【新刊】運命の分かれ道 あなたの人生にはいいことしか起こらない

スポンサーリンク

・どんな心持ちで毎日を生きていくか

f:id:acutehappp:20191122082113j:plain

 

AMUMA (AMUMA@ブログ2100日継続×毎日ライブ配信×本好きの下剋上 (@amuma0204) | Twitter)です。

 

2019年が終わろうとする時期。

今回の書評はさせていただいています。

残り1ヵ月ちょっとで2019年も終わる。

人それぞれ思うところはあるはずです。

 

それと同時に「令和元年」ということ。

令和になってから半年が経過しました。

こちらも意識したいことです。

昭和、平成、令和。

 

昭和生まれの人や平成生まれの人。

「令和」に価値観をアップデートしているでしょうか?

昔ながらの凝り固まった価値観では生きにくい。

新しい価値観を入れておき多様な視点で生きる。

そのためにも読書は欠かせないと思います。

 

あなたの人生には、いいことしか起こらない (単行本)

 

書名:あなたの人生には、いいことしか起こらない

著者:鈴木真奈美

出版社:三笠書房

出版年:2019年9月19日

ページ数:221ページ

 

幸せになるためにイバラの道なんて一切いらない。

そもそもイバラの道と思うこと。

これがあったから今の私があると言えることになる。

人間塞翁が馬という言葉もありますからね。

 

本人の捉え方で変わる部分。

もしかしたら良い道に繋がっているかもしれません。

ただ、本人が悲観的になっていたら道を閉ざす可能性もあります。

あなたの人生にはいいことしか起こらない視点を本書で入れておきましょう。

 

・本書を読みほんの少しだけ意識を変えてみる

 

(P.13-14) 本書を読みながら、ほんの少しだけ、意識を変えてみてください。今ここから、あなたの運命が変わり始めます。望む未来は、いくらだって、今ここから、自由に選ぶこともできるのです。さあ、一緒に始めていきませんか? 時代に流されるのではなく、あなたの納得いく幸せな人生を!

 

【目次】
はじめに:望む未来は、いつからだって、スタートできる♪

 

第1章:「わたし」基準で働く時代がやってきた! ~激動の時代を生きる、あなたへ

 

第2章:自分らしく輝ける仕事の見つけ方 ~何のために、働きますか?

 

第3章:使命を生きると、必ずうまくいく! ~あなたにしか歩めない人生――お役目がある!

 

第4章:人間関係が変わると、運も幸せもやってくる ~転機の時こそ意識したい、人づきあい

 

第5章:あなたの生き方が「仕事」になる ~ピンチもチャンスもすべて活かせる

 

第6章:ピュアな情熱に従えば、毎日がワクワクで満たされる ~望み通りの人生を叶えるために

 

終わりに:あなたには最高の未来が待っている♪

 

本書の概要と目次になります。

激動の時代。多様性の時代。

色んな生き方がある時代に私たちは生きています。

その時代に大切なこと。

 

私はまず知っておくことだと思います。

知らなければ知らないまま。

令和の時代を昭和や平成初期の頃の価値観で生きる。

置いていかれたり時代錯誤になってしまう危険性。

そのためにも素直に謙虚に取り入れる視点が大切です。

 

(P.28) すべて「あなたありき」なのです。これから、二極化は、ますます進みます。そして流れは確実に、「組織」から「個」の時代へ切り替わっています。この時代の変動に振り回されていくのか。もしくは、新しい流れに沿って、あなたの望みのままに人生を切り拓いていくか。どちらも、あなたが選べます。

 

インターネットの恩恵。

インターネットが無ければ人生を諦めている状況。

そのように思うと感謝してもしきれません。

後はここから人生をどう切り拓いていくかという部分。

安心を感じられるまで持っていく。

 

『人生を這い上がり自立したい』

 

こちらの大義名分を完遂するのみです。

そのためにも毎日ブログ更新や毎日ライブ配信。

それにTwitterを覚悟を持って取り組んでいます。

あなたからの応援とても励みになっています。

 

(P.35) お金のため、生活のためといって、無理に我慢を続け、仕事や職場の犠牲になっていたら、何のための人生か、わかりません。好きなことをして、周りの人の笑顔もたくさん見ることができて、あなた自身も笑顔になれる。そんな生き方をしている人も、たくさんいるのです。合わない仕事や職場は、エネルギーを奪います。小さな違和感は、「生きるべき道はそれじゃないよ」「無理しているよ」ということを教えてくれる重要なサインなのです。あなたがイキイキ、幸せに働ける環境を、本気で探す時期かもしれません。

