【最終弾】出し惜しみなく食レポしたポテトチップスすべて公開

スポンサーリンク

・第3弾から一気に飛んで最終弾

f:id:acutehappp:20180520153844j:plain

 

サブブログのポテトチップスブログ。

そちらを閉鎖したのでリバイバルしてお送りしてきました。

現在まで「第3弾」までリバイバルしてきました。

去年のこちらでは食レポしなかったポテチ。

多くのポテチを再構成して書いていくつもりでした。

 

が、しかしです。

第22弾まで先が長すぎる。

そして、最近の当ブログは書評も好評です。

そこで、サブブログのポテチを思い切って一気に紹介していこうと思います。

と言っても、すべてをすべて紹介しないことにしました。

 

すべてのポテトチップスを紹介していたら数が多すぎますからね。

そこで期間限定の変わり種で珍しいと思えるポテチ。

紹介しておきたいと思えるポテチを厳選して9つ紹介します。

ポテトチップスと言えば、この3つのメーカーが有名ですよね。

 

・カルビー

・湖池屋(コイケヤ)

・山芳製菓

 

今回もこの3つのポテトチップスのメーカーを中心に書いていきます。

と思ったんですけど、湖池屋は無くなってしまいました。

変わり種やこれを紹介したいと思ったら削除しちゃったんですよね。

湖池屋と言えば、大人気のこちらのシリーズです。

 

KOIKEYA PRIDE POTATOシリーズ。

KOIKEYA PRIDE POTATOのポテチも多くあったんですよ。

ただ、珍しさで言えば、落ちるので除外しました。

食レポで言えば、KOIKEYA PRIDE POTATOも多くありました。

ということで、ここのところはご了承ください。

 

私の中では変わり種ポテトチップスのパイオニア。

代替メーカーは無いだろうと思える山芳製菓さんです。

山芳製菓のポテトチップスがどうしても多くなってしまいました。

だって、山芳製菓のポテトチップス大好きなんだもんって感じですw

当ブログでは紹介しなかった去年5月から10月までのポテトチップス。

それでは、自分も楽しみながら最終弾として紹介していきます。

 

・【最終弾】出し惜しみなく食レポしたポテトチップスすべて公開

 

【男気わさビーフ】

f:id:acutehappp:20180521111120j:plain

 

f:id:acutehappp:20180521111145j:plain

 

1つ目は山芳製菓のポテトチップス。

山芳製菓のポテチと言えば、わさビーフですよね。

私もわさビーフ大好きです。

そんなわさビーフの少し強力版。

「男気」というのがいいですよね。

 

こちらのポテトチップス。

おもしろいのは「100均限定」のポテトチップス。

つまり、税込価格108円で購入できました。

100均限定とパッケージに書かれているのもいいですよね。

それでいてクオリティが高いポテチでしたよ。

 

【とんがらビーフ】

f:id:acutehappp:20180521111513j:plain

 

f:id:acutehappp:20180521111526j:plain

 

こちらは100均限定ではございません。

ローソンストア100限定のポテトチップスでした。

山芳製菓さんはパッケージデザインもこだわるポテチも多いです。

そして、激辛系のポテチも度々、登場させる印象が強いですw

刺激的なポテトチップスでしたよ。

 

【ポテトチップス 岩下の新生姜味】

f:id:acutehappp:20180521111744j:plain

 

f:id:acutehappp:20180521111813j:plain

 

出ました、超変わり種ポテトチップス。

去年の変わり種ポテチの中では岩下の新生姜のポテチ。

そして、この後に続くパインアメ味のポテチが印象に残っています。

岩下の新生姜は食べたことがない。

だけど、名前は知っている人も多いと思います。

そんな、有名メーカーの岩下の新生姜とコラボしたポテトチップスです。

 

【パインアメ味のポテトチップス】

f:id:acutehappp:20180521112031j:plain

 

f:id:acutehappp:20180521112053j:plain

 

