素晴らしい視点をあなたへ 植木祐子の大切な人への愛の伝え方

スポンサーリンク

・褒める、認める、信じ切る、愛すること

f:id:acutehappp:20200303160538j:plain

 

あむまです。

あむま@ブログ6年継続×元祖ツイッターラジオ (@amuma0204)

 

大切な人へ感謝の気持ち。

大切な人へ愛を込めた気持ち。

あなたは伝えているでしょうか。

どうしても照れくさいってありますよね。

 

ただ、いつ伝えられなくなるかわかりません。

伝えられるときに伝えられた方がいいですよね。

そして本書で言うところの「伝え方」です。

どうやって伝えたらいいかわからない。

 

愛の伝え方とはと思う人もいるかもしれません。

大丈夫です。安心してください。

本書で言うところの愛の伝え方。

それぞれの章で詳しく解説していただいています。

 

褒める、認める、信じ切る、愛すること〜 大切な人への愛の伝え方

 

書名:褒める、認める、信じ切る、愛すること〜 大切な人への愛の伝え方

著者:植木祐子

出版社:みらいパブリッシング

出版年:2019年8月13日

ページ数:160ページ

 

母性の塊のような著者。

どん底の人生を経験しました。

しかし、その経験があったからこそです。

学びと実践で得た愛の伝え方を教えていただきましょう。

 

・植木祐子さんからの魂を込めた言葉のプレゼント

 

(P.7) 【大切な人への愛の伝え方】
この本を手にしてくださったあなたへ。そして、あなたの大切な人へ。私からの魂を込めた言葉のプレゼントを、ぜひ受け取ってください。たくさんの神様の愛がみなさんに降り注ぎますように。

 

【目次】


まえがき:あなたは愛されるために生まれてきた!

 

序章:自分は誰からも好きになってもらえない

 

第一章:人間は誰でも、不安になったり、孤独を感じるもの

 

第二章:褒める

 

第三章:認める

 

第四章:信じ切る

 

第五章:愛すること

 

おわりに:自分を愛しなさい。そうすれば道は開かれる

 

大切な人への愛の伝え方。

伝えるって難しいです。

特に感謝の気持ちなどはそうだと思います。

真心を込めた愛の気持ち。

言葉に出したり感じたりしたくなる内容です。

 

(P.24) 誰かのために文章を書いたり、読んだりできることも、そのどれもが、すべて奇跡であることに気がつきました。ここに生きていることが奇跡の毎日なのだと。ひとつひとつが、かけがえのない宝物のように思えてきました。そして、いつもそばにいてくれる神様がいる。『ありのままの私を良し』とお創りになった神様がそばにいることに気がつきました。

 

当たり前は当たり前じゃない。

何気なく過ごしている日常生活。

ちょっとしたことで崩れてしまいます。

奇跡の毎日って言葉は大げさでも無いと感じます。

 

その自覚を持ち1日を過ごしてみる。

勝手に感謝が込み上げてくるかも知れません。

色んな人が居てくれて色んなことが体験できる。

世界は愛に満ち溢れています。

 

(P.29) 人は褒められるために生まれてきたと言っても過言ではない。それほど褒め合うことは、人が生きる喜びを感じる、幸せを感じられる、人と人とが、コミュニケーションを取る上で、大切なことだと私は思っています。

 

インターネットに関してです。

ネガティブフォーカスしている人が多い。

ついつい、ゴシップニュースを見てしまう。

流れてきてしまうから拾いやすいかもしれません。

 

ある書籍で書いてあったことに私は共感しました。

「ネガティブシェアしない」

悪いニュースを見てしまうのは仕方ない。

それくらいネット上には溢れています。

 

しかし、そのニュースを広めない。

自分のところでストップさせる。

ネガティブシェアをしない精神です。

人の欠点やあら捜しをするよりもになります。

褒めあえる関係性で行きましょう。

 

(P.41) 自分が相手に発する言葉も、良い言葉、ポジティブな言葉、優しい言葉、褒め言葉、励まし言葉、天使言葉、ほんわか言葉、ふわふわ言葉……などを使うことは、自分のためでもあるのです。自分が発した言葉は、自分が一番聞いている。相手を褒めることは、自分を褒めること。そのことを忘れないでくださいね。

 

相手を褒めることは自分を褒めること。

私もそのように思っています。

というのも脳科学の話。

脳は自分に言ったか他人に言ったか理解できない。

 

他人に不平不満をぶつける。

ブーメランになって自分に舞い戻ってきます。

それだったら相手を褒める視点です。

相手を褒めることは自分を褒めることにも繋がっています。

 

(P.86) 大切な人を評価で褒めるのではなく、ありのままの存在を認めてあげてほしい。これを読んでくださっているあなたもまた、素晴らしい存在であることを知ってほしいのです。

 

私の今年のテーマ軸は「自愛」です。

自分を褒めるときだって同じこと。

外部の影響があったから褒めるのではない。

ありのまま存在しているだけで素晴らしい。

 

自分でも他人でも重要なこと。

ましてや、大切な人ならなおさら持っておきたい視点。

自分自身を大切にして世界を愛する。

世界は優しいです。

 

【褒める、認める、信じ切る、愛すること〜 大切な人への愛の伝え方】

褒める、認める、信じ切る、愛すること〜 大切な人への愛の伝え方

褒める、認める、信じ切る、愛すること〜 大切な人への愛の伝え方

  • 作者:植木祐子
  • 発売日: 2019/08/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

 

・愛があふれる世界は1人1人の心に

素晴らしい視点をあなたへ 植木祐子の大切な人への愛の伝え方でした。

感情というのはどちらの感情を持つことも出来ます。

あなたにとって大切な人はいるはずです。

日頃から感謝の気持ちを持ち愛を伝えていきましょう。