【新刊】 好かれる技術 荒木シゲルの仕事のしぐさ図鑑

スポンサーリンク

・しぐさ1つで印象がガラリと変わる

f:id:acutehappp:20210322102028j:plain

 

 

デキる人。

残念な人。

しぐさ1つであなたの印象が変わります。

 

これは戒めでもあります。

悪いしぐさって誰しも1つはありそうです。

クセになっていること。

 

例えば、貧乏ゆすりがクセになっている。

これはわかりやすいところだと思います。

本人的には直したいけどクセだから直しにくい。

ただ、しぐさ的にはNGなのはわかるので矯正したいですよね。

仕事のしぐさについて本書から学んでいきましょう。

 

 

 

仕事のしぐさ図鑑 「デキる人」「残念な人」を決める50のポイント

 

 

 

書名:仕事のしぐさ図鑑 「デキる人」「残念な人」を決める50のポイント

著者:荒木 シゲル

イラスト:髙栁浩太郎

出版社:ダイヤモンド社

出版年:2021年2月17日

ページ数:176ページ

 

 

デキる人と残念な人を決める50のポイント。

言葉以外で好かれる技術。

言葉というのは大きなところをしめています。

とは言え、言葉が良くてもしぐさで台無しはもったいない。

図鑑と言える本書を私なりの書評していきます。

 

 

 

・「デキる人」と「残念な人」で比較してポイントをまとめ

 

(P.6) 本書では、奥深い「非言語コミュニケーション」の具体的な方法を、ちょっとした「しぐさ」のコツとして紹介していきます。前半は会社の内外でありそうなシチュエーションごとに「デキる人」と「残念な人」で比較して、ポイントをまとめました。

 

 

【目次】


はじめに


Basic:基本編 社外のしぐさ


Parts:パーツ編


Others:番外編


海外NG


おわりに

 

 

本書の概要と目次でございます。

デキる人と残念な人を比較。

ポイントをまとめてくれています。

イラストも付いていますのでわかりやすかったです。

 

 

(P.30) 注目してもらいたいことを話す前に、数秒の間をつくる。その後に、悪い話をするのであれば厳しい顔、明るい話をするときは笑顔など、わかりやすく表情を作ってから話を続けます。表情が次の展開のヒントとなるので、ボーッと聞いている聴衆も自然に話についてこられます。

 

 

表情1つで印象が変わる。

数秒の間をつくるという部分。

私はある人を思い浮かべました。

 

みのもんたさんです。

みのもんたさんの印象ありませんか?

 

悪い話をするのであれば厳しい顔。

明るい話をするときは笑顔。

数秒の間をおいて話題に入るときの印象。

私はみのもんたさんをイメージしました。

 

 

(P.82) 相手の目を見て、ゆっくり大きくうなずきながら話を聞きます。尋ねられた質問には、相手が話し終わるのを待って、ひと呼吸おいてから低いトーンでゆっくり話しましょう。

 

 

焦りすぎずにひと呼吸おく。

間を取る大切だと感じます。

 

「相手が話し終わるのを待つ」

 

この辺りは私生活の会話。

仕事に限らず友人や恋人や家族。

普段の話を聞く心構えでも大切じゃないでしょうか。

 

 

(P.100) コップや皿、またはノートPCなど、相手と自分の間にある物を片付けて話しましょう。余計な障害物がなくなることでお互いに親近感が高まります。

 

 

周りに何かあると気になるはずです。

これは1人のときでもそうだと思います。

作業に集中したいとき。

 

視界に入るものを片付けてから作業。

集中して作業できる環境が整うんじゃないでしょうか。

 

 

(P.161) 繰り返し練習して、その動作を感覚的に覚えることで、本番ではアタマで考えるより先にカラダが反応して、結果を出すことができます。コミュニケーションもまったく同じです。日ごろから表現することに慣れていないと、いざ人前で上手にふるまおうとしても、いきなりではうまくいきません。

 

 

日常のコミュニケーションもそうです。

何かの本で書いてあったことの受け売りになります。

 

「電話中にしぐさを出して会話する」

 

もちろん、ひと目が気になる人もいると思います。

場所を選んでということも少なからず絡むでしょう。

自宅で電話していると仮定しましょう。

 

そのときに3つありますと言うところを指を3本立てる。

ありがとうございますのところでお辞儀する。

相手の方には見えてないけど動作も入れておく。

言葉に繋がるし普段の動作が人前での部分に繋がる。

馬鹿にできないことだと私は感じます。

 

 

【仕事のしぐさ図鑑 「デキる人」「残念な人」を決める50のポイント】

仕事のしぐさ図鑑 「デキる人」「残念な人」を決める50のポイント

仕事のしぐさ図鑑 「デキる人」「残念な人」を決める50のポイント

  • 作者:荒木 シゲル
  • 発売日: 2021/02/17
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

 

・残念な人の視点もございます

 

【新刊】 好かれる技術 荒木シゲルの仕事のしぐさ図鑑でした。

本書はデキる人と残念な人のしぐさです。

書評ではデキる人の視点を紹介しました。

 

本書的にはどちらの視点もわかりやすい。

右ページにデキる人。左ページに残念な人。

解説とイラスト付きで伝わりやすい内容になっております。