【書評】財布1つで! 浅野美佐子の財布の神さまと仲良くしなさい

スポンサーリンク

・本書を読んで思い出したこと

f:id:acutehappp:20181221094401j:plain

 

あなたは「財布」のことを意識していますか?

財布にもいろいろな種類があります。

人それぞれお気に入りの財布ってあると思います。

財布には特にこだわると言う人もいらっしゃるんじゃないでしょうか。

そして、財布の買い替え時期についてです。

 

クタクタになるまで使っているという人。

良い財布が見つかったら買い換える人。

1年に1度くらいの頻度で買い換える人。

いろんなタイプの人がこちらもいらっしゃると思うんですよ。

そこで、私は財布に関してのエピソードで1つ思い出したことがあります。

 

当ブログは2013年12月31日から運営開始です。

2014年から本気出して人生変えて行くぞーという勢いでブログ始めました。

今回はブログ運営開始のちょっと前の話になるんですよ。

恐らく、2013年12月上旬~下旬までの話になると思います。

その時期に楽天市場で財布を購入した記憶がうっすらとあります。

 

購入履歴という項目があったので楽天市場で調べてみました。

「2013年12月26日」に購入していました。

意外と記憶通りに購入していて少し驚きましたw

この時期は「心機一転」したい気持ちが強かったので印象深いです。

そんな財布に関してのエピソードですが、モノによっては財布は長持ちしますよね。

 

ただ、「5年モノ」なので私の財布はさすがにクタクタになってきています。

そろそろ、財布を買い替えたいと思い昨日もAmazonを見ていました。

そんな時期に読んでみたのが今日書評させていただく本書になります。

「財布の神さま」とは一体どういうことなのか?

「金運」を上げたい人も多いと思うので必見の書籍を紹介していきます。

 

 

書名:愛もお金も引き寄せたいなら 財布の神さまと仲良くしなさい

著者:浅野美佐子

出版社:すばる舎

出版年:2018年4月8日

ページ数:192ページ

 

本書は私が財布をそろそろ買い替えたい。

そこでその前に予備知識をつけておこうと思い読みました。

本書のAmazonカスタマレビューです。

23件のレビューあり、5点満点中で4.5点なんですよね(2018年12月21日現在)

結構な高得点ですしせっかくなので書評もしておこうと思いました。

財布の買い替えもそうですが、日ごろの財布への扱いも変わる書籍を紹介します。

 

・財布の神さまと仲良くなれる1冊

(P.6-7) 人生やお仕事で大成功している方ほど、無意識のうちに財布の神さまと仲良くしています。そう、誰にでもできる簡単なことなのです。これから本編で、たっぷりお話ししていきましょう。もし、あなたが人生を好転させたい、愛もお金もどんどん引き寄せたい、そう思っているなら、ちょっと試してみませんか?

 

【目次】
はじめに
第1章:財布1つで人生も金運も上昇する!
第2章:要チェック! 財布の神さまを遠ざける人の悪い習慣
第3章:財布の神さまと仲良くなりたいなら、「お金大好き宣言」をしなさい
第4章:コレで急接近! 財布の神さまに愛される7つのリスト
第5章:人生の波にドンドン乗れる財布の買い方、整え方
第6章:ケース別! 幸運を引き寄せる 財布の選び方
おわりに

 

本書の目次になります。

財布の神さまという書名。

メインはあくまでも「財布」ということになります。

ただ、「お金への考え方」や「金運」という部分。

「お金全般」と言えるそちらにも精通している書籍です。

そのような部分も含めましてここからは私なりの書評に移ります。

 

(P.25-26) 「お財布には神さまが住んでいる。神さまと仲良くなったら、人生がうまくいくよ」と。20代で外資系の化粧品のお仕事をしていたときも、30代で生命保険の法人担当のセールスをしていたときも、ことあるごとに、同じことを言われたのです。そのときは若くてわかりませんでしたが、それから数十年経ち、7千人以上の運命と、1万人以上のお財布を見てきたなかで確信しました。
お財布には神さまがいる――。
そして、財布の神さまに応援される人は、お金にもパートナーにも愛され、人生がドンドン好転していくことがわかったのです。

 

お財布には神さまが住んでいる。

財布をぞんざいに扱う人はお金が貯まらない。

レシートやポイントカードが大量に入っているとお金が貯まらない。

などなど、お財布とお金に関してはよく言われることありますよね。

本書は著者である浅野美佐子さんの経験値が違います。

 

「7千人以上の運命と1万人以上のお財布を見てきた」って凄いですよね。

その知見が詰まっている書籍が、財布の神さまと仲良くしなさいというわけです。

お金だけでなく「パートナーにも愛され」という部分。

そして、「人生がドンドン好転していく」という部分。

冒頭に私の財布の買い替えエピソードを書かせていただきました。

実体験としても腑に落ちましたし財布買い換えようとさらに強く思えました。

 

(P.33-34) お金を大事にすることは、お金を稼いだ自分を大事にすることです。自分を大事にできる人は、まわりの人も大事にできます。まわりの人を大事にすると、それがまわりに波及していき、人を大事にする循環が起こります。そうすると、お金も循環していくのです。そう、お金を運んできてくれるのは、人だからです。お仕事で大成功を収めた松下幸之助さんも、社員やお金を大事にしていたことで有名ですよ。

 

