読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不思議の国のアラモード

食レポブロガー・新商品ブロガー。新商品を中心とした気になる商品の食レポブログ

分かち合う考え方ができれば毎日が笑顔

スポンサーリンク

文章力なんて他人のモノサシでしかない

この時間に戯言エントリーを投下するのはあまりないけど、

戯言不足だったから書いちゃうよ。

他人の思考なんか興味ないと言う人は、

そっ閉じお願いします。

 

ブログを読む時に自分と同じような人の考え方のブログも、読むんだけど、

自分と正反対とか考え方がまったく異質の人のブログも読んだりする。

 

それを言ったら、

「なんでそんな苦行みたいなことをしてるのさ」

と言われてしまったことがあるw

 

どうしてそんなことをしてるかというと、

考え方を凝り固めたくない

という1点だと思う。

自分はブログで毒吐きをしないから毒吐きブログに惹かれる傾向にあるw

ズバズバ自分の意見を言う人は素敵です。

 

そんな人から見たら自分のブログは、

中身もなく文章力もない薄っぺらいブログ

と思われても仕方がない。

 

ただ、読者層ってあると思うんだよね。

みんながみんな、

やまもといちろうブログ

だったり、

デマこいてんじゃねえ!

級の文章を求めてないと思う。

 

たとえば、2014年から本気出すのユーザー層は、

男女比が半分半分(半分半分って珍しいのかな?)で、

10代~35歳くらいまでの人がよく見てくれてる。

 

もちろん、それを文章力の無さとか語彙の無さの言い訳に自分はしない。

文章力の無さや語彙の無さを指摘されたら、

素直にごめんなさい。認めますって言える。

 

何て言うか、適材適所と言うか、

それぞれのブログでそれぞれ求められてることが違うと思う。

当たり前のことだけど結構忘れがちになると思うんだよね。

 

たまたま初めて来た訪問者が、

「文章力なくてつまんなかった」

ってコメントを残していってそれを気にしてブレちゃう人は多いと思う。

 

目指す方向性が、

文章力で読者を魅了したいならそれはそれで受けとめてもいいかもしれない。

そこは自分のブログへの取り組み方、スタンスが大事じゃないかな?

 

コーヒーをブラックで飲む人もいれば、

コーヒーに砂糖をたっぷり入れて飲む人もいる。

カルピスを原液からあまり薄めずに飲む人もいれば、

カルピスに半分以上も水をいれて薄めて飲む人もいる。

 

さっきも書いたけど適材適所があると思う。

だから全員が全員ブログの文章力を気にしててもしょうがないのかなとも思う。

 

 

分かり合うことは難しいけど分かち合うことはボクにもできる

 

いろんな人が世の中にはいる。

いろんな考え方の人が世の中にはいる。

 

だからこその、

分かり合うことは難しいけど分かち合うことはできると思う。

 

お互いに相手のことを理解するって無理。

ただ、こっちから共有することはできるんだよね。

 

言いたいやつには言わせておけばいいわけで、

自分は自分で分かるところは分かるで、

分かち合えばいいと思う。

みんな「分かり合おう」とするから精神的に疲れちゃうんじゃないかな。

  

まとめ

100人いたら100通りの考え方がある。

今回、書いたこともその1つ。

これに対して、分かり合ってほしいなんて全然思ってない。

でも、読んでみて、

『少しは言いたいことが分かる』

って分かち合ってくれる人が1人でもいれば嬉しいです。

 

戯言だけどね(* ̄(エ) ̄*)