不思議の国のアラモード

新商品を中心とした食レポや習慣を中心とした読んだ本の感想を書いてます

こんな人になりたい 何をしてもうまくいく人のシンプルな習慣

スポンサーリンク

☆何をしてもうまくいくなんてそんなのアリなんですね

f:id:acutehappp:20170713165037j:plain

何をしてもうまくいく人のシンプルな習慣。

シンプルな習慣ということで習慣ですね。

ただ、自己啓発系の習慣本になります。

こういう習慣を身につけると人生がより向上。

そっち系の本です。

 

何をしてもというのは羨ましい限りですよね。

ただ、何をしてもOKになるにはそれなりの知識は必要だと思います。

そうなりたい人には必見の内容がいろいろ書かれています。

その本がこちらになります。

 

書名:何をしてもうまくいく人のシンプルな習慣

著者:ジム・ドノヴァン

訳者:弓場隆

出版社:ディスカヴァー・トゥエンティワン

出版年:2016年12月

ページ数:219ページ。

 

先日、ディスカヴァー・トゥエンティワンの本の感想。

こちらを書いたときに読みやすい本が多いと書きました。

今回の何をしてもうまくいく人のシンプルな習慣も読みやすいですよ。

それで、ディスカヴァー・トゥエンティワン関連で前々から思ってることがあります。

読書を普段しない人にはあんまり関係ない話だと思います。

余談話だと思って、サラッと流していただければです。

 

ディスカヴァー・トゥエンティワンの本。

弓場隆さんが翻訳してる本。

被ったりしませんか?

どういうことか簡単に書きます。

 

ジム・ドノヴァン。

ジェリー・ミンチントン。

この2人の著者の本がいつも被ります。

今回の何をしてもうまくいく人のシンプルな習慣も被りました。

ジェリー・ミンチントンの本だったけ?

このように思っていたら、ジム・ドノヴァンの本でしたw

 

えっ、全然かぶらないけど…。

そういう人がいたらごめんなさい。

あるある、わかるわかるという人が1人でもいればと思います。

それでは、ディスカヴァー・トゥエンティワンの読みやすい本。

シンプルな習慣本を紹介していきます。

 

☆こんな人になりたい 何をしてもうまくいく人のシンプルな習慣

はじめに

第1章:自分の人生に責任をもつ

第2章:ポジティブに考える

第3章:目標を定める

第4章:行動を起こす

第5章:人との関わりを築く

第6章:毎日を楽しむ

第7章:夢を実現する

第8章:より大きな成功を目指す

 

付録:習慣を身につけるエクササイズ

おわりに

訳者あとがき

 

目次になります。

実践したい人に向けてのエクササイズもついてます。

そういう意味でも読んで実践しやすい本ですよ。

こういう習慣を身につけたい。

人生をより向上させたいと強く思ってる人には持って来いです。

 

(P.46) 自分が手に入れたいものが何であるかをまったく知らない人があまりにも多い。

私はこのことにいつも首をかしげている。講演会の参加者に「何を手に入れたいですか?」と尋ねると、ほとんどの人がぽかんとした顔をする。自分が何を手に入れたいかを知ることは、それを手に入れるために必要なことなのに。

 

これはあるあるだと思います。

つい、最近の私もこんな感じでした。

たとえば、旅行に行きたいと思ってる感じですね。

 

旅行って国内? 海外?

何泊するの?

予算はどれくらいの予定?

誰と行くの?

などなど。

自分が手に入れたいものはきっちりとピントを合わせる。

それが何をしてもうまくいく人の秘訣ってやつですね。

逆に言えば、自分が手に入れたいものにピントが合ってない。

だからいつまで経っても何にも手に入らないと言えるかもしれません。

 

(P.52) トーマス・マートン(アメリカの詩人)は言った。「多くの人が手遅れになるまでまったく理解しない心理がある。それは、苦しみを避けようとすればするほど苦しみが増すということだ。傷つくことに対する恐怖が大きくなればなるほど、ささいなことに傷つくようになるものなのだ」あなたはいままでに何度、「〇〇があればいいのになあ」と言ったことだろうか。新しいことをしたいといつも思っていながら、失敗に対する恐怖や完璧にできない恐怖のために、ためらった経験のある人はどれくらいいるだろうか。

 

トーマス・マートンの名言いいですね。

○○があればいいのにって思ったことは数え切れないくらいあります。

そういう意味でも胸に刻んで意識的になりたい言葉です。

グサッと来ました。

ないものねだりをせずにやれることを少しでもして前進あるのみですね。

 

(P.180) 健康で引き締まった体になりたいと思っているのに、肥満していて不健康なイメージを引きずっていないだろうか。金持ちになりたいと心の中で思っているのに、貧しく困っているイメージをもっていないだろうか。自分で事業を起こして活躍したいのに、現在の仕事で昇進できないことに不満を感じていないだろうか。もしそうなら、自分に対するイメージを変えなければならない。そのために、まず、なりたい自分になっている自分をイメージすることから始めよう。なりたい自分の特徴とライフスタイルを確認するのだ。

 

ホメオスタシスやコンフォートゾーン関連の話し。

こういう概念で説明できる人間の誰でもあるある話だと思います。

今までずっとそうだった自分に元に戻そうとする力ですね。

ダイエットで10キロ減量したのに元に戻る。

禁煙が成功したのに煙草を吸ってしまう。

宝くじで高額当選して貧乏脱出したのにまた貧乏に戻る。

 

こういう話は読書とか普段してない人でも聞いたことある話だと思います。

そういう意味でも、自分に対するイメージを変える。

なりたい自分の特徴とライフスタイルを確認するをやっておく。

先手必勝で先にマインドをちゃんと変えておく重要性ですね。

ただ、マインドだけ変えて行動しなければそれはそれで本末転倒ですが…(汗)

 

 

【何をしてもうまくいく人のシンプルな習慣】

何をしてもうまくいく人のシンプルな習慣 (ディスカヴァー携書)

何をしてもうまくいく人のシンプルな習慣 (ディスカヴァー携書)

 

 

 

☆まとめ

何をしてもうまくいく人のシンプルな習慣の読んだ感想でした。

ディスカヴァー・トゥエンティワンはほんと読みやすいです。

自分を奮い立たせるにもすごく良い本でした。

学ぶだけじゃなくて私生活にしっかり活かしていきたいと思えました。