【新刊】 度胸がないあなたへ 寺田有希の対峙力

スポンサーリンク

・寺田有希さんの新刊を読んでみた

f:id:acutehappp:20210131152637j:plain

 

 

あなたは寺田有希さんをご存知ですか?

その質問をしている私自身になります。

そこまで知っているわけではございません。

 

ただ、堀江貴文さんが好きな人。

ホリエモンさんが好きな人の場合です。

当ブログの書評カテゴリー。

堀江貴文さんの本をまとめたカテゴリーがございます。

 

だから、YouTubeなどの他の活動。

書籍以外もチェックしていたりします。

そこで名前を知っているのが寺田有希さんです。

 

ホリエモンチャンネルのアシスタントさん。

そのような伝え方で語弊が無いかどうかはわかりません。

ただ、堀江貴文さんとゲストも居る中で対等にやり取りできる。

寺田有希さんって凄いと思っていた部分があります。

だからこその本書のタイトルである「対峙力」じゃないでしょうか。

 

 

 

対峙力 誰にでも堂々と振る舞えるコミュニケーション術

 

 

書名:対峙力 誰にでも堂々と振る舞えるコミュニケーション術

著者:寺田 有希

出版社:クロスメディア・パブリッシング(インプレス)

出版年:2020年12月11日

ページ数:256ページ

 

 

堀江貴文さんも驚愕。

「だからこんなに話しやすいのか!」

気になる言葉が並んでいる帯になります。

「対峙力」という部分です。

寺田 有希さんから書評して教えていただきましょう。

 

 

 

・本書は自身の経験を元に導き出した方法を記した本

 

 

(P.8) この本は、コミュニケーションや会話術を研究した専門家が書いた本ではありません。あくまで女優である私が、自身の経験を元に導き出した方法を記した本です。

 

 

【目次】


序章:対峙力で人生を変える


第1章:誰に対してもひるまないスキルを身につける――「人」との対峙


第2章:いつでも必要とされる存在になる――「仕事」との対峙


第3章:信頼できる自分に変わる――「自分」との対峙


第4章:自分の可能性を広げる――「夢」との対峙


終章:対峙力で開ける、新しい未来

 

 

本書の概要と目次でございます。

著者である寺田 有希さんが切り開いてきた部分。

実体験を踏まえての「対峙力」なので説得力があります。

本書を読んでみて改めての考える機会になりました。

そのときに活かせる視点を参考にさせていただきます。

 

 

(P.21) 根は小心者で人見知りだし、そもそもいまのようにフリーランスで活動していこうなんて微塵も考えていませんでした。フリーになったのは、個の時代に合わせたわけじゃなく、「事務所をクビになったから仕方なく」という理由なだけ。泣く泣くフリーになったときも、組織に所属したくて、いい事務所はないかと知人に聞きまくったり、何社もの事務所に履歴書を送ったりしていました。

 

 

寺田 有希さんの人となりです。

今の寺田 有希さんだけ見ると印象が違いますよね。

みなさん色んな道を通ってきている。

だからこその書籍で語る重みを感じます。

 

根は小心者で人見知り。

私も実際この部分は強いです。

コミュ障で人見知りとはよく言います。

でも「ウソでしょ!?」と言われる機会も多いです。

やはり、この辺りは大小あれど私も人生経験だと思っています。

 

 

(P.31) 自分がやりたいことに突き進むのは大切です。けれど、まずは、いまの自分に求められることを100%できるようになること。そうすればスキルを上げていけるし、「自分は世の中から見てどういう存在なのか?」がわかる。自分の得意なことで世の中を渡り歩いていけるようになる。そのほうが自分にも周りにもプラスになると気づいたんです。

 

 

自分自身を見つめる。

自分自身を見直す時期をつくる。

私もとても大切な時代だと感じます。

ブログもSNSも音声も動画もです。

 

比べたら周りに比べる材料なんて沢山ある。

だからこそ逆説的に比べないという選択肢。

自己を見つめ直す方に時間を割く方が有意義だと感じます。

他人は他人で自分は自分ですからね。

 

 

(P.42) お伝えしたとおり、私のMCは大体がアドリブです。ただ、全く何も準備していないわけじゃなくて、「オープニングではこうして、中盤ではありまして……」と全体の「下絵」ぐらいは描いています。その下絵こそが、頭の中で自分だけにわかる形で準備しておく「チェックリスト」なんです。それを道しるべにすれば、予定外のことにも柔軟に対応しながら会話を回していけます。

 

 

私が音声配信をする場合です。

台本って基本的に準備しません。

かと言っていきあたりばったりでも無い。

これを上手く説明することなかなか難しかった。

 

今回の寺田 有希さんが仰られていること。

まさしく自分自身が意識的にやっていることです。

例えると「チェックリスト」は腑に落ちます。

私は小説で言うところのプロット作りみたいなイメージです。

「道しるべにする」ってたとえはとてもしっくり来ました。

 

 

(P.71-72) 上手に話の切れ目を見つけるには慣れが必要ですし、常に頭をフル回転させながら聞く必要があります。かくいう私も、いまだに失敗してしまうことはあります……。ただ、回数を重ねるうちにだんだん精度が上がってきたように思います。会話には流れがあって、キャッチボールになっています。なんの前振りも結論もない発言はほとんどありません。その発言によって相手が何を言いたいのか、想像を働かせてください。

 

 

肝に銘じたいと思いました。

自分が話すよりも相手に集中する。

 

「常に頭をフル回転させながら聞く必要がある」

 

これくらいの意識を持ち続ける。

本書で言うところの対峙力。

能動的に意識的に鳴って対峙する。

改めて気持ち的にシャキッとさせていただきました。

 

 

【対峙力 誰にでも堂々と振る舞えるコミュニケーション術】

 

対峙力 誰にでも堂々と振る舞えるコミュニケーション術

対峙力 誰にでも堂々と振る舞えるコミュニケーション術

  • 作者:寺田 有希
  • 発売日: 2020/12/11
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

 

・対峙力を意識して活動する

 

【新刊】 度胸がないあなたへ 寺田有希の対峙力でした。

本書を読んでみて率直に思ったことです。

もっともっと襟を正して活動していく。

能動的に意識的になること大切と感じました。