不思議の国のアラモード

新商品を中心とした食レポや習慣を中心とした読んだ本の感想を書いてます

教わる姿勢それ大切 成功する人は、教わり方が違う

スポンサーリンク

☆教わり方って大切ですよね

f:id:acutehappp:20171023133524j:plain

固定観念。

知っていること。

どうしても、言いたくなりますよね。

「それ、知ってるよ」ってことです。

ただ、それが本筋で知っているかは別問題。

本当に知っているかどうかはわからないと思うんですよね。

 

少し禅問答みたいになっていますが。

ただ、知っていることと実際にできることは違うと思います。

そこが、実行力。

行動力という観点で成功している人と違うんじゃないでしょうか。

成功している人と普通の人は何が違うのか。

 

それを解決してくれる本が今回の本になります。

中谷彰宏さんの本は初紹介です。

中谷彰宏さんと言うと著書の数はヤバいですね。

100冊、200冊どころではございません。

冊数は膨大だと思います。

その中でもブログで紹介したいと思った本がこちらになります。

 

書名:成功する人は、教わり方が違う。

著者:中谷彰宏

出版社:河出書房新社

出版年:2017年5月24日

ページ数:201ページ

 

中谷彰宏さんの書籍。

基本的に読みやすいスタイルです。

普段、本を読まない人にも取っ付きやすいと思いますよ。

大体の本はそれぞれ1つずつのパート。

解説してくれています。

これは、千田琢哉さんの本にも言えることですが。

それでは、初の中谷彰宏さんの本の読書感想文です。

 

☆教わる姿勢それ大切 成功する人は、教わり方が違う

 

(P.26-28) 03 一流は、プロの凄さがわかる。二流は、プロと張り合おうとする。
「資格を取ったのに食べていけない。すぐに稼げると思っていたのに仕事の依頼が来ない」と言います。でも、その資格は、たかが、3か月ぐらいで取った資格です。そんなもので一生食べていけるわけがありません。
「その資格で食べていける人がいる」という反論が出ますが、その人は10年も20年もかけて、その道を修行している人です。食べていくことに対して、なめてはいけないのです。

 

これはネットを見ているとあるあるですよね。

はじめしゃちょーやヒカキンさんなどなど。

有名YouTuberを見てこんなの自分でもできるって思うこと。

もちろん、そういう気持ちは行動になるので大切だと思うんですよね。

ただ、行動を起こさずに外から見ていて簡単と言っている人。

実勢にやってみると大変なのはわかるんじゃないでしょうか。

ヒカキン24時的な動画がありました。

そちらを見たらYouTuberの大変さとヤバさ。

痛いほど伝わってきましたからね。好きなんだなって思いました。

 

(P.37-39) 08 一流は、お金は払って聞く。二流は、タダで「教えてください」と言う。
その人は一生の財産をつぎ込んで、ある意味、一生を棒に振る覚悟で、その知恵を手に入れているのです。そのぐらい人生をかけてきたものに対して、二流は、道を聞くように簡単に「ちょっと教えてください」と言ってしまうのです。一流は、たった一言の教えでも、そこにたどり着くために莫大な時間とお金と労力をかけていることがわかっています。

 

私はニコニコ動画の有料チャンネルに登録しています。

それはメンタリストDaiGoさんの有料チャンネルです。

メンタリストDaiGoさんも言っていたんですよね。

「540円と言えども対価を払ってくれる人になるべく還元したい」

これはまさしくお金を払って聞くにあたると思います。

 

私はメンタリストDaiGoさんのチャンネルで結構コメントしています。

そういうことでコメントが結構な頻度で読まれています。

質問して答えていただける距離感ってありえないと思うんですよね。

それもこれも、月額540円というお金を払って生放送を見ている。

ニコニコ生放送のチャンネルを有料で見ているからだと思うんですよね。

身近で質問できて有難いですし、月額540円以上の価値がめちゃくちゃあります。

 

(P.40-41) 09 一流は急ぐ、二流は焦る。
「焦る」は、結果が出るまでに時間の短いことをあわててすることです。
「急ぐ」は、結果が出るまでに時間がかかることを優先することです。結果をほしがる人は、すぐに結果が出ることばかりします。

 

急ぐと焦るの違い。

これは腑に落ちる話でした。

私は「焦る」の方を優先しちゃってますね(汗)

これからは急ぐ。

急ぐ方を考えて組み立てたいと思いました。

 

(P.91-93) 26 一流は、成功が継続している人から教わる。二流は、一瞬成功した人から教わる。
本の選び方も、師匠の選び方も、まったく同じことが言えます。長く生き延びている人が持っているノウハウは、半端ではありません。短時間で成功する人よりも、はるかにノウハウは多くなります。
1年で10億稼ぐ方法は、1年で倒産する方法でもあります。その人が30年続く保証は何もありません。あとになって、そのことに気づきます。長く続いている人のノウハウを学ぶことが大切なのです。

 

これは中谷彰宏さんもそうですよね。

かなりの年数を生き延びて膨大な著書を出版されています。

そして、先ほど、名前を挙げたメンタリストDaiGoさんもそうです。

インターネット上ではいろんな人が成功体験を語る。

成功した美談を語っていると思います。

そういうときにこの考え方は参考にしたいですよね。

 

【成功する人は、教わり方が違う】

成功する人は、教わり方が違う。

成功する人は、教わり方が違う。

 

 

☆まとめ

成功する人は、教わり方が違う。

中谷彰宏さんの本を読んだ読書感想文でした。

最初にも書いた通りで中谷彰宏さんの本は読みやすいです。

普段、本を読まない人も読みやすいスタイルを取っています。

そういう意味では読書を普段は全然しない人の入門書。

入門書に中谷彰宏さんの本を読むのもいいかもしれませんよ。

すごくわかりやすいですし、話も頭に入ってくると思います。