1日1日あなたの心がけ 植西聰の毎日をいい日にする感謝のコツ

スポンサーリンク

・あなたの感謝力が高まる1冊

f:id:acutehappp:20200220174926j:plain

 

あむまです。

あむま@ブログ6年継続×毎日ライブ配信 (@amuma0204)

 

感謝にコツなんてあるの?

そのように思った人。

もしかしたらいらっしゃるかもしれません。

私は感謝のコツってあると感じます。

 

不足や欠乏をついつい見てしまう。

私はこちらのタイプ寄りです。

目の前にある充足より不足が目につく。

よく言う当たり前は当たり前じゃない。

そのようなところは感謝できるはずです。

 

「ありがた迷惑」

日本語でこちらの言葉もあります。

感謝してるはずが相手にとっては迷惑。

それだと本末転倒じゃないでしょうか。

本書から感謝のコツを学んでいきましょう。

 

毎日をいい日にする! 「感謝」のコツ

 

書名:毎日をいい日にする! 「感謝」のコツ

著者:植西聰

出版社:PHP研究所

出版年:2019年8月30日

ページ数:224ページ

 

ありがとうと言う言葉。

もっともっと良いことが起こる言葉。

普段から感謝に視点を置いていく。

本書の95の言葉から視点をいただいていきます。

 

・本書が今日という日を良い日にするために少しでも役立つことができれば幸い

 

(P.5) 本書では、「具体的に、どのようにして一日一日を感謝して『良い日』にしていくのか。『日々是好日』を実践していくのか」、そのコツを様々な角度から解説しました。人生というのは、一日一日の積み重ねです。すなわち、今日という日を大切にして、今日という日をできるだけ楽しい良い日にしていくことを心がけることで、一日一日の積み重ねである人生というものがすばらしいものになっていくのです。そういう意味で、本書が、今日という日を良い日にするために少しでも役立つことができれば幸いです。

 

【目次】


まえがき

 

第1章:「感謝する」ということを習慣にする

 

第2章:物事を思い通りにしようと思わない

 

第3章:「二応の法則」で楽しく生きる

 

第4章:人のために「貢献」する生き方をする

 

第5章:「良いこと日記」を、日々つけていく

 

第6章:「少欲知足」で、満足して生きていく

 

第7章:計画を持って、一日一日を大切にしていく

 

第8章:「好奇心旺盛」に生きて、今日を良い日にする

 

第9章:楽天的になって、今日を楽しむ

 

本書の目次と概要になります。

実践できることは日々の生活に取り入れる。

そして本書を読んでいて思ったこと。

些細なことに感謝の機会が眠っている。

 

感謝できることは日々の生活に多い。

改めて気づかせてくれる1冊になりました。

本書を読むときは大切に噛み締めながらです。

本書を読めての感謝の気持ちも持ち書評しました。

 

(P.21) 人から親切にしてもらっているのに、「ありがとう」と言わないで済ませてしまうのです。しかし、感謝の言葉がなければ、その人は、人から親切にしてもらっていることに喜びやうれしさを実感することもないのではないでしょうか。ですから、その日が「良い一日だった」という実感を得ることもできません。そういう意味では、しっかりと感謝の言葉を言うほうがいいと思います。

 

ありがとうを伝えよう。

嬉しいことをしてもらった。

親切なことをしてもらった。

実感したらしっかり感謝を伝える。

 

照れくさい人は照れくさいかもしれません。

でもありがとうは素敵な言葉です。

ありがとうの輪が広がっていく。

相手も自分も良い気分になれるはずです。

 

(P.27) 感謝する気持ちを持つことによって、人のアドバイスを素直に受け入れられるようになります。また、それをきっかけに、いい方向へ自分が変わっていけることも多いのです。すると、人生が好転し、「良い日」が増えていくのです。

 

ネット上には素晴らしい人。

情報発信で有益なことを仰る人が多いです。

その人を見る視点が妬みや嫉妬で見てしまう人。

こちらはとても勿体ないことだと感じます。

 

謙虚さや素直さを持ち情報収集する。

感謝の気持ちが合ったほうが良い情報に巡り会える。

私はそのように思っています。

変な色眼鏡で見るのは勿体ない世界です。

 

(P.39) 食事の際に「いただきます」と「ごちそう様」という感謝を表す言葉をしっかり口にする。または、心の中でつぶやくことも、その人の心を豊かにすることにつながると思います。これも「日々是好日」の生き方の実践法となるのです。

 

こちらも照れくさい。

言えない人も多いかもしれません。

そこで「心の中」という記述があります。

食事の前に一度止まり心の中で感謝する。

食べられるのは当たり前じゃないですし忘れないようにです。

 

(P.45) 「思い通りにならないこと」を「本当に面白いこと」だと認識して暮らしていけば、一日一日を「好日」としていけるでしょう。落ち込んだり、イライラしたりすることなく、いつでも前向きに楽しく暮らしていけると思います。

 

人間の中の感情。

 

「コントロール欲求」

 

誰しも大小のコントロール欲。

持っているのは当たり前じゃないでしょうか。

だからこそ言えるのは引用の通りです。

 

思い通りにならないことを本当に面白いと思う。

逆の視点で思うことができればイライラしない。

落ち込んだりしないという視点はいいですね。

思い通りにならないからこそ楽しいと言えるようになりたいです。

 

【毎日をいい日にする! 「感謝」のコツ】

毎日をいい日にする! 「感謝」のコツ

毎日をいい日にする! 「感謝」のコツ

  • 作者:植西 聰
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2019/08/30
  • メディア: 単行本
 

 

 

・いつも見ていただき感謝します

1日1日あなたの心がけ 植西聰の毎日をいい日にする感謝のコツでした。

読んでいるだけで感謝の気持ちが溢れてくる。

日々の生活にありがとうと言いたくなる1冊です。

当ブログもいつも見ていだきまして本当にありがとうございます。