ぐ力 自宅でオンライン起業はじめました

スポンサーリンク

・オンライン起業

f:id:acutehappp:20210121115928j:plain

 

 

スマホがあって良かった。

パソコンがあって良かった。

インターネットがあって良かった。

 

現代ほど恵まれている時代は無いと感じます。

昔だったら詰みになってしまうような状況。

インターネットで打開できる方法が見つかる。

インターネットで打開できた人もいるかもしれません。

 

そんな私は打開できた人だしネットの恩恵。

現代に生まれて良かったしネットがあって良かった。

本当に感謝しても仕切れないといつも思っています。

今回はそんな視点も織り交ぜつつのオンライン起業についての本。

 

 

 

自宅でオンライン起業はじめました

 

 

書名:自宅でオンライン起業はじめました

著者:秋田 稲美

出版社:WAVE出版

出版年:2020年12月9日

ページ数:208ページ

 

 

ゼロから稼ぐ力がつく入門書。

起業の教えをステップごとにコーチング。

ステップごとにというのが良いんじゃないでしょうか。

人それぞれ知っていることや動ける範囲も限られます。

私なりの視点も含めた私なりの書評をここからはしていきます。

 

 

・この本からあなたが一歩踏み出す一助になれば

 

 

(P.11) やりたい仕事で自分を表現する人が満ち溢れる社会って、楽しそうじゃないですか? 時代はそういう方向に向かっています。あなたが一歩踏み出す一助になれば、これ以上うれしいことはありません。

 

 

【目次】


はじめに:うちのママさんは納戸で起業、年商1億!!


Chapter1:てきとうに、まあまあくらいがちょうどいい


Chapter2:みんな、どうやって始めたの?


Chapter3:どんなビジネスやろうかな?


Chapter4:競争しないで売れ続けたい♪


Chapter5:ラクに軌道に乗せるコツ


Chapter6:自分ビジネスが花咲く社会に、幸せな未来がある


おわりに

 

 

本書の目次と概要でございます。

目次を読むだけでワクワクしてきます。

概要の楽しそうじゃないですか?の問いかけ。

私も楽しそうだと思いますしそんな時代が良い。

時代の変化を受け止めて時代に即した行動をしていきます。

 

 

(P.21) あまり難しく考えず、「てきとうに、まあまあくらいが、ちょうどいい」と思って、気を楽にしてくださいね。実際、気楽に構えている人ほど、うまくいってしまうものなんです。

 

 

この勢いという部分。

実体験的にも仰る通りと感じます。

今の私なら尻込みしてしまうかもしれない。

当時は勢いで突き進んだ部分があります。

 

今にして思うとこれで良かった。

勢いで進んでくれてありがとうと言いたいです。

あまり難しく構えないで気楽に進んでいく。

大切なことだと声を大にして言いたいです。

 

 

(P.40) そもそも、あなたという存在は地球上に一人しかいないのですから、類似性のある競合他社(他者)のことなど、気にする必要はないのです。
競合があると思うことが妄想です。
競合なんて、元々存在しないのです。
あなたは、あなたの「好き」と「得意」で十分生きていけます。

 

 

勇気をいただける言葉です。

ついつい、周りを見てしまう。

周りを見るのは悪くありません。

周りを見すぎて行動できないになると危険。

 

だからこそ引用視点ってすごく大事。

自分という存在は自分しかいない。

どんなに似てる人がいてもオリジナルは自分自身。

自分軸をしっかりして翻弄されないように行動しましょう。

 

 

(P.59) 起業は、たとえるなら雪だるまをつくるようなもの。最初は小さい雪玉をつくって、それを転がしながらだんだんと大きくしていくことに似ています。そして、小さな、雪玉をいくつも大きくして重ね上げ、自分なりの雪だるまを完成する、というイメージです。

 

 

大きすぎず適切なサイズを考える。

最初は小さくても当たり前なんです。

それをだんだんと大きくしていくイメージに雪だるま。

この表現はとても腑に落ちると感じました。

焦りすぎず雪だるまのイメージで進んでいきましょう。

 

 

(P.113) できるところからコツコツと。学びながら、調べながら、訪れた人の声を聴きながら、徐々につくりあげていってほしいのです。ポイントは、そのプロセスを楽しむこと。

 

 

ポイントの部分は重要。

私はブログ継続のコツ。

ツイッターのコツなども聞かれます。

その答えの1つが楽しむです。

 

楽しいからブログもツイッターもやっている。

そこからの数字の結果や成果なんですよね。

まず、自分が楽しめるかどうかって大切。

これからも楽しみつつの結果を求めていきたいです。

 

 

【自宅でオンライン起業はじめました (秋田 稲美)】

 

自宅でオンライン起業はじめました

自宅でオンライン起業はじめました

  • 作者:秋田 稲美
  • 発売日: 2020/12/09
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

 

・今の時代は自宅でいろいろ動ける時代

 

【新刊】 ゼロから稼ぐ力 自宅でオンライン起業はじめましたでした。

私に関しては基本的にインドア派。

自宅からでも困らないことが多いです。

ほんと時代に助けられたと思っています。

本書のオンライン起業も時代に即したことだと思います。