去年の私的ナンバーワンです。

あの「パインアメ」とコラボしたポテトチップスです。

パッケージデザインもパインアメをイメージ。

山芳製菓さんと言えば今までも変わり種ポテトチップスを多く販売しました。

キャビア味や温泉たまご味やイカの塩辛味はすごかったですw

それと同等と言ってもいいのがパインアメ味のポテトチップスです。

こちらの期間限定フレーバーは味を求めている人は微妙だと思います。

味的に言うとこういうフレーバー特有の「うーん」と言えるフレーバーでしたw

ただ、変わり種が大好きなのでこういうのはジャンジャンしてほしいのは思います。

 

【ビーフジャーキー味 わさビーフ仕立て】

f:id:acutehappp:20180521112525j:plain

 

f:id:acutehappp:20180521112548j:plain

 

アサヒテングのビーフジャーキーとコラボしたポテチ。

山芳製菓さんならではの味わいでした。

こちらのコラボは変わり種と言うかあうあうというポテチ。

おつまみに合いそうなポテトチップスという印象でした。

 

【ポテトチップス のり好きのための、濃厚のり塩味】

f:id:acutehappp:20180521112738j:plain

 

f:id:acutehappp:20180521112753j:plain

 

今までは山芳製菓さんのポテトチップスの食レポでした。

ここからは、ポテチメーカーのナンバーワン。

カルビーのポテトチップスの無双が続きます。

偶然ですけど、前半と後半にわかれました。

前半は山芳製菓さんでした。

後半のここからはすべてカルビーのポテトチップスです。

 

ポテトチップス のり好きのための、濃厚のり塩味。

のり好きのための、濃厚のり塩味ってネーミングがいいですよね。

こちらは限定販売の期間限定ポテチでした。

ローソン限定販売のポテトチップスでした。

 

【黒いポテリッチ 黒胡椒味】

f:id:acutehappp:20180521113206j:plain

 

f:id:acutehappp:20180521113215j:plain

 

黒いポテリッチ 黒胡椒味。

こちらのインパクトは松崎しげるさんです。

「松崎こげる」なんていうCMもありましたよね。

松崎しげるさんと言えば、黒というイメージがあります。

そちらを上手くコラボしたポテトチップスがこちらです。

濃厚しげるブラックカードが当たるというのもいいですよねw

 

【ポテトチップス 47都道府県の味】

f:id:acutehappp:20180521113512j:plain

 

f:id:acutehappp:20180521113535j:plain

 

カルビーのポテトチップス。

去年は地域の味をいろいろ販売していました。

中部限定のポテチがこちらの「ポテトチップス てばさき味」です。

ラブJPN(ラブ ジャパン)プロジェクトとして地域の味。

その地域ならではのポテチを多く販売していましたよ。

最近のカルビーさんは地域の味。

地域のフレーバーを大切にしている印象はあります。

 

【ポテトチップス 呼び戻し豚骨味】

f:id:acutehappp:20180521114002j:plain

 

f:id:acutehappp:20180521114017j:plain

 

大砲ラーメン監修のポテトチップス。

コンビニエンスストア限定。

期間限定で販売されていたポテチです。

こちらはラーメン系スナック菓子の特有の味わいを感じました。

ただ、悪い感じでは無い味わい。

ポテトチップスにすごく合う期間限定フレーバーでした。

 

・まとめ

出し惜しみなく食レポしたポテトチップスを公開しました。

過去記事分はこれでないのですべてを出し尽くしました。

去年も変わり種ポテトチップスが多かったと改めて感じました。

特に岩下の新生姜やパインアメとコラボは驚愕ですよねw

さすが、変わり種ポテチでナンバーワンの山芳製菓さんだと思います。

「これは!!」と思ったポテトチップスがあればこれからも食レポします。

これが、最後では無いのでこれからもポテチの食レポがあればよろしくお願いします。