【新刊】 1口30万円からエンジェル投資家になって億を築く

スポンサーリンク

・エンジェル投資家について初心者さんも安心

f:id:acutehappp:20200917181811j:plain

 

 

あなたはエンジェル投資家さんについて。

エンジェル投資家についてご存知ですか?

 

私に関してはエンジェル投資家。

もちろん、名前は知っています。

何となくのイメージで語れるは語れます。

しかし、具体的に語れと言われても口ごもってしまいます(汗)

 

本書は「エンジェル投資家になって億を築く」です。

その一方でエンジェル投資家についての知見。

まったく知らない人もゼロから優しく知ることが出来ます。

私も何となくのイメージから具体的に近づけた新刊です。

 

 

1口30万円から、エンジェル投資家になって億を築く! ~学校では教えてくれない 個人資産100億円の築き方

 

 

書名:1口30万円から、エンジェル投資家になって億を築く! ~学校では教えてくれない 個人資産100億円の築き方

著者:増田 裕介

出版社:ぱる出版

出版年:2020年8月3日

ページ数:208ページ

 

 

学校では教えてくれない。

個人資産100億円の築き方。

このような視点というのは人に聞く。

本で著者さんの価値観に触れてみてくらいしか無いですよね。

書名からしても気になる本書を私なりの書評していきます。

 

 

・本書きっかけでエンジェル投資を始め3年後に今と違った景色が見えることを期待

 

 

(P.4) 「資産をつくりたいが何をしていいかわからない」という方は、ぜひエンジェル投資の世界を覗いてみてはいかがでしょうか。本書がきっかけとなり、エンジェル投資を始め、3年後には今までと違った景色が見えることを期待しています。

 

 

【目次】


はじめに

 

プロローグ:そもそもエンジェル投資家とは何か?

 

第0章:エンジェル投資家を始める前に知っておくべき基礎知識

 

第1章:エンジェル投資家でどれだけ儲けられるのか?

 

第2章:失敗しない投資先の見分け方「7つのルール」

 

第3章:エンジェル投資先の見つけ方

 

第4章:戦略的エンジェル投資

 

第5章:エンジェル投資の実務とは

 

第6章:エグジット後の戦略構築

 

おわりに

 

巻末資料

 

 

本書の概要と目次です。

「エンジェル投資家」という言葉。

聞いたことはあって何となくのイメージ。

そのような方も多いんじゃないでしょうか。

 

本書の最初はエンジェル投資家とは何か?

そこからスタートしていくのでご安心ください。

私としても何となくのイメージで頭に浮かびません。

最初からしっかりと頭にいれるつもりで読ませていただきました。

 

 

(P.22) エンジェル投資とは、立ち上げ初期の未公開企業に投資してリターンを得ることをいいます。立ち上げ初期の企業とは、スタートアップ企業のことです。ベンチャー企業ともいいます。簡単にいえば、起業して1年間も経っていない出来立てホヤホヤの会社のことです。その企業に自分のお金を出資して、会社がうまくいった際にリターンを得ることがエンジェル投資の目的です。

 

 

その本場はアメリカ。

しかしながら現代の日本。

エンジェル投資家を名乗る人。

有名人の方でも徐々に増えてきている印象です。

 

日本でもブームになりつつある。

どうしてもスケールはアメリカの方が大きいです。

それに日本ではまだまだ文化が根付いて無いのもあります。

今後どうなるかわかりませんし今のうちに知識をつけておく。

エンジェル投資の世界を知っておくだけでも大切かもしれません。

 

 

(P.27) 投資の格言にもあるように「飲んで寝て忘れる」が基本だと思います。あなたがサラリーマンであれ、経営者であれ、エンジェル投資では自分に無理のない資産を投資して気長に待つことが、結局は一番といえます。ただし、年に一度のレポート(決算書)には必ず目を通し、その会社の出資者の集まりにはできる限り顔を出しましょう。その会社のことだけでなく、様々なネットワークを築くことができ、より豊かなエンジェル投資の世界に浸れるようになるはずです。

 

 

飲んで寝て忘れるが基本。

自分に無理のない資産を投資。

気長に待つスタンスって本当に大切なんですね。

すぐには育たないというは何でもそうです。

その時間すらも楽しむ姿勢でエンジェル投資を楽しみましょう。

 

 

(P.29) 必ず名刺だけでなくSNSでつながってくださいということです。今の経営者は例外なく、LINEやMessengerなどのSNSを使用しています。私の場合も出資や投資情報のほとんどはSNSで送られてきますので、エンジェル投資専用のSNSを用意しておくべきでしょう。その際に、自己紹介やどのような投資に興味があるのか、投資実績なども載せておけば、相手も安心してアプローチしてくると思います。

 

 

これは本書ではなく私の持論。

 

「SNSは現代の名刺がわり」

 

ツイッターにしても名刺になります。

名刺として捧げても大丈夫な運営。

私の中では意識的に運営しています。

引用視点のSNSを聞くという話し。

 

私としても素が出てる部分もあります。

おもしろい考え方を知る機会になるかもしれません。

実績なども含めて載っていたらわかりやすい。

SNS1つで色んなことが見えてくる時代です。

 

 

(P.33) 起業家になるよりも投資家になるほうが断然簡単です。今では投資信託やETFなど、1万円から投資できるものもいっぱい転がっています。ただし、ネット検索で探せてネットで完結できるような投資では、不労所得を得るためのたね銭を稼ぐのはほぼ不可能です。少ない資金で数千万、数億円と稼ぐためには、やはりエンジェル投資が一番効率が良いと思います。まずは自分の足で行動してみましょう。休みの日にでも情報を収集しに出かけ、将来莫大な利益を生んでくれる可能性のある経営者を探すのもエンジェル投資の醍醐味です。

 

 

起業家になるよりも投資家にになる方が断然簡単。

そのためにはタネ銭という部分。

稼ぐためのタネ銭をしっかり準備してですね。

エンジェル投資についての知見や見解。

他の投資と違う部分を多く知ることができました。

 

 

【1口30万円から、エンジェル投資家になって億を築く! ~学校では教えてくれない 個人資産100億円の築き方】

 

 

・本書を読んでエンジェル投資家が身近になる未来

 

【新刊】 1口30万円からエンジェル投資家になって億を築くでした。

エンジェル投資という何となくしか見えていなかったこと。

他の投資と比べた視点なども多く書かれていてわかりやすかったです。

 

これからの日本でもエンジェル投資。

エンジェル投資家さんが増える予感が高まる1冊です。

あなたもエンジェル投資に興味が湧いてくる新刊だと思います。