めっちゃ大切な視点!! あの人との距離が意外と縮まるうまい呼び方

スポンサーリンク

・呼び方1つで縮まる距離感

f:id:acutehappp:20200107110806j:plain

 

あむま(AMUMA)です。

あむま(AMUMA)@ブログ6年継続×毎日ツイッターラジオ (@amuma0204)

 

うまい呼び方。

良い呼び方。

悪い呼び方。

距離を詰める良い呼び方がわかる書籍です。

 

距離感って大切だと思います。

距離を縮めるのが上手い人。

距離を縮めようとして逆に遠ざかる人。

本書は「まずい呼び方」もわかります。

 

呼び方で印象が変わった。

良いも悪いも納得する視点。

今後に活かして行ける視点がわかります。

コミュ力アップに繋がる書籍です。

 

あの人との距離が意外と縮まるうまい呼び方

 

書名:あの人との距離が意外と縮まるうまい呼び方

著者:五百田達成

出版社:サンマーク出版

出版年:2018年4月9日

ページ数:269ページ

 

呼び方でそんなに変わるの!?

私は変わると思ったので本書を読みました。

呼び方についての視点。

うまい呼び方がわかる書籍を書評していきます。

 

・この本は呼び方で「めんどくさい人間関係」を攻略していく本

 

(P.1) この本は、「人の呼び方が、人間関係においてとても重要なのでは?」、つまり「呼び方によって、相手との関係が決まるのでは?」ということを分析する本です。そのうえで、「ベストな人間関係を築こうと思ったら、あなたは相手をどのように呼べばいいのか?」を解き明かすことに挑戦します。

 

【目次】
特別対談:なぜ栗山監督選手を「下の名前」で呼ぶのか?

 

はじめに

 

序章:この本は、呼び方で「めんどくさい人間関係」を攻略していく本です。

 

第1章:呼び方が「あなたの人間関係」をほぼ決める

 

第2章:呼び名のカラクリ

 

第3章:「目の前の人」のうまい呼び方 まずい呼び方

 

第4章:「自分」のうまい呼び方 まずい呼び方

 

第5章:「第三者」のうまい呼び方 まずい呼び方

 

第6章:なぜ僕には「あだ名」がないのか?

 

おわりに

 

冒頭の特別対談。

栗山監督の話からも惹き込まれました。

呼び方1つとっても人間関係が変わる。

栗山監督の体験談もとても良かったです。

 

本書では実用的な部分。

距離感が縮まる呼び方。

それに「まずい呼び方」がわかります。

私も意識的に呼び方を考えたいと思えた1冊です。

 

(P.17) 呼ばれた側は、「相手は自分をそういうふうに見ているのか」と敏感に感じとります。たとえば「そっち」と呼ばれたときには、「『理解できる』とは言っているけれど、本心では納得していないのでは?」と感じてしまうでしょう。逆に「○○さんのおっしゃったことはよくわかります」と、しっかり相手の名前を呼ぶことができれば、少なくとも初っ端で引っかかるような事態は避けられます。何なら、相手はそれだけで「私の意見を尊重してくれそう」と感じることも。このように「呼び方」ひとつで、相手が受ける印象はガラリと変わり、それはその場の「ふたりの関係性」にダイレクトに影響するのです。

 

引用の視点です。

文章として呼んだ場合。

「わかる、わかる」という人は多いと思います。

ただ、コミュニケーションにおいてです。

 

ついつい、やりがちなこと。

なぜなら、私も肝に銘じたいことだからです。

私は自分のライブ配信。

ペリスコープ経由のツイッターラジオを聞き返します。

 

そのときに言い方もうちょっとある。

まずい呼び方と思うことがまだまだあるからです。

相手の方に失礼ですし何よりも好印象を持たれる呼び方。

うまい呼び方ってどちらの面でも大切と実感しています。

 

(P.20-21) ところで、なぜ私がこれほど「呼び方」にこだわるのか、少し説明させてください。そのもっとも大きな理由は、「五百田達成」という変わった名前にあります。よく尋ねられますが、ペンネームではなく本名です。とくに名字の「五百田」は
、初見で読める人はほとんどいない珍しい名字。「達成」という下の名前もいそうでいなく、これまでたったひとりだけ出会ったことがある、というレベルです。なので、名前を間違えられたり、変な「呼ばれ方」をしたりしたことは数知れず、そのたびに「ぐむむ」と複雑な感情を抱えて生きてきました。その結果、「人にどう呼ばれるか」ということに非常に敏感になったのです。ですから、「呼ばれ方エピソード」は人一倍持っています。

