【新刊】科学的根拠も有り 超 筋トレが最強のソリューションである

スポンサーリンク

・待望のTestosteroneさん新刊

f:id:acutehappp:20180605175914j:plain

 

去年の年末辺りからです。

私は筋トレを毎日の習慣にしていました。

筋トレの中で意識していたのはスクワット中心。

スクワット重視で筋トレしていました。

冬の期間くらいは継続していたと思います。

 

ただ、春になってから紆余曲折を経てやめました。

筋トレはジムに行けるようになったり本格的に器具を揃えられるようになったら再び。

筋トレをしっかり継続できるのはわかるし大丈夫だろう。

それよりも今やらなきゃ行けないことに集中です。

そのような意気込みで春から6月5日の今日まで来ました。

 

そうしましたら、ここ最近の私はめちゃくちゃ調子が悪いです。

この調子が悪いというのはどうもメンタル面なんですよね…。

特に何か起きたというわけではございません。

何というかモヤモヤ霧がかかったような感覚。

やる気が出なかったり楽しい感覚が無くなって来てるという感覚。

 

どうしてだろうな~と少し考えました。

そこで出た結論が「筋トレ」でした。

やっぱり、なんだかんだで筋トレはいいですね。

歯を磨くように習慣化したほうが良いと改めて思いました。

「やる」とか「やらない」ではなく毎日の当たり前。

それくらいの生活習慣で良いと思い直しています。

そんなところにTestosteroneさんの新刊が届いたので読ませていただきました。

 

 

書名:超 筋トレが最強のソリューションである 筋肉が人生を変える超・科学的な理由

著者:Testosterone

著者:久保孝史

漫画:福島モンタ

出版社:文響社

出版年:2018年4月27日

ページ数:240ページ。

 

Testosteroneさんの書籍。

 

・筋トレが最強のソリューションである マッチョ社長が教える究極の悩み解決法

・筋トレは必ず人生を成功に導く 運命すらも捻じ曲げるマッチョ社長の筋肉哲学

 

2冊の書籍を書評させていただいています。

ツイッターのTestosteroneさんのツイート見るのも大好きです。

今回は筋トレが最強のソリューションであると似た書名。

「超」がついているだけなのでお気づきの人もいると思います。

今回の書籍は「筋トレの効能」という部分での科学的根拠が満載です。

読んでみて今日から筋トレを始めたくなること間違い無しの書籍を紹介します。

 

・【新刊】科学的根拠も有り 超 筋トレが最強のソリューションである

はじめに
第1章:「死にたくなったら筋トレ」が真実である理由
第2章:筋トレは最強のアンチエイジングである
第3章:モテたかったら筋トレしかない
第4章:仕事ができる人はなぜ筋トレをしているのか
第5章:ダイエッターこそ筋トレすべき本当の理由

第6章:長生きしたけりゃ筋トレをしなさい
第7章:筋トレに関する誤解と偏見を解消する
第8章:自信がない人は筋トレをしろ
おわりに
参考文献

 

(P.6) 僕自身もこの本の制作過程を通し、筋トレが持つ恐ろしいほどのポテンシャルを再確認した。自分が好きになれない、仕事に向かうファイトが出ない、自信がなくて挑戦ができない、体力が落ちてきた、常にネガティブになってしまう…。そういった問題は筋トレを始めることによって、ほぼ確実に解決する。筋トレ人口が一人でも増えれば、それだけ幸福人口が増える。僕はそれぐらいの信念を持って筋トレの啓蒙を続けている。信じろ。筋トレは最強のソリューションだ。

 

今回の書籍はTestosteroneさんのツイートをまとめたもの。

筋トレをして人生が変わった人の漫画エピソード。

それに久保孝史さんとの筋トレの科学的根拠を紹介した対談もあります。

筋トレの良さをところん紹介している書籍です。

 

(P.50) 時間がない、お金がない、もう若くない…やらない理由は無限に出てくる。やらない理由を考え出したらお終いだ。やらない理由考えてる暇あったらやる理由を探しな。たった一つのやる理由は無数のやらない理由に勝る。考えるべきはやるかやらないかじゃねえ。どうやるかだ。やる一択。前進あるのみ。

 

冒頭に書いた通りでやらない理由に負けました。

やらないよりもやるを考える。

やらない理由を100個考えるならやる理由を1つ考えたほうが有意義。

筋トレだって私の中でやる理由や、やりたい理由はたくさん出てきます。

やる一択で余計なことを考えずに再び前進あるのみです。

 

(P.87) 正しい努力と間違った努力がある。ただガムシャラにやればいいってもんじゃない。間違ったフォームでスクワットしてもケガする。筋トレを長時間頑張っても食事と睡眠をおろそかにしたら筋肉は減少する。仕事でも勉強でも同じだ。正しい努力を見極める力、定期的に周囲の人に意見を求める素直さを持て。

 

ガムシャラにやるのも大切です。

ただ、間違った努力になる可能性も考えておかないとダメです。

それを未然に防ぐのが「情報」ということになります。

今の時代なら調べれば情報は際限なく溢れて出てきます。

情報をしっかり精査して見ながらガムシャラにやるが正解でしょうね。

 

(P.113) 断捨離して一番効果のあるモノが何か知ってるかい? 長年かけて蓄積した体脂肪だ。部屋にある物を捨てた程度で人生が好転するんだ。必死で筋トレして弱い自分に打ち勝って体脂肪を脱ぎ去った時の効果は想像をはるかに超えるぞ。体が変われば人生が変わる。筋トレで人生を超回復。

 

部屋にあるものを断舎離している人は体脂肪の断捨離。

こちらもオススメしています。

筋トレして弱い自分に打ち勝つ。

体脂肪を断捨離って言葉がいいですね。

筋トレで人生を超回復させていきたいです。

 

(P.205) 「人は変われる」というシンプルで大切な原理を筋トレは教えてくれる。新しい刺激を与えれば成長し続けるのだ。体を物理的に進化させる事すら可能なんだから性格やその他の能力だって努力次第で変えられる。変われない人間など存在しない。今ダメだからって君の未来もダメな理由にはならない。

 

Testosteroneさんのこういう言葉が励みになります。

ツイッターを見ていても勇気をもらえます。

だからこそ、筋トレって素晴らしい。

やらなきゃ損することだなって改めて思います。

先ほど書いたやらない理由を考えるよりやる理由。

やる理由を考えると今から動きたくなりますよ。

 

(P.211) たとえその行動がつらくてやる気が起きなくてもやれ。やる前は気が進まなくてもジムで筋トレして後悔する人、山登って山頂で後悔する人、マラソン完走して後悔する人はいない。やり甲斐や達成感はつらさの先にあるから価値が増すんだ。つらけりゃつらいほど価値が増す。つらいプロセスこそ感謝して笑顔でやっちまえ。

 

結局のところ動き始めてやり切る。

そのときの達成感はかけがえのないものだと思います。

誰だって達成感を人生で感じたことはあるはずです。

私も達成感を感じるくらい「やり抜く覚悟」をしっかり持つ。

このことを意識して今後とも精進したいと思います。

 

【超 筋トレが最強のソリューションである 筋肉が人生を変える超・科学的な理由

 

・まとめ

【新刊】科学的根拠も有り 超 筋トレが最強のソリューションである。

今が6月なので夏まではまだまだ日数があります。

夏になると暑さで筋トレやる気が起きなくなる。

その可能性もありそうな気がします。

そのときに発動するのがやらない理由より、やる理由を考えるだと思いました。