【新刊】これぞ[男磨き大全]と言える川瀬智広の童貞の勝算

スポンサーリンク

・まえがきから惹き込まれた楽しい1冊

f:id:acutehappp:20190521123010j:plain

 

あむまです。

あむま@ブログ6年継続×毎日ライブ配信 (@amuma0204)

 

本書のタイトル名。

童貞の勝算ってインパクトありますよね。

それだけ読んでみたいと思わせてくれる1冊です。

 

書名から連想するとです。

「恋愛本?」

そのように思うんじゃないでしょうか。

本書はそのような枠ではございません。

もっと大枠で言えます。

 

「男磨き大全」

 

男磨き。

異性からも同性からもひと目置かれる。

自分自身を磨くためには必須の1冊。

最近の私は自分磨きが出来ていない感もあります。

襟を正してそれでいて楽しく読ませていただきました。

 

童貞の勝算

 

書名:童貞の勝算

著者:川瀬智広

出版社:マネジメント社

出版年:2019年11月11日

ページ数:272ページ

 

たった3年で300人が彼女をつくる。

30組が成婚。

男の逆転メソッド。

自分に自信をつけたい私にもぴったり。

私なりの書評をさせていただきます。

 

・「俺、童貞じゃねーし!」と思いながら興味を持ってくれているあなたへ

 

(P.3) 「俺、童貞じゃねーし!」と思いながら、この本に興味を持ってくれているあなたへ――。安心してください。これはあなたの本です。なぜならこの本は、日本男児である以上、全員が読むべき男磨き大全だからです。

 

【目次】


まえがき

 

第1章:内面から别人になれ!

 

第2章:外見を変えて自信をつけろ!

 

第3章:コミュ力でイケメンを凌駕せよ!

 

第4章:【川瀬流トーク8選】を駆使せよ!

 

第5章:働く理由? モテるために決めってんだろ!

 

第6章:3ヵ月で彼女をつくれ!

 

あとがき

 

本書の概要と目次になります。

まえがきを読んでみた。

目次を読んでみた。

 

「この本は最高だろう!」

 

読む前から思えてしまう濃さ。

ページを捲るのワクワクしながら読みました。

引用させていただいた部分以外もです。

素敵な内容なので気になった人はぜひお手にとってみてください。

 

(P.24) 今からあなたがしなければならないのは明確です。それは、レベルアップという名の「自分磨き、男磨き」です。どのように男磨きをすればいいかは、これからどんどん開示していきます。

 

あなたが人を選ぶんじゃない。

「選ばれる人になろう」です。

当たり前のように思えて当たり前じゃない。

意外と選り好みしちゃう人も多いんじゃないでしょうか。

 

本書は選ばれる人になる方法。

男磨きと言っても何をすればいいの?

著者の実体験を元に書かれています。

私としても参考にしたいこと多く見つかりました。

 

(P.28) 恋愛でも仕事でも必ず勝負どころが存在します。誰もが簡単にうまくいっているわけではなくて、ここぞという時に勝負できるかが人生を決めるんです。例えば、たまたまあなたが、絶世の美女に出会ったとして、少しだけ話すチャンスがあったとして、あなたはその女性に、「もし今度時間が合えば、一緒にご飯いきませんか?」とデートに誘う一言を発することができますか? それが勝負どころなのです。今までのように、「どうせ俺なんて……」と思っていたら、絶対にその勝負どころで、デートに誘う一言を発することはできません。

 

ここで大切なのがこちらです。

 

「自己肯定感」

 

自己肯定感を高める。

そちらもありますが逆の視点。

「自己否定をしない」です。

 

デートに誘う一言を発する。

自己否定が強ければできませんよね。

自分なんてや断られたらどうしよう……。

その間にチャンスが逃げていってしまいます。

 

私も会いましょうと言われる機会が増えました。

この機会を逃さず会いましょうと言える人間になる。

まだまだ自己肯定感を高めたい1人です。

 

(P.41) 基本的に「男として人としてかっこいいと思える男性」は、肯定的な言葉、ポジティブな言葉、プラスの言葉を使う頻度が高いのに対して、「恋愛や仕事、または両方ともうまくいかない男性」は、否定的な言葉、ネガティブな言葉、マイナスの言葉を使う頻度が高いんです。

 

仕事も恋愛もです。

否定的な言葉を使わない。

 

「でも、いや、だって、どうせ」

 

極力使わないようにしようと仰っています。

言葉は言霊です。

自分が使う言葉が跳ね返ってくる。

 

つまり、肯定的な言葉を使おうです。

私も自分に肯定的な言葉を唱える。

否定的な言葉を使ってるときに意識的に修正する。

前向きの言葉で終わるようにするなど実践しています。

 

(P.56) 仕事も恋愛も、ゲーム感覚で捉えてみてください。ゲームって、クリアするまでのプロセスが楽しいからハマるんです。なかなか倒せない敵がいるから、なかなかクリアできないステージがあるから、なかなか解けない難問があるから、時間も忘れてドハマりするわけです。ラスボスに何度倒されようが、勝つまでやり続けますよね。一度ラスボスに負けたかって、もうゲームやめます? やめないですよね。

 

この視点です。

とても分かることになります。

諦めないで続けること。

何度も何度も立ち上がる。

私も意識して2020年を良い年にしたいです。

 

【童貞の勝算】

童貞の勝算

童貞の勝算

  • 作者:川瀬 智広
  • 出版社/メーカー: マネジメント社
  • 発売日: 2019/11/11
  • メディア: 単行本
 

 

 

・男磨きを怠らないを意識

【新刊】これぞ[男磨き大全]と言える川瀬智広の童貞の勝算でした。

日頃から怠らない精神。

自分磨きは大切にしたいですね。

素敵な視点を多く提供してくれるのが本書でした。