祝・ポップンミュージック20周年ということで久しぶりに語る

スポンサーリンク

・私の実体は音ゲー脳です

f:id:acutehappp:20180928161156j:plain

 

本日のTwitter。

#ポップン20周年。

#popn20周年。

このようなタグが盛大に盛り上がっています。

そうです。コナミの音ゲー(BEMANI)シリーズ。

ポップンミュージックが20周年です。

 

これは一大ブームを巻き起こしたダンレボ(DDR)

ダンスダンスレボリューションも20周年なんですよね。

いろんな音ゲーが20周年ということで感慨深いところがあります。

私はドラゴンクエストやロマンシングサガなどで育ってきた人間です。

でも、RPGの良さもあれば、音ゲーの良さもある。

そういう面ではコナミの音ゲー。BEMANIシリーズの影響は大なわけです。

 

これは、「ゲーム自体」と言いますか、いろんな面においてです。

そこで、今日は少しばかり、そんな話を戯言としてお送りしたいと思います。

そもそも、ポップンミュージックとは?

このようなゲームだったりします。

 

【ポップンミュージック キャラクターイラストブック AC & CS pop'n music 1~5 + pop'n stage (KONAMI OFFICIAL BOOKS)】

 

【ポップンミュージック キャラクターイラストブック AC 14FEVER!,15ADVENTURE CS 13カーニバル,14FEVER! (KONAMI OFFICIAL BOOKS)】

 

【ポップンミュージック6】

見たことがある気がする。

そのような人もいるかもしれません。

何と言っても20周年ですからね。

ゲームセンターで見かけたことがある人は多いかもしれません。

 

私はPS版のポップンミュージック6からデビューしました。

最初からゲーセンでプレイするのは敷居が高いと思いました。

そこで、PS版と専用コントローラーを購入。

家でポップンの修行に励んでいたわけです。

と、その前に語りたいことがあります。

 

私はコナミの音ゲー。

所謂、BEMANIシリーズに魅了されたのは初代ビートマニアです。

 

【ビートマニア(ベスト)】

初代は売れに売れましたよね。

 ダンレボ(DDR)もそうですが、ミリオン。

売上本数100万本を突破していた記憶があります。

原点は初代ビートマニアからでダンレボもやっていました。

ただ、本格的に音ゲーマーになったのはポップン6からです。

 

そして、その前の出来事としてビートマニア2DX。

弐寺というゲームが私の人生に占めている割合が高いわけです。

ここは簡潔に時系列に語っちゃいます。

 

初バイトする

そのバイト先で中学時代の旧友に再会

一緒にイオンモールのゲーセンに行く

ビートマニア2DX 7thのプレイ見て刺激を受ける

私もプレイヤーになる

 

こんな感じで音ゲーマーになりました。

ここからはとにかく過去作の音ゲー集めまくりました。

私は1つの音ゲーマーじゃないんですよ。

「BEMANI」プレイヤーと言ってもいいかもしれません。

 

刺激を受けてからの初購入タイトル。

それはビートマニア2DXの6thでした。

ただ、専用コントローラーは売っていませんでした。

そこで、ポップンミュージック6と専用コントローラーを購入しました。

ちなみにポップンの影響もその友人のプレイを見てハマりました。

 

つまり、この時の色んな事が自分の人生に影響を与えた。

私自身が「好奇心旺盛」な人間で良かったと思える部分です。

音ゲーやっていなかったら自分の人生もっと味気なかったと思います。

それくらい、BEMANIシリーズの音ゲー大好きなんですよ。

もっとも、最近はプレイしていないので離れていると言っても過言じゃないですが(汗)

 

話を戻します。

ポップンミュージック6をプレイしまくりました。

最初は1番簡単な「おんど」です。

「ポップン音頭」ばかりプレイしていました。

それがクリアできてからです。

 

「ハート」です。

「Pink Rose」に激ハマりしました。

Pink Roseに関しては沢山のBEMANIシリーズに移植されています。

コナミの音ゲー最新と言える「ノスタルジア」にも収録されているくらい。

それくらい人気ですし素敵な曲で今でも大好きな曲であります。

 

Pink Roseに影響を受けた私が何をしたかというとこちらです。

 

※キーボードマニアを購入しました

 

通称、キーマニ。

キーボードの音ゲーのキーボードマニアを購入したんですよ。

これは、Pink Roseはキーボードマニアの楽曲。

キーマニから移植されてポップンに収録されているんですよね。

だから勢いでキーマニを購入するくらい好きな楽曲だったわけですw

 

【KEYBOARDMANIA 3rd MIX Original Soundtracks】

専用コントローラーと一緒に購入しました。

キーボードマニアに関しては難しい。

専用コントローラー(専コン)ないとできませんね。

ゲーセンだけでもなかなかとっつきにくいと思います。

それゆえに短命に終わってしまった音ゲーでもあります。

 

