不思議の国のアラモード

新商品を中心とした食レポや習慣を中心とした読んだ本の感想を書いてます

習慣を変えたいから自分を変える教室を読んで実践してみた

スポンサーリンク

☆今更ながらに読んだ人も多そうな名著を読んでみました

f:id:acutehappp:20170615175515j:plain

スタンフォードの自分を変える教室。

名著中の名著。

ベストセラー本ですよね。

このブログを読んでいる人でも読んだことがある。

読んだことは無いけど、名前は聞いたことがある。

そのような人も多いと思います。

 

この、スタンフォードの自分を変える教室。

実は読んだか読んでないか記憶が定かじゃなかったんですよね。

ただ、自分を変える。習慣を変えるには良い本。

いろんなところで良書という感想を見ています。

そういうわけで、再読でもいいので読んでみました。

 

その結果は読んだこと無さそうです。

今まで読んだことがあると勘違いしてたみたいですw

というのも、本を読む人の中にはわかる人はわかると思います。

スタンフォードの自分を変える教室に似た本って多いですよね。

スタンフォードの○○という題名だけでも多いですし、他の大学も多いです。

 

 

[20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義]

20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義

20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義

  • 作者: ティナ・シーリグ
  • 出版社/メーカー: CCCメディアハウス
  • 発売日: 2012/08/31
  • メディア: Kindle版
  • 購入: 3人 クリック: 5回
  • この商品を含むブログを見る
 

 

Amazonの紹介ページになります。

この本は確実に読みました。

つまり、スタンフォードの自分を変える教室と勘違い。

20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義を読みました。

スタンフォード大学という部分は一致してるので勘違いしても仕方ないですよね。

 

※誘惑や依存症に苦しんだり物事を先延ばしにしたりやる気が出なかったりして困った経験のある方々─つまり、すべての人─に本書を捧げます。

 

※この講座では、心理学、経済学、神経科学、医学の各分野から、自己コントロールに関する最新の見解を取り上げ、「どうしたら悪い習慣を捨てて健康的な習慣を身につけられるか」「物事をぐずぐずと先延ばしにしないようになれるか」また、「集中すべき物事を決め、ストレスと上手に付き合うにはどうしたらよいか」を説明します。 

 

習慣を変えたいと常々ブログ記事に書いています。

最近は1週間に1度は戯言記事にアウトプットです。

各章ごとに読みやすくて、あっという間に読めました。

実践してみたい章や実際に実践している章もあります。

それでは、今回も少し掻い摘んで紹介してきますね。

 

スタンフォードの自分を変える教室 (だいわ文庫)

 

☆習慣を変えたいから自分を変える教室を読んで実践してみた

 

※(P46) 一日分でもいいですから、その日に行なった選択を振り返ってみてください。一日の終わりに、「自分がいつ目標を達成するための選択、あるいは妨げてしまう選択をしたのか」を分析してみましょう。そのように自分の選択を振り返って意識することで、いい加減な選択の数が減っていきます。それにより、意志力は確実にアップします。 

 

スタンフォードの自分を変える教室を読んで実践していることPART1。

意識的に分析することを始めました。

具体的に言うと、とにかくメモメモメモ。

思えば、家計簿。

家計簿と言えるくらい大それたことではないです。

1日の消費、投資、浪費を毎日メモ。田口智隆さんの本に書いてあったことです。

超簡易的にお金のノートをつけるだけでも支出とお金の貯まり具合が変わりました。

自己コントロール力を高めるには大切なことだと改めて気づかされました。

やめていた、お金のノートも改めてつけるようにしました。

 

※(P113)あなたも意志力トレーニング法を試してみたい場合は、次の意志力トレーニングメニューからひとつを選び、自己コントロールが筋肉に似ていることを実感しましょう。

 

【やらない力を強化する】

・日常生活で食事をしたり、ドアを開けたりするときに利き手を使わないなど。

【やる力を強化する】

・何かを毎日継続して行うようにする(すでにやっていること以外で)

【自己監視を強化する】

・きちんと記録をつけてみる。何にお金を使ったか、何を食べたか、インターネットやテレビをどのくらい見ていたかなど。

 

※この実験は必ずしも自分の「最大の目標」と合致したものでなくてもかまいません。たとえつまらないことやかんたんなことでも、意志力のエクササイズとして毎日続ければ、自己コントロールが筋肉に似ているのがよくわかり、あらゆる意志力の問題に対処するための力がついてくるのを実感できるでしょう。

 

スタンフォードの自分を変える教室を読んで実践していることPART2。

私はこの中で【自己監視を強化する】を実践中です。

何かを毎日継続して行うようにするはブログを毎日更新しています。

もっとも、これはすでにやっていること以外でに該当しませんが。

ちなみに、今日でブログ継続日数1263日目になります。

約3年半、毎日書いてますけど、私は意志力に関しては全然ない方ですよw

ブログは意志で書いてるんじゃなくて、楽しくて書いてる。

だから、意志力とか関係なく続いてるんでしょうかね。そんなことを思いました。

 

[スタンフォードの自分を変える教室]

スタンフォードの自分を変える教室 (だいわ文庫)

スタンフォードの自分を変える教室 (だいわ文庫)

 

 

 

☆まとめ

スタンフォードの自分を変える教室。

読んでみての実践していることを書いてみました。

習慣を変えるには意識的になることも大切。

そして、毎日コツコツだと思います。

スタンフォードの自分を変える教室を読んでほかにも役立つ部分。

たくさんあって本当に名著中の名著だと思いました。

日々の生活に落とし込んで自分を変えていきたいと思います。