読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不思議の国のアラモード

◆新商品や変わり種商品を毎日たのしく食レポしてます◆

努力は報われる報われないの前に考えておきたい努力のこと

戯言

スポンサーリンク

努力

戯言記事を書いていこうと思います。

今回の記事も合う合わないはあると思います。

そういうわけで、こういう意見もあるんだなって思えない人。

戯言はどうでもいいと言う人は、ページをそっと閉じていただくことを推奨します。

 

では、努力の話です。

努力は報われる。

努力は必ずしも報われるわけじゃない。

努力に関していろいろ言われてるよね。

今回は、それ以前の問題の話で思ったことを書いていきます。

「努力」というより「自分の頑張り」と思ってもらうといいかもしれないね。

人に向かって「努力してます」って言いづらいことだもんね。

 

自分の努力は低く見られ他人の努力は低く見る

自分の努力は低く見られる。

自己評価に比べたら他人から見たときに必ずと言っていいほど低く見られる。

これって自分に置き換えて見てもそうだと思うんだよね。

どういうことか。

自分が他人を見たときに低く見ることってあると思う。

だって他人の努力って目に見えるもんでもないし本人しかわからないもんね。

 

仮に「これこれこうで頑張ってます」って説明されても、「へぇーそうなんだ」って感じで自分事に思う人はなかなか居ないと思う。

それは当たり前なんだよね。

だって自分のことじゃないからわからないもんね。

ブログを書いてます。

1記事、何時間も時間を掛けてそれこそ何回も見直して吟味して記事を書きました。

その自分のがんばりは読んでくれてる人にはわからないから伝わらないよね

それに、それが、まとめ記事や紹介記事だった場合なんかはより低く見られる傾向ってあると思う。

まとめ記事や紹介記事って好き嫌いがわかれるジャンルだからね。

嫌いな人は手軽に素材を並べてつくってるイメージがあるのかもしれない。

 

たとえば、動物の画像をまとめてるブログがありました。

人気になりました。

人気になったあとに起きるのが妬みや嫉妬を持った人からのコメントだと思う。

「手軽につくってアクセスを稼いでムカつく」って思われるかもしれない。

自分が知らないことや、やってないことだからこその他人は低く見る。

 余談だけど、「プロブロガー」って言葉もそうなのかもしれない。

「プロブロガー」を目指して1年間がんばって挫折した人は難しいと言える。

ブログすら書いたことなくて読む専門の人から見たら、

「ブログを書いて生活できるなんて楽してお金を稼いでいいよね」

こんな風に感じてるかもしれない。

 

閑話休題。

 

人気になるには理由がある。

自分はそういう風に思うようにしてる。

その人の画像のチョイスがいいから人気になってる。

画像に限らずスマホのアプリ紹介でもそうだよね。

その人だからこそ見ている人がいる。

ほとんどの人がどこかのブログと競合してるわけだからね。

独創的で被らないジャンルでブログ書いて人気になってる人はそんなに居ないはず。

競合の中で人気になってるということは、同じようにしてるようで、なにか違う部分があるから人気になってる。

そういう風に考えたほうがいいよね。

 

見て読む方としては手軽に5分も掛からず読めるかもしれない。

ただ、書く方としてはその記事は1時間以上掛けて書いてるかもしれない。

努力は報われるとか報われるの前に「人は自分のがんばりを過小評価する」ことを意識しておいたほうがいいと思うんだよね。

自分がしてる努力の何分の一かで他人からは見られてると思う。

そこで「努力してます」って自分からおおっぴらに言うのダサいもんね。

見てくれてる人はしっかり見てくれてる。

だから「努力してます」なんて言わずに淡々と頑張ったほうが有益な時間だと思う。

 

まとめ

自分の努力は他人からは低く見られる。

自分から見る方としても他人の努力は低く見てしまう。

意識しておきたいことだと思う。

見えない努力ってあると思うんだよね。

たとえば、売れない芸人がいきなり人気になった。

「運が良くて楽してのし上がった」

そのまま考えればそうかもしれないよね。

「なぜ、いきなり人気になったんだ?」

こうやって考えたほうが自分にフィードバックできそうだよね。

 

自分と同じ時期に始めた人が自分より上手くなりました。

自分と同じ時期に始めた人が自分より人気になりました。

そこには何かしらの理由があるからそれは起きることだと思う。

原因があって結果がある。

自分の努力がまったく認めてもらえないって感じてる人に限って、自分がほかの人を見るときに他人の努力を低く見てるかもしれない。

今回、言いたいことは、努力は報われるとか報われないとか自分のことを考える前に他人の努力(がんばり)を考えて見るのはどうでしょうって話だね。

受け身になりすぎもダメだけど、自分のがんばりってわざわざ言わなくても見てくれてる人は見てくれて届くと思う。

ただ、他人の努力を客観的に見るのって難しいよね。

だって実態がなくて掴みづらいから。だからこそ勉強になると思う。

戯言だけどね(* ̄(エ) ̄*)