不思議の国のアラモード

新商品を中心とした食レポや習慣を中心とした読んだ本の感想を書いてます

わずか1分という驚きの名言集 D・カーネギーの人を動かす言葉

スポンサーリンク

☆D・カーネギーの著書を読んだことありますか?

f:id:acutehappp:20180109110142j:plain

 

AMUMA(AMUMA (@amuma0204))です。

D・カーネギー。

デール・カーネギーは有名ですよね。

書店のコーナーでも必ず見かける著者。

そして、デール・カーネギーの本は古典的な名著だと思います。

 

皆様はデール・カーネギーの本は読んだことありますか?

私は何冊か読みました。

ただ、デール・カーネギーの著書は繰り返し読むと良いと言われていますよね。

私はなかなか現時点では読めていません。

そもそも、デール・カーネギーだけ読んでおけば良いという人もいますがw

 

【人を動かす】

人を動かす 新装版

人を動かす 新装版

 

 

【道は開ける】

道は開ける 新装版

道は開ける 新装版

 

 

【D・カーネギーの会話力】

D・カーネギーの会話力

D・カーネギーの会話力

 

 

【D・カーネギーの突破力】

D・カーネギーの突破力

D・カーネギーの突破力

 

 

【まんがでわかる D・カーネギーの「人を動かす」「道は開ける」】

 

 

 

 

まんがでわかる D・カーネギーの「人を動かす」「道は開ける」3 (まんがでわかるシリーズ)

まんがでわかる D・カーネギーの「人を動かす」「道は開ける」3 (まんがでわかるシリーズ)

 

 

私のデール・カーネギー経歴。

マンガ版も含めてこのように読んでいます。

恐らく当ブログでデール・カーネギー本を紹介するの初めてだと思います。

(マンガ版はたくさんの中からの1冊で紹介してそうですが)

ということで、まずは名言集から紹介したいと思います。

 

1分で人生が変わる!  D・カーネギーの「人を動かす」言葉

 

書名:1分で人生が変わる! D・カーネギーの「人を動かす」言葉

著者:桑原晃弥

出版社:PHP研究所

出版年:2016年1月28日

ページ数:190ページ

 

著者の桑原晃弥さんによるデール・カーネギーの名言集。

デール・カーネギー入門にはすごく良い本だと思いました。

ということで、紹介したいと思い今回の記事です。

デール・カーネギーを知らない人も。

知っている人も楽しめる著書の紹介です。

 

☆わずか1分という驚きの名言集 D・カーネギーの人を動かす言葉

 

第1章:相手に好かれながら人を動かす
第2章:聞き上手が人を動かす
第3章:上機嫌で人を動かす
第4章:ほめて人を動かす
第5章:努力と訓練で人を動かす
第6章:スピーチ力で人を動かす
第7章:人を動かすシンプルだけど大切なコツ

 

(P.3-4) 世界の数多くの国でもカーネギーが熱く迎え入れられたのはなぜか。本書をお読みいただければわかるように、カーネギーの説くノウハウが、驚くほど実践的だからである。机上の空論がまったくない。自らの体験や、優れた先人の成功や失敗をベースに、「こうすれば人は動く」「成功できる」というやり方を、とことん平易に説いている。時には「当たり前じゃないか」と思えるほどやさしいが、そこで終わってはならない。何事も「読むだけ」「知るだけ」ではダメである。実行してこそ人生を変え、成功を手にすることができる。

 

1分で人生が変わる! D・カーネギーの「人を動かす」言葉の目次になります。

「人を動かす」という言葉。

あまり、良い印象を持っていない人も多いかもしれません。

これは受け売りになります。

 

マルカンで有名な納税額日本一の斎藤一人さん。

斎藤一人さんがデール・カーネギーについて語っていました。

人を動かすにはまずは自分が動くこと。

自分が動くことによって人が動く。

簡潔に言うとこのように仰っていました。

自分が良い感じに動くからこそ人が動くわけです。

今回の紹介はそういう部分を多めに紹介していきます。

 

(P.17) 「他人を矯正するよりも、自分を直すほうがよほど得であり、危険も少ない」
他人を批判しても反感を買うだけだ。自分をよりよく変えることに全力を尽くそう。

 

他人を矯正するよりも自分を直す。

このことはほんと思います。

他人を矯正もそうですけどネットでのご意見番ですね。

2ちゃんねる(今は5ちゃんねる)に書き込んだり。

Twitterなどでゴシップ記事について語る。

これは本当に不毛だと思います。

そもそも、それが事実かどうかは書かれた本人しかわかりませんからね。

ましてや、書かれた本人が事実を述べて否定してもウソだろになるだろうしw

そういう意味で自分を直す時間に有意義に使いたいですよね。

 

(P.115) 「何週間かたつうちにだんだん自分が幸せになり、賢くなったと気づくことになる」と、努力の効能を説いている。成功を願うなら自分への投資を惜しんではならない。「一にも二にも勉強」は大変だが、一日一時間を当てるのなら可能である。

 

自分への投資。

自己投資ですね。

モノは奪われる可能性はあるけど自分の頭脳は奪われない。

そのような有名な言葉もあったと思います。

自己投資をちゃんとしておけば違うステージに行ける。

いつからだって再スタートで切れると思います。

そういう意味で鍛錬です。

 

(P.126) 成功を才能や幸運のせいにしている間は、人を動かすような人間になれない。あらゆる成功は心構えと訓練のたまものである。「自分は人より才能がない」「私だけが不運だ」などと言い訳をして努力を放棄する人がいるが、それは間違っている。

 

運が良いという言葉から連想すること。

何もせずに幸運が舞い降りる。

このように連想する人もいるかもしれません。

そうではないんですよね。

才能や幸運は心構えと訓練のたまもの。

自分のレベルが低ければ幸運が舞い降りた。

気づかずに素通りしてしまうもあり得ると思います。

そうならないようにアンテナは立てておきたいです。

 

【1分で人生が変わる! D・カーネギーの「人を動かす」言葉】

1分で人生が変わる!  D・カーネギーの「人を動かす」言葉

1分で人生が変わる! D・カーネギーの「人を動かす」言葉

 

 

 

☆まとめ

1分で人生が変わる! D・カーネギーの「人を動かす」言葉。

桑原晃弥の著書を読んだ読書感想文でした。

デール・カーネギーの本はさすが名著。

基本的な考え方を抑えられる素晴らしい著書です。

私も考え方を改めさせていただけた部分もあります。

今年は原書の人を動かすや道は開けるも読み直したいと思う年明けです。