不思議の国のアラモード

新商品を中心とした食レポや習慣を中心とした読んだ本の感想を書いてます

あなたは暗示が掛かってます 行動できない自分からの脱出法

スポンサーリンク

☆行動できない理由がよくわかります

f:id:acutehappp:20171122144741j:plain

 

先週1週間。

1日2記事更新しました。

今週もそのつもりでした。

しかしながら、昨日は1記事。

今日も1記事の更新です。

 

実は昨日の夕方から体調不良を起こしました。

胃腸風邪みたいな感じで起きられず立ち上がれず。

ずーっと布団に入って寒気で悪寒が酷い状態でした

ブログ更新をお昼にしておいてホント良かったです。

あの状態からのブログ更新はできる状態では無かったです。

 

一応、2記事更新する前に書いたこと。

これから冬ですし寒くなって体調不良もあると思います。

体調不良の場合は休みますと書きました。

その注意書きを書いておいて良かったですw

ということで、病み上がりなので今日も1記事更新でご了承ください。

 

「行動できない」自分からの脱出法!──あなたを縛る「暗示」にサヨナラ

 

書名:「行動できない」自分からの脱出法! あなたを縛る「暗示」にサヨナラ

著者:大嶋信頼

出版社:清流出版

出版年:2017年10月20日

ページ数:208ページ

 

今日が11月22日。

一般的にいい夫婦の日と言われる日に記事を書いています。

先月10月20日に登場したばかりの新刊です。

行動できなくて悩んでいる人。

それは暗示がかかっているからかもしれません。

それでは、目次から見ていきましょう。

 

☆あなたは暗示が掛かってます 行動できない自分からの脱出法

 

はじめに
第1章:変わりたい、でも変われないと思っているあなたへ
第2章:完璧主義じゃなくていい!
第3章:失敗が怖い人は、「菌」を増やしてみよう!
第4章:自分をブロックしている"呪いの暗示"に気づく方法
第5章:なりたい自分になる! "呪いの暗示"を解く方法
第6章:「行動できない」あなたのための、対処法いろいろ!

 

目次です。

変わりたいけど変われない。

身動きが取れない。

そういう人の対処方法。

脱出したい人は脱出方法が書かれています。

読んでいて腑に落ちる部分も多いです。

 

(P.3) ここで解説する内容は、普通の心理学や精神科学の理解とはかなりかけ離れているかもしれませんが、楽しんで読んでいただければ幸いです。そして、本書に書いてある「行動できるようになる方法」を実践してみると「へ ! そうなのかもしれない!」と思えることがあって、いつの間にか、なりたい自分へと変化しているかもしれません。この本を呼んでいただくことでいつの間にか「行動できる自分」になっていることを願っています。

 

普通の心理学や精神科学の理解とはかなりかけ離れている。

そう聞くと「えっ」て印象も受けますよね。

ただ、著者の大嶋信頼さん。

7万件の臨床経験を持つ大人気カウンセラー。

そういう部分で信頼できる人でもあります。

いつの間にか行動できる自分に変化している。

 

(P.31) 本を読んで「これからは行動できるようになれるかも!」と思っても、結局何にも行動できないのは、本当は誰かから入れられている"暗示"の力なのですが、普通はそんなことに気が付きません。
一見「自分は変わらない !」という自己暗示を自分にかけているようにも思えますが、"暗示"のオリジナルは両親だったり、パートナーだったり、また、会社の人だったりするんです。だから「変わらない!」と思ったら「あ! 暗示が入っているのかも?」と探ってみると見方が変わります。

 

本を読んでいての実体験。

ある部分は自分の中で変化が起きて「すぐ」変われます。

ある部分はなかなか変化が起きずに変われません。

こういうときに思ってしまうこと。

それが自分自身に対して自分は変わられないと思い込んでいる。

そういう方向性に考え方が言ってしまいます。

著者の大嶋信頼さんはそうではないと書いています。

それも、暗示が多方面から掛かっている。

行動できないや変われないは暗示の効果。

だから、暗示が掛かってるかもと自分を探ることをオススメしています。

 

(P.99) でもそう書いたら「そんなの親のせいにしているだけじゃん!」とか「勉強をしない言い訳じゃん!」と読者の方から避難されてしまいますね。私も自分のことを「言い訳ばかりしているダメ人間で、ちっとも自分で前に進めない」と思っていました。
でも実際、母親から「この子は言い訳ばかりして、将来、大変なことになるかも?」と心配されていたんです。この"呪いの暗示"の検証をする機会が私には与えられました。

 

自分で自分を責める。

自己否定は人間に付きものだと思います。

人や環境に対しての文句。

言い訳してるだけと諭されることも多いかもしれません。

「もっと辛い環境で頑張っている人も多いんだよ」

この言葉はつい吐きがちな言葉だと思います。

 

でも、本当にそれって言い訳なのか。

行動できないことや変われない理由は自分の中。

暗示がかかっているからじゃないかと一貫して主張されています。

大嶋信頼さんは暗示を解こうと仰っています。

暗示は過去の親からの刷り込みだったりそういうことです。

自分の内面を見つめる時間も大切だと本書を読んで改めて思いました。

 

【「行動できない」自分からの脱出法! あなたを縛る「暗示」にサヨナラ】

「行動できない」自分からの脱出法!──あなたを縛る「暗示」にサヨナラ

「行動できない」自分からの脱出法!──あなたを縛る「暗示」にサヨナラ

 

 

 

☆まとめ

「行動できない」自分からの脱出法! あなたを縛る「暗示」にサヨナラ

大嶋信頼の本を読んだ読書感想文でした。

どうせ暗示が掛かるなら悪いよりも良い。

良い暗示を自分に掛けていきたいですよね。

1つ1つ過去にもらった暗示の呪縛を解いていきたいと思いました。