不思議の国のアラモード

新商品を中心とした食レポや習慣を中心とした読んだ本の感想を書いてます

【名言本】覚えておきたい名言が満載の頭がよくなる名言100

スポンサーリンク

☆名言集ってすばらしい

f:id:acutehappp:20171220170143j:plain

 

AMUMA(AMUMA (@amuma0204))です。

名言集。名言本。

当ブログでは「名言本」というカテゴリーがあります。

これは単刀直入に言うと今回のような著書。

名言100などの本を書評しています。

 

名言集や名言本って似たり寄ったりじゃない?

そう思われる方もいるかもしれません。

確かに偉人の同じ名言が何度も登場することあります。

そういう意味では似たり寄ったりも間違いではないです。

でも、違う点も多くあるんですよね。

 

たとえば、アインシュタインの名言。

そういう名言について必ず解説がついています。

その解説がまったく違ったりします。

著書の人の人生経験ってそれぞれですからね。

それと初めて見る名言もあります。

 

そこはやっぱり著者さんの独自チョイス。

名言も人それぞれなので見ていて楽しいです。

私も一時期、名言をメモしていたことがあります。

今は無いですけど、そのチョイスは独特でした。

人それぞれに響く言葉や今のステージで必要な言葉って違いますからね。

だからこそ、名言集って簡単なものじゃないですし奥が深いと思います。

今回の名言集は木村進さんが選んだ「頭がよくなる」というコンセプトです。

 

頭がよくなる名言100

 

書名:頭がよくなる名言100

著者:木村進

出版社:総合法令出版

出版年:2016年2月23日

ページ数:224ページ

 

名言とその解説。

2ページに渡って100個になります。

どこからでも大丈夫な読みやすい著書ですよ。

それでは私が気になった箇所に触れていきたいと思います。

 

☆【名言本】覚えておきたい名言が満載の頭がよくなる名言100

 

はじめに
第1章:決断
第2章:計画
第3章:発見
第4章:進化

 

(P.3) 本書では、私が愛唱している名言の中から100個を厳選して、私なりの解釈を加えさせていただいた。名言を覚えるさいの一助となれば幸いです。

 

頭がよくなる名言100の目次です。

木村進さんが愛唱している。

木村進さんならではの解釈を加えた名言本です。

愛唱しているというのがいいですよね。

 

(P.22-23) 04 変化を起こすように強く行動してみよう。そうすることで、必ず事は動き始める。
(ウィリアム・ジェームズ)
有名な言葉の中に次のようなものがある。「心が変われば行動が変わる。行動が変われば習慣が変わる。習慣が変われば人格が変わる。人格が変われば運命が変わる」
「人生は生きる価値があるものと言える。なぜなら、人生は自分でつくれるからだ」
このように、自らが考えたことを実現していくために、自分を信じて、強く行動していけばいいと勇気づける。

 

心が変われば行動が変わる。

行動が変われば習慣が変わる。

習慣が変われば人格が変わる。

人格が変われば運命が変わる。

私は習慣を変えようといつもブログで言っています。

そのキッカケがこのウィリアム・ジェームズの名言。

私の中でもこの名言は上位に入る心に刻んでいる名言です。

 

(P.44-45) 15 信念は、行動に移さなければ意味がない。
信念というのは「何が何でもやってみせる」という強い思いのことである。あれこれ理由をつけて行動しないのであれば、それは信念という言葉を使ってほしくないと思う。

 

行動しないならそれは信念ではない。

行動してこそそれは信念にまでなっていると言えます。

中途半端だと結局は行動しなくなりますからね。

そういう意味で言うと信念ではないです。

何が何でもやってやるぞーという強い思いを見せつけたいですね。

 

(P.92-93) 38 目標を持っていない人は、舵のない船のようなものである。
(トーマス・カーライル)
一度だけの人生を、ただ浮かんで流れに任せるままでいてもつまらないし、何もできない。もはや死んだも同じである。目標という舵をしっかり持って、自分を生かし、喜びある人生を目指したい。

 

目標があるからこそ突き進むことができる。

ここでは船での旅。

トーマス・カーライルが船でのことに例えた名言です。

私はこれに似た名言でマラソンですね。

目標を決めずに走っているのはゴールのないマラソンを走っている。

そのような名言を意識していました。

ゴールのないマラソンって想像してみると辛くないですか?

 

10キロ先がゴールかもしれない。

30キロ先がゴールかもしれない。

42.195キロがゴールかもしれない。

100キロがゴールかもしれない。

 

ハーフマラソンなのかフルマラソンなのか。

はたまたそれ以上の過酷なサバイバルなマラソンなのか。

走っていてもわからないじゃないですか。

目標という舵はしっかりと意識しておきたいです。

 

(P.210-211) 95 成功の秘訣は、自分の目的は必ず貫き通して、達成するという信念を持つことである。
(ベンジャミン・ディズレーリ)
ディズレーリの信念は、目標を立てたら、必ず貫き通して、それを達成するということにあった。それまではやめるものかという信念の強さにあった。この信念の強さが、自分を奮起させ、努力させる原動力となったのである。

 

目標を立てたら必ず貫き通す信念を持つ。

言うのは簡単だけど、なかなか難しいですよね。

目標を最後まで貫き通すことより挫折経験のほうが多い。

私も含めてそういう人は山ほどいるかと思います。

でも、今日は12月20日という年末。

来年に立てた目標こそこういう路線で行きたいですよね。

信念の強さこそが自分を奮起させ努力させる原動力になる。

信念に届く目標をしっかり立てるのもそうですね。 

 

(P.218-219) 99 難しいからやらないのではない。やろうとしないから難しくなるのだ。
(ルキウス・アンナエウス・セネカ)
何もしないでいると、その難しさは、とても突破できないほどのものと思えてしまう。だが始めてみれば、その難しさへのアプローチの道筋も見えてきて、やりがいのある、また何とか突破できると思える難しさへと変わる。

 

難しいからやらないのではなくやろうとしないから難しい。

誰もが人生の中でやってみたらすんなり出来た。

そういう経験は絶対にあると思います。

腑に落ちる名言ではありますよね。

私の大好きな名言で斎藤一人さんの言葉があります。

「やってやれないことはない。やらずにできるわけがない」

この名言は私の支えにめちゃくちゃなりました。

今でも忘れずすんなりこうやって記事に出来てしまう心に刻んでいる名言です。

 

【頭がよくなる名言100】

頭がよくなる名言100

頭がよくなる名言100

 

 

 

☆まとめ

頭がよくなる名言100。

木村進の著書を読んだ読書感想文でした。

名言本って読んでいて楽しいです。

名言はもちろんですけど、著者さんの解説。

著者さんの人生経験を踏まえた解説を読むのも大好きです。

今回の名言本も木村進さんならではの考えもあって良かったですよ。