【新刊】腑に落ちる 人見知りとして生きていくと決めたら読む本

スポンサーリンク

・私も「人見知り」タイプだからわかります

f:id:acutehappp:20191227090152j:plain

 

 

孤独力のすすめ。

孤独の時間をつくろう。

「孤独」を大切にしよう系の書籍。

書店で見かける機会も多いと思います。

 

孤独とは少し違う方向性。

「人見知り」から見た視点。

珍しいタイプだと思い読んでみました。

私自身は極度の人見知りタイプ。

 

あんまり人に会わない。

だから会うときはすごく緊張します。

それに大勢の場所も苦手なタイプです。

ここに関しては書籍を読んで少しは改善した部分。

それに人見知りにもメリット・デメリットはありますよ。

 

「人見知り」として生きていくと決めたら読む本

 

書名:「人見知り」として生きていくと決めたら読む本

著者:午堂登紀雄

出版社:すばる舎

出版年:2019年11月19日

ページ数:224ページ

 

極度の人見知り。

口ベタ、ネクラな著者が語る方法。

人見知りでも生きやすい視点を提供してくれる42のコツ。

パート分けも多く参考になることが多く書かれています。

 

・人見知りで生きていこうと決めると心が軽くなる

 

(P.7) 人見知りで生きていこうと決めると、心が軽くなります。クヨクヨイライラすることが減り、日々を快適に過ごせます。本来の資質を生かして、自分らしく伸び伸びと充実した人生を送れるようになります。人見知りをひとつの資質として捉え、適した環境に身を置くことで、人生はガラリと変わってきます。本書が皆さまのお役に立てれば、これに勝る幸せはありません。

 

【目次】


はじめに

 

1:ストレスから解放される人見知りの生き方とは?

 

2:ムリして自分を変えなくていい 人見知りの「強み」はたくさんある

 

3:コツがわかれば乗り切れる 人見知りの「コミュニケーション術」

 

4:ストレスが激減する 人見知りの「人付き合いのコツ」

 

5:みんなといても、ひとりでいても楽しい 「孤独力」のすごいメリット

 

6:仕事の「選び方・やり方」にはコツがある 才能を発揮して活躍できる

 

7:告白せずに付き合える 恋愛・結婚相談

 

おわりに 

 

本書の概要と目次になります。

私は基本的に人見知りです。

それでも改善してきたところはしてきた。

自覚している人見知りでもあります。

 

人見知りで生きるメリット。

人見知りだから良かったと思える部分。

実は感じていることは前から多々ありました。

本書を読むと人見知りタイプの人。

よりメリットを感じて生きやすくなるはずです。

 

(P.26-27) 意思疎通とはお互いの感情や意図を伝え合うことですが、人見知りに限っていえば、相手の意図するところを汲み取り、共感することで、相手を尊重している、というメッセージを発信することにまずは比重をおきましょう。会話の目的が達成できればよいのですから、ムリして明るく振る舞ったり、饒舌にしゃべったりする必要は必ずしもなく、自分がやりやすい方法でコミュニケーションをとればいいのです。大事なのは、「人見知りの資質をいかに発揮できるか」を考え追求することです。

 

人見知りの資質という話。

私自身もこの部分の追求です。

それに話すよりも聞く側が好き。

そういう側面もあるのでわかります。

 

自分が人見知りなのを受け入れる。

その上での方法だったりプラス部分。

本書のような視点の本を読んで武器にする。

長所に気づいて生きることがオススメです。

 

(P.36) 傷つくことを恐れて内にこもり、世界が狭くなっていくと、人格の多面性を失い、人としての性能を下げるスパイラルに陥ってしまいます。こうした事態を避けるためにも、意見を引っ込めてはいけない場面や、自己主張すべき場面では、逃げずに主張する必要があります。快適で愉快な人生を追い求めるとしても、成長や自己変革を放棄してはいけないのです。本書でも、「性格や資質はそのままでいい」というスタンスを取りつつも、それぞれの場面で直面する状況について、「内向的な人見知りの人に適したアプローチがある」という見地から対処法をご紹介していきます。

 

私なりの書評なので私の実体験。

人見知りを理解しているからこその行動。

ネット上で言われることが多い話。

 

「人見知りに思えない」

 

このように言われる機会があります。

私の場合は知的好奇心旺盛タイプ。

こちらがあるからかもしれません。

でも基本軸は人見知りに寄っています。

 

自覚して受け入れているのが大きいと感じます。

人見知りのままだったらブログも書いていません。

ツイッターもライブ配信もしているはずがありません。

自分のそういう部分を受け入れ理解してやっていること。

その側面があるので楽しく出来ています。

 

(P.49) 自分が一方的にしゃべるだけの単なるおしゃべりは、外向的に見えてもコミュニケーション下手といえます。コミュニケーションは双方向に行われるものなので、一方的に聞かされている相手は欲求不満を感じるでしょう。その点、コミュニケーションが苦手だと感じている人は、聴き手に回ることが多いので相手の満足度が高まるなど、むしろ長所になります。

 

人見知りの長所。

メリットになり得る部分です。

私は知的好奇心旺盛。

そして人見知りタイプ。

 

つまり、人の話を聞くのが大好き人間。

自分が話すよりも聴き手に回る方です。

自分の話よりも相手の話を聞いていたい。

それも特に苦痛に感じることではありません。

むしろ、色んな話を聞けて楽しんでいます。

 

(P.54) 内向的な人が持つ、「口下手だけど論理的」「自己主張は不得手だけど、人の話をよく聞く」「対面や電話は苦手だけど、メールなどの文章を書くのは得意」という特徴が、より活かせる時代になるといえます。いまの私も、ほぼノートパソコンだけで完結する生活を送っていますが、自分を活かせる環境が整ってきたように感じます。

 

人見知りでコミュ障で内気。

言い方悪いけど社会不適合者。

そんな人も生きていける時代。

それがインターネットがあるからです。

 

大げさでも無いですし何度も言っていること。

ネットがあるから生きていられるという事実。

私自身はネット時代に生まれてよかったし恩恵です。

ネット時代に感謝しても仕切れません。

 

(P.157) 孤独の価値は、自分との対話である「内省」「内観」の時間を確保できる点にあります。内省とは、自分の考え、経験を振り返り、意味づけ、次の行動につなげること。内観とは、自分の内なる声に耳を傾け、それをそのまま受け入れることです。内省は反省などという単純なものではなく、自分の経験や事象を、自分が幸福になるように、その意味付けを修正して、行動につなげることです。

 

内省や内観の時間を確保できる。

自分を見つめる時間に使えるのわかります。

そして私も後半の部分が重要と感じます。

より良い毎日を送るために自分を見つめている。

 

人生をよくするための行動につなげるため。

この視点というのは本当に大切だと思います。

日々の私生活を良い方に向かわせる意味づけ。

そのために見つめ直して行動修正する。

私も来年に向けてより意識していきます。

 

【「人見知り」として生きていくと決めたら読む本】

「人見知り」として生きていくと決めたら読む本

「人見知り」として生きていくと決めたら読む本

  • 作者:午堂 登紀雄
  • 出版社/メーカー: すばる舎
  • 発売日: 2019/11/19
  • メディア: 単行本
 

 

 

・人見知りを活かす視点

【新刊】腑に落ちる 人見知りとして生きていくと決めたら読む本でした。

人見知り資質の人の長所やメリット。

とても感じることができる書籍でした。

私もより磨いて生きていこうと思って素晴らしい書籍です。