お金への考え方です。

今でこそ「お金に対しての考え方」といえる書籍。

とても多く出版されているので少しはマシになっていると思います。

それでもまだまだ「お金持ちを嫌悪する」って考え方も根深いですよね。

たとえば、最近だとZOZOの前澤友作さんに対しては風当たりが強いと感じます。

 

でも、「お金がある」のは「余裕があり寛容である」と表裏一体です。

お金持ちに対しての悪のイメージってドラマやマンガの影響も大きいと思います。

大体は「成金野郎」が「悪役」で書かれてしまうわけじゃないですか。

世の中は「お金じゃないんだ!」的な価値観。

お金持ちは悪い奴等が多いみたいな価値観が根づくのも仕方ないかもしれません。

ただ、その価値観は自分がお金を稼ぐことに対しての抵抗を生むこともあります。

そのときに本書のような書籍を読んでお金への考え方を変えていく。

お金への考え方を自分の中でアップデートしておくといいんじゃないでしょうか。

 

(P.43-44) どんなに新しくて、いいお財布を買ったとしても、中身がゴチャゴチャしていると、頭のなかもゴチャゴチャします。そうするとやりたいことがはかどらず、イライラし、ストレス発散として、余計なものを買ってしまいます。結果として、お金の無駄遣いをし、後悔します。お金もなくなり、気分もなんだかざわざわする……そんな負のスパイラルに陥り、お金が貯まらない、お金にいつも困っている状態に陥りやすいんです。そうならないように、お財布のなかはいつもキレイにして、お金が住みやすい空間にしてあげてくださいね。

 

ブランド物の数万円する財布を購入しました。

しかしながら、財布の中身はゴチャゴチャ。

それでは宝の持ち腐れというわけです。

最近は「断捨離」や「ミニマリスト」が流行っています。

そこまで行かなくても「片づけ」の意識が強い人も多いと思います。

でも、財布の中身は疎かにしてしまう人って少なくは無いと思うんですよ。

お金のお家はお財布なわけです。その家の片づけもしっかりしておきましょう。

 

(P.86) 「まぁいいか」で使ったお金は、「まぁいいか」という結果しか生み出しません。「もったいない」とお金を出したとたん、そのお金にマイナスエネルギーが乗っかかり、「浪費」になります。そうならないように、「もったいない」「まぁいいか」と値段ばかり気にしないで、心から満足するものを買うことです。お気に入りのものを吟味すると、心から「嬉しい」「美味しい」「幸せ」「ありがとう」と思える買い物ができます。決して高いものを買うのではなく、意識して消費をする。そうすると、浪費はなくなります。すると、余計なものはいっさい欲しくなくなります。どうせ使うなら、「投資」すること、「生きたお金」を使うことです。「生きたお金」とは、「心と身体が喜ぶお金」です。

 

「生き金」にするか「死に金」にするかは本人次第。

これは同じ「1000円」を使うにしてもそうだと思います。

重要なのは本人が「心から満足するものを買う」ということです。

私は買うって物だけでなく「体験」だってそうだと思います。

 

1杯1000円のラーメンを食べて満足する人。

1000円あるならカラオケでフリータイムで歌いまくりたい人。

1000円分をスマホゲームに課金して楽しみたい人。

 

他人から見たら「もったいない」と思う出来事。

でも自分が心から満足するものを買うという意識。

生きたお金の使い方をするのがプラスのエネルギーになるんじゃないでしょうか。

たとえば、本を読むのが苦手な人に1000円あるなら本を買えって言いました。

本人が嫌々なら世間的に「自己投資」でもマイナスエネルギー出てしまいますよね。

大切なのはお金を使うときに「まぁいいか」と妥協しないことです。

それが、1000円という額でも1年の中で差となって出てくるんじゃないでしょうか。

 

(P.182-183) 仕事運を上げたい、ビジネスを成功させたい方にオススメなのは、やっぱり上質な革のお財布です。蛇やオーストリッチ(ダチョウ)なんかもオススメです。これまで、1万人以上のお財布を見させていただきましたが、成功している方で、お財布がクタクタの方にはお会いしたことがありません。お財布は、家でありご自身の器であると、おっしゃっていた会長さまもいらっしゃいました。それくらい、お財布は仕事運、ビジネスの成功に関わってくるのです。
[中略]
色は、ビジネスを安定させる黒。財を増やすこげ茶もオススメになります。また、高貴で気品のある紫の濃い色はトップにふさわしい色です。上質で上品なお財布に巡り会うと、とてもラッキーかもしれませんよ。

 

最後に財布の神さまの本ということで財布について。

「仕事運」に限らず本書は色んなパターンで紹介されています。

「成功している方でお財布がクタクタの方にお会いしたことがない」

著者の浅野美佐子さんのお言葉に痛く肝に銘じておきたいと思いました。

そろそろ、財布を新調して新しい財布と新しい日々を重ねていこうと思います。

 

【愛もお金も引き寄せたいなら 財布の神さまと仲良くしなさい】

 

[【期間限定】※サンタさん大募集※【ヨロシク】]

AMUMAのほしい物リスト

 

・まとめ

【書評】財布1つで! 浅野美佐子の財布の神さまと仲良くしなさいでした。

お財布にこだわりたくなる!と思える書籍。

お財布をもっと大切にしよう!と思える書籍だと思います。

2018年も本日が12月21日です。

来年のスタートに向けて財布を新調すること考えてみるのもいかがでしょうか。