不思議の国のアラモード

新商品を中心とした食レポや習慣を中心とした読んだ本の感想を書いてます

おさえておきたい習慣 効率・時間・スピード すごい習慣力

スポンサーリンク

☆習慣本の最新刊

f:id:acutehappp:20171106122242j:plain

生活習慣。

行動習慣。

日々の生活に密接に関わる習慣。

日々の生活は習慣に支配されている。

大げさでもなくそうじゃないでしょうか。

 

今回の習慣本。

生活習慣よりは行動習慣。

行動習慣と言うか、仕事習慣。

仕事の能率を上げてくれる本です。

効率、時間、スピード。

あなたの作業を快適にしてくれると思いますよ。

 

書名:効率・時間・スピード すごい習慣力 行動科学メソッドで、すべて手に入る! 

著者:冨山真由

出版社:三笠書房

出版年:2017年9月28日

ページ数:205ページ

 

2017年9月末に発売された新刊。

まだまだ新刊と言っていい時期だと思います。

習慣系の本はとにもかくにも飛びつきます。

知っている内容も確かにあります。

ただ、実践できているかどうかは別です。

それに人間は忘れやすいですし復習することも大切ですからね。

それでは、新刊の習慣本を紹介していきます。

 

☆おさえておきたい習慣 効率・時間・スピード すごい習慣力

 

はじめに:「すごい習慣」は「すごい才能」に勝る!
1章:「小さく」始める
2章:「やらないこと」を決める
3章:「しくみ」をつくる
4章:「見える化 」する
5章:やり抜く
6章:「ルーティン」をつくる
7章:「ゆとり」を持つ

 

人は急には変われない。
ただ、習慣にすれば、大きく変わる──。

 

目次になります。

目次の前に書かれていた見開き。

まずページを開いてこの言葉が印象深いです。

習慣にすれば、大きく変わる。

私は習慣を変えれば人生が変わっていく。

このことを信じて習慣を変えています。

そういう意味では徐々に変えていくのにも心強い言葉です。

 

(P.18) いい習慣を定着させるためには、「小さく始める」ことが重要です。いきなり大きな目標を立てたり、最初からハイペースで飛ばしたとしても、なかなかうまくはいきません。人間には、「ホメオスタシス(恒常性)」といって「変化に抵抗して、元の状態を維持しよう」という本能があるからです。
最初はやる気満々で始めたのに、3日目には息切れしまい、ついに4日目には中断してしまう…。
いわゆる「三日坊主」の状態に陥ってしまうのは、最初のアクションが大きすぎるため、ホメオスタシスが働いてしまうからです。だから、最初は「自分自身に変化を感じさせない」くらい、簡単で、確実にクリアできそうな、小さな目標から始めること。

 

当ブログでは今まで多くの習慣本を紹介しました。

小さく変えていく小さな習慣。

習慣についての基本中の基本部分だと思います。

 

(P.27) 行動科学では、「3日続いたら、ひとつの山を越えた」と見なします。実際、3日で挫折をしてしまう人がとても多いからです。次の山は、「3週間」です。3週間行動し続けたら、その行動は定着したと見なします。最後の山は、「3ヵ月」です。3ヵ月間行動し続けられたら、顔を洗ったり、歯を磨いたりするのと同じように、完全に「習慣化」したと見なすのです。

 

よく言われるマジックナンバー。

3の数字を意識せよ。3の数字を意識するというやつですね。

三日坊主という言葉はすごいですよね。

何がすごいかと言うと3日で挫折することが多いから。

皆さまも3日目に挫折経験はあるんじゃないでしょうか。

最後の山の3ヵ月。

この3ヵ月を目指してがんばっていきたいです。

 

(P.44-45) 新しいことにチャレンジする場合、最初にやっておきたいのは、そのチャレンジに成功した「ゴールの姿」を具体的にイメージすること。人間の脳は「具体的にイメージできることは実現できる」と言われています。あなたが、「英語で日常会話ができるようになりたい」と思っているとします。一方で、「学生時代から英語が苦手だった」というネガティブな感情を持っているとしましょう。それでも、その苦手意識は脇に置いておいて、「英語で日常会話をしている姿」を強くイメージするのです。

 

ゴールの姿をイメージする。

イメージするだけでなくて「具体的にイメージする」です。

具体的にイメージできたら実現するって魔法の言葉みたいでいいですね。

実は私はイメージングに対して少し苦手意識があります。

でも、妄想は好きなのでどっちだよと思うところではありますがw

そういう苦手意識。

苦手意識は置いておいてできてる自分を強くイメージすることに集中ですね。

 

(P.98) 行動科学では、「すべての結果は、偶然ではなく、行動の蓄積」と考えます。成果が出たのは、「正しい行動を続けたから」であり、成果が出なかったのは、「間違った行動を続けたから」とするのです。
(中略)
まずは、「正しい行動」「間違った行動」をきちんと「見える化」して、把握することが重要なのです。

 

すべての結果は偶然ではなく行動の蓄積。

原因と結果の法則なんて言う言葉もあります。

原因があるから結果がある。

それも行動の蓄積と言えるんじゃないでしょうか。

自分のした行動をきっちりと見える化する。

客観視できるようにしておくことは大切です。

 

(P.128-129) 仕事ができる人は、「成果が出るまで、やり続ける」。仕事ができない人は「成果が出る前に、やめてしまう」。これは、研究職、管理職、営業職、事務職といった違いを問わず、共通して言えることです。では、なぜ、「成果が出るまで、やり続けることが難しい」のでしょうか? 努力をしても、すぐに成長を実感することができないからです。

 

仕事ができる人と仕事ができない人の違い。

それは成果が出る前にやめるかやり続けるかの違い。

言葉にするのは簡単ですよね。

簡単ですが、人間だと葛藤。

このままでいいんだろうかという不安もあると思います。

仕事に限らずダイエットなどにも当てはまるかと思います。

すぐに成長を実感できないからやめるはわかりやすいです。

 

(P.162-163) 気合いや根性に頼ってもうまくはいきません。意志の力ではなく、「体を動かすこと」が手っ取り早く、自分を乗せる方法なのです。たとえば、朝イチから最高に脳を働かせたいのであれば、パソコンのキーボードを打つ作業で開始することが有効なのです。
指先から刺激を感じることで、日中に体を活発に動かす交感神経が優位になり、自然とスイッチが入っていきます。夜は必ず1日の行動を振り返り、「よかったこと」を3つノートに書き出す。それだけで、1日を気分よく終えることができ、次の日の最高の準備が整います。

 

気合いや根性の意志の力ではダメ。

とにかく体を動かせと冨山真由さんは仰っています。

最初はなかなか手がつけられないことも始めたらどんどん進む。

そういう経験は誰しもあると思います。

気分の浮き沈み。億劫になるときは誰しもありますからね。

私もパソコンのキーボードを打ち始めたら止まらない。

あっという間に終わったという経験がよくあります。

理にかなっていますしモヤモヤして動かないより始めろですね。

 

【効率・時間・スピード すごい習慣力 行動科学メソッドで、すべて手に入る! 】

効率・時間・スピード すごい習慣力: 行動科学メソッドで、すべて手に入る! (単行本)

効率・時間・スピード すごい習慣力: 行動科学メソッドで、すべて手に入る! (単行本)

 

 

 

☆まとめ

効率・時間・スピード すごい習慣力 行動科学メソッドで、すべて手に入る! 

冨山真由の本を読んだ読書感想文でした。

すぐに仕事に活かせる習慣。

行動が変わるきっかけになることが多く書かれていますよ。