ただ、Pink Roseもそうですが、楽曲が素晴らしい。

今だとノスタルジアに移植されている楽曲も多いです。

というわけで、私はキーマニをプレイして良かったと思います。

この時点で、ポップン、弐寺、キーマニです。

ダンレボはPS版を自宅で通常コントローラーでプレイしたりしました。

 

最後の砦となる音ゲーです。

ギターフリークスとドラムマニア。

もちろん、プレイしていました。

私はどちらかと言うと、ギター寄りです。

ギターはほとんどの楽曲を最高難易度でクリアできるようになりました。

ドラムマニアの方はぼちぼちと言った感じです。

この辺りは過去記事に私の音ゲーの腕を書いた記憶があるんですよね…。

 

今回の記事はポップンミュージック20周年。

そこを踏まえてポップンだけに触れるとこんな感じです。

最高難易度42の頃に39レベルをクリアできていたプレイヤー。

それくらいまでの腕前はありました。

結構なヘビープレイヤーだったんですよね。

 

ここから少し面白い話になります。

私は当ブログを始めてからめっきり音ゲーをプレイする頻度が減りました。

とは言え、音ゲー(BEMANIメイン)情報は今でも気にしています。

それに今は休息中と思っているのでまたやり込み時期来るだろうと思っています。

だから、年に5回もプレイするかしないかだと思うんですよ。

 

その時にプレイして面白いことがあります。

今のポップンミュージックは最高難易度50くらいですかね?

ノーマルやハイパーやEXなど譜面難易度も含めて選べるんですよね。

超久しぶりにプレイしてもハイパーの35くらいならフルコンボできる。

300コンボや500コンボ繋がってしまう自分に驚きます。

 

これは「私すごい!」って言うより「人間の不思議」じゃないですか?

たとえば、自転車に1度乗れるようになったら乗り方を忘れない。

そのような感じなのか「手が勝手に動く」と言ってもいいんですかね?

あれよあれやと9ボタンを無意識に匠に動かせるのには本人が驚きますw

もちろん、見切れた譜面を見切れないようになる退化はあります。

ただ、ある程度のラインの腕以下にはならないの本当にすごいと思います。

 

ここまでは、音ゲーの概要に関してと言ってもいいかもしれません。

後半戦は私がどうして「音ゲー脳」と言えるのか。

そして、「いろんな面」においての部分を紹介していきます。

前半は「小ネタ」で後半は「戯言」と言ってもいいかもしれません。

私のネット人生においてのスタートラインから語りたいと思います。

 

・私のネット初サイトはポップンサイトでした

 

ポップンミュージック20周年を祝う人間です。

私の年齢に関してはお察ししてくださいですw

先ほどとは別の友人の家であります。

その人の自宅でネットサーフィンしていました。

ポップン情報を見ていたら気づいたことがありました。

 

「魔法のiらんどってサイトで無料でホームページ作れるみたい!」

 

魔法のiらんどってご存知ですか?

「うわ~めっちゃ懐かしい!!!」

という人。

「なにそれ??」

両極端に分かれそうだとは思いますw

 

私は「好奇心旺盛」タイプです。

ちょっとサイトを作ってみたいと思ってしまったわけです。

そこで私のインターネットでの初サイト。

ポップンミュージックのサイトになります。

手探りでいろいろ試行錯誤して作成しました。

 

定番の交流掲示板。

日記もありました。

今では懐かしい前略プロフィールもありましたw

そして、私のポップンキャラを題材にした短編小説。

そのようなメインコンテンツでホムペ運営していました。

もちろん、ここは「黒歴史」とは思っていませんからねw

これがあったから今があるのかなって思う部分もありますから。

 

私のネットスタートはポップンミュージックのサイトでした。

そこから他の音ゲーに派生してサイト作ったり同盟サイトを作ったりしました。

音ゲーチームなんかも作ったりしました。

その後はホームページ運営をやめてチャットサイトの30人部屋の管理人。

すごく端折って一気に行くとこのようになります。

 

このチャットをきっかけに「ブログ開始」したのもあります。

最初はシーサーブログ。

そこからFC2ブログ。

FC2ブログのメインとは別にJUGEMやクルーズブログなども試しました。

それを全部捨てて、はてなブログを開始したんですよね…。

その土台があったからこそのはてなブログでの今がある。

はてなブログで全力出して本気出してよかった部分でもあります。

 

ということで、ポップンミュージック20周年を祝う理由。

私はポップンに関しては本当に出会って良かった音ゲーです。

これからもシリーズ長く続いてほしいタイトルです。

 

・まとめ

祝・ポップンミュージック20周年ということで久しぶりに語るでした。

ポップンミュージック20周年おめでとうございます。

これを機に私も久しぶりにプレイしに行こうと思います。

情報自体は前から調べているのでやりたい曲は多々あるんですよ。

ただ、シリーズが終わってから後悔しても後の祭りです。

稼働している時に1プレイでも多くして次回作もプレイしたいです。