 

自分の中の小さな違和感に従う。

私はこの感情はとても大切だと感じます。

そもそもその違和感に従わなかった場合。

それで悪いことが起きた場合です。

 

後悔する人が多いと思います。

だったら違和感を感じたら違う場所を探す。

それをやめてみるというのもそうです。

違う方法や違う場所を探す視点も大切。

自分がイキイキしたり生きやすい環境に移るのもありです。

 

(P.49) 落ち込んでいる人がレバニラやギョーザをおいしそうにもりもり食べたり、爽やかに朝日を浴びている姿は、似合わないと思いませんか? 体や血液の状態を整えることで、陰のエネルギーも自然と、プラスのエネルギーに修正されていきます。また、あなたの中で起こっている「変容」をサポートするために、予定の詰め込み過ぎに注意して、ペースを少し落とし、ぼーっとする時間をもったり、たっぷり眠るようにしてください。決して、怠けているわけではなく、「未来の準備」です。

 

納税額日本一のお金持ち。

心が温まる著書で有名な斎藤一人さん。

斎藤一人さんも落ち込んでいる人。

焼肉に連れていき肉をたっぷり食べさせる。

 

要はその人に合わないこと。

この合わないは「似つかわしくない行為」です。

落ち込んでいる人が焼肉をガツガツ食べているのは変。

逆に言えば、落ち込むとその型通りに生きてしまいます。

 

無理をしない程度に変容させていく。

動けないときは動けないでたっぷり眠る。

私も今年の夏に超絶にメンタルやられた経験。

そのときはとにかく寝て回復につとめました。

どちらの軸も大切にしながら未来の準備していきましょう。

 

(P.62) あなたがこなすべき課題を乗り越え、あなたの波動が変わると、環境や感じ方が変わる、これは、自然なことです。あなたが変われば周りも変わる。不思議なことはあっさり起こります。「会社を辞める、辞めない」にとらわれると、「転職」「起業」が目的になってしまい、足元を見ずに、遠くにばかり意識が向いてしまいます。未来は、今ここから、つくられていきます。退職日を決め、設定した3ヵ月が経った時……組織に残る選択をするか、やり尽くして起業するか、は実際にやってみないとわかりませんが、見える世界やステージは、確実に変わっているはずです。

 

実際の体験談です。

当ブログの運営初期。

2013年12月31日から。

本格始動は2014年1月1日です。

 

2014年から本気出すという気持ち。

すべてをぶつけてブログ運営開始しました。

その時期の設定が「3ヵ月」でした。

本書の3ヵ月ワークは知らないけど実践済み。

 

そして見る世界やステージは変わりました。

3ヵ月経った時の状況はすごいことになりました。

今はもう1度その気持ちで舞い戻る。

気持ちを忘れずに毎日を覚悟を持って取り組んでいます。

 

(P.99) 使命が違う=そもそも目指すものが違うのに、人と比べて、相手を妬んだり、自分を卑下するのは、筋違いです。競争したり、比較する必要はないのです。それこそ人生の無駄遣いです。エネルギーを注ぐのは、自分を生きること。自分の人生に夢中になると、人目を気にしたり、いい意味で相手を批判している余裕がありません。あなただけの色で、他の誰とも違うかけがえのない花を咲かせましょう。そのままのあなたを肯定し、今の環境に心から満ち足りた時、自然の力が動き出し、すべてが好転していきます。

 

相手を妬む必要は無い。

自分を卑下する必要も無い。

なぜなら良い意味での時間が足りない。

自分を生きて行動するとそんな時間はありません。

 

私も良い意味で自分に集中できています。

それは2019年12月31日までに人生の道筋を生きる。

2020年10月末には人生から這い上がっている。

自立できているまで持っていたたら最高です。

そのような向かうべき場所があるからこその自分に集中しています。

 

【あなたの人生には、いいことしか起こらない】

あなたの人生には、いいことしか起こらない (単行本)

あなたの人生には、いいことしか起こらない (単行本)

 

 

・良いことしか起きていないという認識

【新刊】運命の分かれ道 あなたの人生にはいいことしか起こらないでした。

物事の良い悪いの価値基準。

現時点の自分から見た良い悪い。

過去から受け継いできた価値観での良い悪い。

 

長い人生を考えたら良いことに繋がっている可能性も十分にあります。

そのように考えると人生にはいいことしか起こらない。

未来に繋がっているこの経験があったからこそという視点。

悪いことのように見えることもいいことに繋がる。

人生に起きることはいいことと言う視点で捉えた方が前に向けるはずです。