 

著者である五百田達成さん。

「いおたたつなり」と読みます。

初見はさすがに読めませんよね。

失礼を承知で呼ぶよりも読み方を聞きます。

 

私も名前は変わっているタイプです。

読み方はそんなに難しくありません。

 

「これまでたったひとりだけ出会ったことがある」

 

引用部分でいうとココです。

五百田達成さんは達成という人。

お1人だけ会ったことがあるそうです。

私は未だに1人も会ったことがありません。

 

ネットのハンドルネーム。

私の本名をひらがななりで使う人は見かけます。

女性アニメキャラで同じ名前が1人いるくらいです。

どちらも女性の名前として使われることが多いですが(笑)

ぜひ自分と同じ名前の人と会ってみたい気持ちになりました。

 

(P.22) 以前、出版社に勤務していたときには、よく原稿などの荷物がバイク便で届きました。部署の入口のところでバイク便の人が「○○さん宛にお荷物です」と呼ぶのですが、あるとき「五百円さんにお荷物です」と言われたことがありました。バイク便の人が間違えたわけでなく、間違えていたのは伝票の書き手。その人の日常語のなかでは「五百」ときたらもう次は「円」しかなかったのでしょう。

 

名前の間違え。

誰しもあると思います。

例えば、私のハンドルネーム。

「AMUMA」にしてました。

 

結構、「AZUMA」に間違えられる。

それに打ちにくいと思いひらがなをプラスしました。

「あむま(AMUMA)」にしました。

面白いのがそれでも間違えられる。

 

「あまむ」さんと言われることあります(笑)

笑うくらいなので気にしてないですし訂正もしないんですよね。

少なくとも名前を呼ぼうと思っていただいているわけです。

それに明日は我が身という思いもあります。

私だっていつ間違えるかわからないので優しい気持ちが大切。

 

(P.44) 原則として、呼び方には、呼んだ人の気持ちがそのまま表れます。「呼んだ人が、相手との距離をどのように感じているか」が、生々しく表れるのです。「下の名前」を呼び捨てにするときの心的距離はかなり近い、「名字+さん」で呼ぶときの心的距離は「下の名前」や「あだ名」で呼ぶときほど近くない、といった具合に、呼び手が感じている「相手との心の距離」が「呼び方」には投影されています。

 

いきなりタメ口で呼ばれてしまう。

戸惑いが出る人のが多いと思います。

私も距離が縮まったよりも戸惑う方です。

ある程度の相手との関係性。

 

そこを踏まえての呼び方。

呼び捨てにしたから距離が縮まったでは無いんですよね。

仮に私が相手の方を呼び捨てにする場合です。

呼び捨てで大丈夫ですか?と確認を取ります。

相手の同意を得てからじゃないと驚くと思います。

 

(P.153) LINEは名前を呼びかけないのが一般的で、だからこそあえて名前を入れていくと、より効果的といえます。その日のやりとり「第一声」なら、「○○さん、おはようございます!」「○○さん、いつもお疲れさまです」など。何度かのやりとりの末に「了解です」という趣旨を伝えたい場合は、「○○さん、了解です」「了解です。○○さん、ありがとうございます!」などとするのです。このひと手間だけで、相手が受ける印象はガラリと変わります。

 

私はツイッターの挨拶。

おはようリプライなどいただいた場合。

相手の名前を書いて返信する。

その心がけを持って接しています。

 

本書を読んでみるとその返信方法。

自然とやっていたことですが良さそうです。

私としてはも引用最後の部分。

自分が受け身だからこそ相手からいただいた言葉。

ひと手間もふた手間もかけて真摯に返信したい気持ちです。

 

 

【あの人との距離が意外と縮まるうまい呼び方】

あの人との距離が意外と縮まるうまい呼び方

あの人との距離が意外と縮まるうまい呼び方

  • 作者:五百田達成
  • 出版社/メーカー: サンマーク出版
  • 発売日: 2018/04/09
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

 

・うまい呼び方、まずい呼び方

めっちゃ大切な視点!! あの人との距離が意外と縮まるうまい呼び方でした。

本書は「うまい呼び方」だけではございません。

「まずい呼び方」の方も書かれています。

誰しも無意識に使用している、まずい呼び方。

気をつけようと思える呼び方が見つかるかもしれません。